訃報


有吉 弘行(ありよし ひろいき、1974年〈昭和49年〉5月31日 - )は、太田プロダクションに所属する日本のお笑いタレント・司会者。妻は夏目三久。 コンビ『猿岩石』の元ボケ・ネタ作りを担当。広島県安芸郡熊野町中溝出身。身長172cm・体重62kg、血液型A型。広島県観光大使、東京銀座の広島県アン
78キロバイト (11,610 語) - 2022年5月11日 (水) 08:41

1 jinjin ★ :2022/05/14(土) 06:20:40.75

有吉弘行 上島竜兵さんの訃報に貫く沈黙…更新止まるSNSに「大丈夫?」と相次ぐ心配の声


5月11日に、お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さん(享年61)が亡くなったことが報じられてから2日が経った。
ビートたけし(75)や松本人志(58)ら芸人仲間をはじめ、各界から追悼のコメントが寄せられている。

同じリアクション芸人として、上島さんと“キス芸”も披露していた出川哲朗(58)は同日、所属事務所を通じて次のようにコメントを発表した。
「無念です。まだまだ竜さんとケンカしてチュ~したかったです。最高のライバルであり最高の友でした」

そんな出川は、憔悴した様子を見せていたという。
「昨日、出川さんはバラエティ番組の収録に参加したようです。ですが目を腫らし、落ち込んでいたと聞いています……」(テレビ局関係者)


上島さんの訃報が報じられた直後、Twitterでは出川と有吉弘行(47)の名前がトレンド入りした。
出川だけでなく、上島さんと親交が深かった有吉弘行を慮る声も相次いでいた。


芸風は異なれども、上島さんは有吉にとって尊敬する先輩であり“恩人”だった。

「有吉さんは、後輩芸人たちが上島さんを囲んで集う『竜平会』の中心メンバーです。’90年代半ばにブレイクしたお笑いコンビ『猿岩石』が解散した後、有吉さんはピン芸人として活動するも鳴かず飛ばずでした。そんな有吉さんを、上島さんがよく面倒見ていたのです。有吉さんをとても可愛がっていた上島さんは、『いつも俺のそばにいてくれ』と言うほどだったようです。
そんな有吉さんは現在のように人気者になっても、上島さんへの恩義を忘れることはありませんでした。万が一、上島さんが老後に困窮したとしても助けられるように、有吉さんが“上島貯金”をしていたというエピソードは有名。昨年に上島さんが還暦を迎えた際も、有吉さんは高級腕時計を贈っていました」(芸能関係者)


上島さんとたくさんの時間を過ごしてきた有吉だが、現在に至るまでコメントは発表していない。

また有吉のTwitterとInstagramも、10日を最後に更新がストップしたまま。Twitterのコメント欄には、《大丈夫でしょうか?》《みんな有吉さん心配してる》といったメッセージが寄せられている。

かけがえのない“恩人”を失った有吉の心痛は、察するに余りある。


https://news.yahoo.co.jp/articles/f571018e71aca1dcd64b34782fe3f4e63e5bd5e5



前スレ
【芸能】有吉弘行 上島竜兵さんの訃報に貫く沈黙… 更新止まるSNSに「大丈夫?」と相次ぐ心配の声★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652460066/


【【芸能】有吉弘行 上島竜兵さんの訃報に貫く沈黙… 更新止まるSNSに「大丈夫?」と相次ぐ心配の声】の続きを読む


【訃報】渡辺裕之さん死去、66歳 自宅トレーニング室で発見


渡辺裕之さん死去、66歳 自宅トレーニング室で発見
俳優の渡辺裕之さんが今月3日に、神奈川県内の自宅で亡くなっていたことが5日、分かった。66歳だった。関係者によると、自宅の地下にあるトレーニングルームで倒れていたという。

妻の原日出子(62)の所属事務所アルファエージェンシーも5日、万代博実代表取締役名で文書を発表した。その中で

「5月3日(火)昼頃、渡辺裕之さんが自宅にて縊死されました」

と報告。その上で

「あまりに突然の出来事に、弊社・原日出子は呆然自失としており、現在、皆様に何かお答えできる状況にございません。心の整理がつきましたところで、改めて皆様にコメントを出させて頂きます」

と、原がコメントを出せる状態にはないことを明らかにした。万代氏は

「マスコミの皆様におかれましては、ご家族のご心情にご配慮頂き、取材等はお控え頂けますよう、切にお願い申し上げます。尚、葬儀に関しましてはご家族との相談の上、密葬というかたちで執り行わせて頂きます。株式会社アルファエージェンシー代表取締役 万代博実」

と、密葬を執り行う考えを示した。

渡辺さんは、CM出演などで芸能生活をスタートさせ、82年に、出演した大正製薬「リポビタンD」のCM内の「ファイトー! イッパーツ!」のキャッチフレーズが人気となった。同年映画「オン・ザ・ロード」で俳優デビュー。翌年には映画「だいじょうぶマイ・フレンド」に出演。

【日時】2022年05月05日 11:49
【ソース】日刊スポーツ
【関連掲示板】

【【訃報】渡辺裕之さん死去、66歳 自宅トレーニング室で発見】の続きを読む


【訃報】藤子不二雄Aさんが逝去 漫画界の巨匠の旅立ちに「名作をありがとう」の声


藤子 不二雄(ふじこ・ふじお・エー)こと安孫子 素雄(あびこ もとお、1934年〈昭和9年〉3月10日 - 2022年〈令和4年〉 4月7日)は、日本の漫画家。藤本弘(藤子・F・不二雄)とともに藤子不二雄として活動した。共作の『オバケのQ太郎』や『忍者ハットリくん』、『怪物くん』、『プロゴルファー猿』などの作品で知られる。
39キロバイト (5,788 語) - 2022年4月7日 (木) 12:19



2022年4月7日漫画家藤子不二雄Aさんが亡くなったことが分かりました。88歳でした。

産経ニュースによると、同日の朝に川崎市の自宅で亡くなっているのが見つかったといい、警察が死因などを調べているとのことです。

1996年に亡くなった、同じく漫画界の巨匠である藤子・F・不二雄さんとともに、共同ペンネーム藤子不二雄』として活動していた藤子不二雄Aさん。

共作の『オバケのQ太郎』『怪物くん』をはじめ、コンビ解消後も『忍者ハットリくん』『笑ゥせぇるすまん』『プロゴルファー猿』などのヒット作品を生み出しました。

藤子不二雄Aさんの作品は、世代を超えて愛され続ける名作ばかり。

漫画界の巨匠といえる藤子不二雄Aさんの旅立ちに、多くの人が「素敵な作品をありがとうございますと感謝の気持ちを送っています。

きっとこれから生まれてくる人たちにも、藤子不二雄Aさんの作品は漫画の魅力を伝え続けてくれることでしょう。

藤子不二雄Aさんのご冥福をお祈りいたします


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

【【訃報】藤子不二雄Aさんが逝去 漫画界の巨匠の旅立ちに「名作をありがとう」の声】の続きを読む

このページのトップヘ