若者


 安倍元首相がテロリストの凶弾に倒れるという衝撃のなか行われた7月10日参議院選挙自民党が改選過半数の63議席を確保し、岸田政権の支持はより盤石なものとなった。そして、与党圧勝の要因のひとつには「若者の自民党支持」があったと言われている

 円安や資源価格上昇による物価高が加速し、国際情勢も決して安泰とは言えない。岸田首相は政策の実現や具体的な成果をまだ出せていないように見えるのだが――。一体どこに自民党を支持する理由があるのだろうか

 そこで、本サイトでは、若者の自民党支持が高いことについて400人以上に対するアンケート調査を実施(複数回答可)。全国20代以上の男女が思う、若者の政治観は何なのか。

若者の自民党は「消去法」が最多?

 調査の結果、最も多かった回答が「ほかの政党より良さそうだから」で、31.3%を占めた。ほかの多くの報道でも指摘されているように、立憲民主党国民民主党社会民主党共産党などの野党よりも期待できるからという。いわば、消去法による支持が最も多いという結果だ。

「他の党よりも信頼できるから。現在の政治でも日本が充分成り立っているから」(20代男性、学生)
閉塞感があるけれども、期待が持てず、消去法」(40代男性、会社勤務)
20代がある程度安定して生活できていた時期と自民党政権期のイメージが重なり、逆に非自民政権期と生活の印象が良くない時期が重なるから」(20代男性、会社勤務)

「具体的な政策がないのが野党」

「ほかの政党より良さそうだから」という回答のなかには当然、野党のふがいなさを指摘する声も少なくない

旧民主党は政権時に大失敗したので印象が悪い」(40代男性、会社勤務)
「野党がいまひとつしっかりしていない、政策に期待が持てないことも原因」(40代男性、会社勤務)
「党が多すぎてどの言葉にも実現性を感じない」(70代以上女性、専業主婦)
批判ばかりで実現可能な具体的な政策がないのが野党」(20代男性、会社勤務)

 さらに、野党関係者には耳が痛いであろう「民主党政権時代に新卒の就職率が芳しくなかったことを先輩から聞いている。現在の世界情勢を理解できていないような夢物語の政策しか訴えられていない」(40代男性、公務員)の意見も。

2番目に多かったのは「安定感」

岸田文雄
岸田文雄首相、27代自民党総裁。※本人のTwitterより
 2番目に多かったのが「安定感があるから」(25.9%)で、岸田首相の人柄を評価する声が意外にも目立った。「岸田首相の人物像がまじめで誠実な感じがすること、最近の若者は安定志向を好む、政策実行能力が自民党にはあることなど複数の要因があると考えられる」(70代男性、無職)。

「最近のコロナ対策とかで信頼性を持つようになったと思います」(60代女性、無職)
「岸田総理の『聞く力』に信頼を寄せ、国を良い方向へハンドルを取り進んでほしい」(70代女性、無職)
首相が分かりやすく国民に説明し共感を得たり行動に移そうとしているから」(30代女性、パートアルバイト

 さらにコロナ禍で先行き不透明になり、安定志向になったという声も。「改革でもたらすデメリットが心配だから」(70代男性、自営業)「今の現状に満足しているから。今の状態を変えることが不安」(60代女性、無職)などだ。

安倍氏の影響を指摘する声も

安倍晋三
安倍晋三元首相  ※首相官邸webサイトより
 アンケートの3位以降は「印象が良い」(9.8%)、「リーダーシップがある」(7.0%)、「政策に共感が持てる」(6.3%)、「首相が信頼できる」(5.5%)と続いた。

 が、その他の意見としては、アンケートが選挙直後だったこともあり、安倍氏暗殺の影響を挙げる声が多かった。「事件に対する同情票が集まった」(20代男性、その他の職業)、「安倍氏が撃たれたから」(70代以上女性、専業主婦)。

 また安倍氏に関しては、暗殺の影響だけでなく、政権時の印象も残っていたようだ。

安倍元首相が長期政権を担っていたため、安定感をもっているのではないか」(30代男性、専門職)
安倍晋三元総理の外交政策やリーダシップの印象が強い」(20代男性、学生)
「安倍元首相の功績や影響が大きかった。陰の部分もあるが、それなりに支持する人がいた」(40代男性、専門職)。

テレビなどメディアの影響も?

カメラ

 さらに少数意見としては、テレビなどメディアの影響も大きいようだ。「テレビに出るのは与党が多いため。若いときならなおさらテレビの影響があると思うから」(40代男性、パートアルバイト)「有名人も多いし、とりあえず今のところでいいだろうと思ったから」(60代以上女性、専業主婦)。

 また斜め上からの意見としては「家族の意見が反映されている」(70代以上女性、専業主婦)「政治に関心がなく今のままでいいと思っているから」(70代以上女性、専業主婦)、SNSなどの発信がある」(40代男性、会社員)があった。

 現在、「政治と宗教」の問題で揺れる岸田政権だが、この支持を維持することができるのだろうか。

TEXT/下井草まい>

【なぜ若者の自民党支持率が高いか?】(複数回答可)
1位:ほかの政党より良さそうだから(175票)
2位:安定感があるから(145票)
3位:印象が良い(55票)
4位:リーダーシップがある(39票)
5位:政策に共感が持てる(35票)
6位:首相が信頼できる(31票)

【調査概要】
実施期間:2022年7月22日7月26日
調査対象:20歳から70歳以上の男女400人
調査方法:アンケートツール「QiQUMO」使用

【下井草まい】

出版関係の仕事をしながらライターしてます。ワークマンファミマが大好き

岸田文雄首相、27代自民党総裁。※本人のTwitterより


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【若者の自民党支持の理由2位「安定感がある」3位「印象がいい」。圧倒的1位は】の続きを読む


終わりが見えないコロナ禍、少子高齢化、物価高……暗い話題ばかりがあふれるなか、明るい未来を思い描いている若者がいれば、学校にも行かず働きもしない若者もいます。みていきましょう。

日本の若者に聞いた…40歳になったとき、どのようになっていると思いますか?

――自分の将来は明るいですか?

そう聞かれたら、何と答えるでしょうか? 内閣府が13歳以上29歳以下の若本を対象に実施した『令和元年度子供・若者の意識に関する調査』によると、希望がある(「希望がある」「どちらかといえば希望がある」の合計)が59.3%、希望がない(「どちらかといえば希望がない」「希望がない」の合計)が40.7%。若者の6割が多かれ少なかれ希望を抱いている……それが、いまどきの日本の実情です。

また「あなたが 40歳くらいになったとき、どのようになっていると思いますか?」という具体的な問いに対して、11の項目から「そう思う」から「そう思わない」で選択式で聞いていますが、そのなかで最もそう思う(「そう思う」「どちらかといえばそう思う」の合計)が最も多いのが、「親を大切にしている」で67.4%。「幸せになっている」が62.1%、「結婚している」が57.5%と続きます。

一方で、そう思わない(「どちらかといえばそう思わない」「思わない」の合計)が最も多かったのが、「外国に住んでいる」で82.0%。「有名になっている」80.0%、「世界で活躍している」77.9%と続きます。

日常的な満足は得られているだろうと考えられる一方で、外向的な行動が必要なことに対しては消極的な人が多いことが伺えます。これは若者の傾向、というよりも、日本人の傾向と考えたほうがしっくりくるかもしれません。

【あなたが 40 歳くらいになったとき、どのようになっていると思いますか?】

・親を大切にしている:67.4%

・幸せになっている:62.1%

・結婚している:57.5%

・子供を大切にしている:56.0%

・自由にのんびり暮らしている:52.5%

・出世している:38.3%

・多くの人の役に立っている:38.2%

・お金持ちになっている:34.8%

・世界で活躍している:22.1%

・有名になっている:20.1%

・外国に住んでいる:18.0%

出所:内閣府令和元年度子供・若者の意識に関する調査』より

ただ若者の6割が希望を抱き、明るい将来を思い描いていると、胸を撫でおろすか、若者の4割が希望を抱けないことに危機感を覚えるか、人によって評価が分かれるところでしょうか。

15~39歳の若年無業者、75万人…ひきこもりの3分の1が30代以下

将来に希望をいだけない。きっかけはそんな理由だった人もいるかもしれません。内閣府が発表した『令和4年版子供・若者白書』によると、15~39歳の若年無業者の数は、2021年で75万人。15~39歳人口に占める割合は2.3%でした。

2020年コロナ禍で厳しい行動制限もあったこともあり、その数は87万人と過去最高に達し、15~39歳人口の2.7%を占めていました。それに比べると、行動制限が緩やかになったからか、数値は改善しています。

就職希望でありながら、求職活動をしていない理由として、病気や怪我、勉強のためのほか、「知識や能力に自信がない」「(仕事を)探したが見つからない」「希望する仕事がありそうにない」など、働いて収入を得ている人からすると少々驚きの理由があげられています。ただ当事者でなければ理解されない理由に、この問題の根深さが秘められています。

また若者無業者とともに語られることの多い「ひきこもり」ですが、東京都江戸川区が大規模なひきこもりの実態調査を行っています。

江戸川区の人口はおよそ70万人。ひきこもり江戸川区の定義では、仕事や学校等に行かず、家族以外の人との交流をほとんどしない人)とされたのは、7,919人で15歳未満の不登校の児童・生徒も合わせると9,096人ものひきこもりがいることが分かりました。

年齢別でみてみると、40代が最も多く17.1%、続いて50代が16.6%。また30代以下が36.2%と、ひきこもりの3人に1人は若年層であることが分かります

またひきこもりの期間で最も多いのが「1年~3年未満」で28.7%。続いて「10年以上」という長期間のひきこもりが25.7%を占めています。

調査ではひきこもりの当事者が求めるものについても聞いています。それによると「何もない、今のままで良い」が32%と最も多い一方で、「就労に向けた準備、アルバイトや働き場所の紹介」が21%、「短時間(15分から)でも働ける職場」が18%と、現状を打破しようとする人も多いことが伺えます。

しかし「何も必要ない、今のままでよい」と回答している人たちへの支援も課題だとしています。どのように支援と繋がり、そして継続していくのか。社会全体で考えていくべき問題だといえるでしょう。

(※写真はイメージです/PIXTA)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【働けるけど働かない「15~39歳」全国で75万人…若年無業者、驚きの言い訳】の続きを読む


山口県阿武町が給付金4630万円を誤って町内の男性に振り込み、全額出金される事件が起きた。この事件について文筆家の御田寺圭さんは「『まともに働けばもっと稼げる』といった正論が説得力を失いつつある。日本社会で静かなモラルハザードが起きている」という――。

■ある日突然、4630万円が振り込まれていたら…

不穏な事件が、ここ最近の日本では相次いでいる。

自治体から誤って送金されたコロナ給付金4630万円を24歳の男性が返金せずそのまま持ち去る事件が5月に発生した。男性はオンラインカジノで全て使ったと話しているという。この事件は世間を大きく騒がせ、連日ニュースワイドショーで報道された。

ある日突然、身に覚えのない4630万円が振り込まれていたら、私であれば恐ろしくなってすぐに振込者に問い合わせて返還してしまうだろうが、しかし彼はそうではなかった。誤って振り込んでしまった役所からの返還請求をあれこれ言い訳をつけて間延びさせ、その間にほぼ全額を引き出してどこかに持ち去ってしまったのである。

「4630万円事件」の興奮が冷めやらぬうちに、今度は東京国税局の職員が同じくコロナ対策の給付金およそ2億円を、複数人のグループと共謀してだまし取ったとされる事件が明らかになった。こちらの事件も、本来ならば不正を見抜くべき側の人間が、徒党を組んで不正を働いていたことで、世間に大きな衝撃を与えた。

■「正論」が説得力を失いつつある

世間では相次いで発生した若者たちによるあまりに「大胆」な犯行について、どよめきの声があがっていた。

「4630万円程度、人生を棒にふるような金額かね?」
「仲間と共謀して2億程度の金をだまし取ったって、どうせ一生は暮らせない」
「まともに働けばもっと稼げるのに」

といった意見もあった。たしかにそのとおりだ。大金を不正に詐取して持ち逃げするその度胸や行動力をもってすれば、実社会でサバイブしていくことはよほど容易いように思える。力の使いどころを間違っているようにしか思えない。

……だが、一見して至極まっとうに見えるこうした「正論」がいま、じわじわと「説得力」を失いつつあるように思う。

ある年代・ある境遇の者からすれば、一瞬で大金をつかみ取りできるようなチャンスアイデアが――たとえそれがイリーガルなものであろうが――巡ってきたときに、それをみすみす手放すという選択肢を検討しにくくなっている。「今後の人生で自分の口座残高に『¥46,300,000』という数字が表示される日がやってくる可能性がはたしてどれくらいあるか」を考えたとき、その実現可能性にリアリティを感じなくなってしまっているのだ。

コロナ給付金を詐取した者たちは、大金を不正な手段で入手することで代償として失ってしまうものがなんであるかが想像できないほどの愚か者たちだったのか。想像はしたものの、それが自分にとっては「取るに足らないもの」だと判断したうえ実行したのか。

……私には後者に思えた。

■「頑張ればきっと報われる」という物語を若者は信じられない

「ちゃんと生きて、ちゃんと働いていれば、いつかは報われる」――と、大人たちが示す物語を、いまの若い人はあまり信じられなくなっている。

私の周囲でも同じような状況になっている。ろくに仕事をせず燻ぶっている若者が幾人かいて、かれらは往々にして「どうにかして楽に大金が手に入る方法がないか」と“人生一発逆転”的な夢想にふけっている。そんなかれらに対して「ありえそうもない夢を見てないで真面目に汗して働け」と助言したときに「コツコツ働いたところで、なんだというのだ」と言い返される機会が、以前より増えている。

その返答に対して、私は少々言葉に詰まる。

というのも、この国の賃金がバブル崩壊以降ほとんど一貫して低下し続けたことは事実だからだ。1997年から現在に至るまで、時間当たりの賃金の伸び率がマイナスになっているのはOECD加盟国のなかでも日本だけだ。このような状況で「真面目に働いていればいいことがあるよ」と若い世代に伝えても「うそをつくな」と思われても無理はないのかもしれない。実際によくなっていないのだから。

「今日よりも明日がきっとよくなる」という楽観的なナラティブに真実味を持てなくなってしまった社会こそが、「目の前に落ちてきた(違法行為であるため人生を棒に振るリスクが含まれた)一攫千金のチャンス」と「これから40年ぐらい働けば得られるかもしれないそれ以上のお金」を天秤にかけたとき、前者に傾く者を生み出してしまったのかもしれない。

■「よい時代」を経験した世代とは、世の中の見え方が違う

「4630万円事件」の舞台となった町の人びとのインタビューネットで見た。地方の小さな町であるためか、画面に映るほとんどの人は高齢者だ。「よくもまあそんなことできるねと……」「常識じゃ考えられない!」「理解できないです!」と町民たちは困惑や憤りをあらわにしていた。もっともだ。だが、持ち逃げを決めた彼と、インタビューで彼を非難する町の人びとは、おそらく「世の中に対する基本的な信頼感」が根本から違うのだろう。

かつてこの国にあった「よい時代」を経験し、時代の幸運に便乗して一定の資産やポジションを築き終えている者と、そのような時代がすでに終わった後に生まれ、凋落を続け希望の持てない社会で食いつなぐ者とでは、世の中の「見え方」がまったく違う。

この社会で説かれる「常識」や「モラル」は、後者の人びとにとって「いい時代をたまたま過ごした人たちが、これからも穏やかな余生を過ごせるように協力しろ」と言われているような気分にもなってしまうのだ。「なぜそんなことに、自分がいちいち従わなければならないのか?」――と考える人が現れたとしても不思議ではない。

国際情勢やパンデミックの影響で社会的悪状況が加速していくなかで、こうした人は増えていく。近いうちに、また現れるのではないか。

■「まともに働いた方がトータルでお得」とは思えない人がいる

いま、この国では「4630万円が振り込まれたのが自分でなくてよかった(もし自分だったとしたら、正気を保っていられる自信はなかったから)」と考えている人がすでに一定数いる。

もちろん、世の大半の人は依然としてそうは考えない。「まともに働いた方がトータルでお得だ」と考える。それが正論だ。だが多くの人から見えない場所では、先の見えない人生に閉塞感を抱えている人がいる。年収300万円や400万円台が「高給取り」とみなされ、年収200万円台がもはや“当たり前”になってしまった時代においては、ある日突然自分の口座に表示された8ケタの数字が「一生かかっても手にできない大金」のように思えることもある。そのようなシチュエーションでも、損得の天秤が正常なまま機能してくれる保証はない。

統計上、凶悪犯罪が猛烈な勢いで駆逐されているこの国では、犯罪の増加やあるいは暴動などは起きないだろう。しかしながらその一方で、いままで世の中の人びとがなんとなく同意して内面化してきた社会の常道(コモンセンス)に恭順せず、その「裏」をかくようなことをする人は増えていくはずだ。4630万円をあれこれ理由をつけて持ち逃げしたり、税の専門家としての知識を悪用して組織ぐるみの詐欺事件を企てたりといった事件は、これから頻発してくるのではないだろうか。実際、強盗や殺人といった凶悪犯罪の件数は急激な減少傾向だが、特殊詐欺については依然として高い水準を維持している。

■この社会が「静かなモラルハザード」を起こしつつある

「コツコツやっていればいいことがある」という、これまで多くの人からとくに疑問視されず当たり前に支持されてきた物語がいま、ひどく動揺している。

「自分がどうやっても報われることのないゲームルールをなぜ守らなければならないのか?」「みんなが守っているルールを違反した非難を受けて、それがいったいなんの問題があるのか?」――そうした考えをもとに、これまで信じられてきた物語から訣別・逸脱していく人は、これからさらに登場していくことになる。

「たしかにやれなくはないけど……でも自分の人生とか、世間の目とか、社会常識があるからやらないよね」という社会的合意、あるいは「ためらい」の一線とでもいうべきラインを軽々と踏み越えてみせる者が5月と6月には相次いで登場した。これは象徴的な出来事だ。この社会が基本的な信頼感と希望を失い、いうなれば「静かなモラルハザード」を起こしつつあることを示唆している――自分にはそのように思えた。

----------

御田寺 圭(みたてら・けい)
文筆家・ラジオパーソナリティー
会社員として働くかたわら、「テラケイ」「白饅頭」名義でインターネットを中心に、家族・労働・人間関係などをはじめとする広範な社会問題についての言論活動を行う。「SYNODOS(シノドス)」などに寄稿。「note」での連載をまとめた初の著作『矛盾社会序説』(イースト・プレス)を2018年11月に刊行。近著に『ただしさに殺されないために』(大和書房)。Twitter@terrakei07。「白饅頭note」はこちら

----------

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Wasan Tita


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【「4630万円を持ち逃げする人」は再び現れる…若者が未来を信じられない日本でこれから起こる怖いこと】の続きを読む

このページのトップヘ