立花孝志


ヒカルの政界転身に脈あり? NHK党・立花孝志氏「間違いなく総理大臣になれる」


ヒカルの政界転身に脈あり? NHK党・立花孝志氏「間違いなく総理大臣になれる」
 人気ユーチューバーのヒカルと起業家の〝青汁王子〟こと三崎優太氏がホストを務める「賛否両論」が8日、ヒカルの公式ユーチューブチャンネルで更新され、NHK党の立花孝志党首がゲストに登場。ヒカルに政界転身のラブコールを送った。
 
 収録は先月3日で、立花氏とヒカルは初対面。ヒカルは「ぶっ飛んでいるように見えて、クレバーのイメージがある。やり方が賢い」と立花氏を褒めたたえれば、誹謗中傷やガーシーらがテーマとなった中、タブーない爆弾発言を連発するアクの強さに目の当たりにして「やっぱヤバイですね。ネットの時代だから、立花さんみたいのが頭角現せる」と舌を巻くばかりだった。
 
 また、立花氏がユーチューバーが選挙に出るメリットを説いた際にMCの長谷川豊氏が「ヒカルさん、政党つくっちゃいましょうか。普通に2~3議席とりますよ」と水を向けると、立花氏は「いやヒカル君の伸びしろからいったら、間違いなく総理大臣になれる」と断言。

 ヒカルは「政治に全く興味がない」と言いながらも「巨悪に立ち向かうのは、漫画でいったら面白い。50歳になったら、もういつ死んでもいいとなるかもしれない。すべて失っていいから、何か一つでかい山をつくりに行こう、革命を起こし行こうと思ってもおかしくない」と含みを持たせた。

 実はこの収録後、立花氏はヒカルを参院選の街頭演説会場に連れていき、マイクを握らせての応援演説デビューさせてしまっていた。

 立花氏は「ガーシーも最初は100%絶対出ないと言っていた」と口説き落とした実績があるだけに、ヒカルも政界に引き込ま..


【日時】2022年08月08日 22:00
【ソース】東スポWeb

【ヒカルの政界転身に脈あり? NHK党・立花孝志氏「間違いなく総理大臣になれる」】の続きを読む


参院選出馬の「ガーシー」をドバイで直撃取材したら記者も仰天…「もし当選したら政党助成金で借金を返すぞ」


【独自】参院選出馬の「ガーシー」をドバイで直撃取材したら記者も仰天…「もし当選したら政党助成金で借金を返すぞ」
 動画共有サイトYouTubeで芸能人のスキャンダルを暴露し続けている「ガーシー」こと東谷義和氏(50歳)が、今日公示の参院選に出馬する。立花孝志氏率いるNHK党からの全国比例候補として、7月10日の投開票日に向けて、いよいよ本格的な選挙戦を開始する。

 だが日本に帰国すれば、自らの起こした詐欺事件などで警察に逮捕されるリスクがあるとし、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイからインターネットを通じて選挙戦を展開する意向だ。どう投開票日を迎えるつもりか、「現代ビジネス」はドバイで東谷氏を直撃取材した。

■街頭演説なんて意味あるの?

 「少なくとも日本にいなくても、立候補して選挙活動できることが実証できる。もし当選できたら、あまり世界的にも例がないと思う。普通、海外にいながら議員になろうなんて人はいないでしょう」(東谷氏)

 828メートルという世界一の高層ビル「ブルジュ・ハリファ」が眼前にそびえるドバイの街中で、「現代ビジネス」記者は東谷氏に対面した。気温40度以上の炎天下で、日焼けした顔はテカリを帯び、白い歯をのぞかせている。日本から届いたばかりの選挙用タスキをかけ、準備万端という風情だ。

 東谷氏は、実際、どんな選挙戦術を練っているのか。本人はこう語る。

 「選挙中に日本で開催される若者のイベントにオンラインで参加したり、大型モニター付きの選挙カーを日本の繁華街で走らせ、ドバイと結んでゲリラライブをしたりする計画もあります。

 日本で直接会えば、人間の温かみはあるんかもしれへんけど、真夏で熱中症の危険もあるのに、誰が街頭演説を聞きに来るのかな?..

【日時】2022年06月22日 08:03
【ソース】現代ビジネス

【参院選出馬の「ガーシー」をドバイで直撃取材したら記者も仰天…「もし当選したら政党助成金で借金を返すぞ」】の続きを読む


【参院選】NHK党・立花孝志党首が党首討論でまた爆弾「10億円で議席買収」 れいわ・山本太郎代表は否定


【参院選】NHK党・立花孝志党首が党首討論でまた爆弾「10億円で議席買収」 れいわ・山本太郎代表は否定
参院選(22日公示、7月10日投開票)へ向けたニコニコ主催のネット党首討論が18日行われ、国政政党9党の党首が勢ぞろい。「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、発言規制に抗議し、途中退席していたNHK党の立花孝志党首が「またやらかすのではないか?」とネット上では、言動が注目されたが…。
 
「ネットVSテレビの対決」と表明している立花氏は16日の「報ステ」で事前に局側から「テーマに逸脱した発言があった場合はしかるべき対応を取る」と圧力を受けていたことを暴露。「news23」(TBS系)ではガーシーこと東谷義和氏の暴露を受ける形で、「ある俳優の未成年淫行疑惑」に触れたが、放送ではカットされていた。

 立花氏は17日の会見で「これからの党首討論はテレビ局のテーマに沿った話をする」とスタンドプレーはもう取らないとしていたが、ニコニコの放送直前には「岸田首相にあの件質問してみたいと思います!」と意味深投稿し、再びガーシー砲を炸裂させるのではないかとネット上では盛り上がっていた。

 冒頭、立花氏は「テレビ朝日を追い出された立花を呼んでいただき、ありがとうございます。明るくいけないといけない。年金生活者のNHK受信料の無料化をしていく」とあいさつ。物価高対策では公明党の山口那津男代表を指名し、受信料無料化の是非を問うなど、脱線はしなかった。

 しかし、そのままおとなしく終わるハズはなかった。終盤、安全保障問題で立花氏は「(参院選の特定枠を)お金で国会議員の議席を買いたいという方が来たが、お断りした。10億円で話を持ち掛けら..

【日時】2022年06月18日 21:34
【ソース】東スポWeb
【関連掲示板】

【NHK党・立花孝志党首が党首討論でまた爆弾「10億円で議席買収」 れいわ・山本太郎代表は否定】の続きを読む


「報ステ」で言論封殺されたNHK党・立花党首「報道機関の自殺行為」と断罪


「報ステ」で言論封殺されたNHK党・立花党首「報道機関の自殺行為」と断罪
NHK党の立花孝志党首(54)が17日、国会内で会見し、前日の民放テレビ局で行われた国政政党9党党首による党首討論での〝言論封殺〟について、振り返った。

 参院選(22日公示、7月10日投開票)へ向けたテレビの党首討論が16日、「報道ステーション」(テレビ朝日系)、「news23」(TBS系)で放送された。

 TBSではガーシーこと東谷義和氏がネット上で暴露している「ある俳優の淫行疑惑」に立花氏は触れたものの放送ではカットされた。またテレ朝では事前に「テーマと逸脱した話をした場合はしかるべき対応を取る」と通知され、立花氏が生放送の番組内で暴露。発言を打ち切られた立花氏は自ら退場した。

 立花氏は「TBSはあらかじめ不適切な名誉毀損はカットする場合があると言ってくれていたので、しゃべりやすかった。俳優名やドラマの放送局は具体的に言っていないが、TBSがカットすることによって、僕の発言に疑問を感じた人はネットを見てくれると思う」とカットされたことには納得顔。一方、テレ朝の対応については改めて、「恐怖を感じた」と振り返った。

「テレビ局が国政政党の党首の発言をあらかじめ察知して、その発言をするならスタジオから追い出すと。言論の自由が全くないのがテレビの空間だと多くの方が知ってもらえた。1分間でカットされたが、テーマから逸脱しているかは誰が決めるんですか? テレビは核兵器に勝る武器で、国民を洗脳する装置と言ったが、その通りのことが行われた」

 元NHK職員である立花氏は「本当にそこは怖いなと。報道番組で、事前に『これ..


【日時】2022年06月17日 14:11
【ソース】東スポWeb

【「報ステ」で言論封殺されたNHK党・立花党首「報道機関の自殺行為」と断罪】の続きを読む


ガーシー砲予告のNHK党・立花孝志氏が〝強制退場〟 「報道ステーション」党首討論で


ガーシー砲予告のNHK党・立花孝志氏が〝強制退場〟 「報道ステーション」党首討論で
参院選(22日公示、7月10日投開票)へ向けた各党党首討論が16日、「報道ステーション」(テレビ朝日系)で行われ、〝ガーシー砲〟の発射を予告していたNHK党の立花孝志党首(54)が〝言論封殺〟があったと抗議し、自ら退場するハプニングがあった。

9党の国政政党党首が参加した討論会は生放送で行われ、日本維新の会の松井一郎代表、れいわ新選組の山本太郎代表、社民党の福島瑞穂党首、立花氏は別スタジオからモニターでの参加。

ウクライナ情勢を受けて、国民の安全をどう守るかの安全保障がテーマとなった。

NHK時代は先輩に当たる大越健介キャスターからテーマを振られた立花氏は「テレビをご覧のみなさん。テレビは核兵器に勝る武器です。テレビは国民を洗脳する装置です。テレビは国民が知る権利を隠している。本日お昼過ぎ、テレビ朝日のプロデューサーからお手紙を頂戴しました。テーマから逸脱する発言は控えていただくよう、万が一そのような発言があった場合はしかるべき対応をとる場合があるとご承知おきください」と切り出した。

すぐさま大越氏が「立花さん、今の発言はおっしゃる通り、認められません。発言を止めてください」とストップがかかったが、立花氏は聞きいれることなく「これについて電話を差し上げたところ、追い出されると。政治家の発言をテレビ局の方が事前にあれをするな、これをするなと介入は恐怖を感じます」と発言。

大越氏が「その発言は認められないので、ここで打ち切らせてもらいます」とストップをかけると、立花氏は「ありがとうございました」と従い、自ら席を立..

【日時】2022年06月16日 22:47
【ソース】東スポWeb

【ガーシー砲予告のNHK党・立花孝志氏が〝強制退場〟 「報道ステーション」党首討論で】の続きを読む

このページのトップヘ