田口翔


ヒカルが4630万円誤送金事件の田口翔と更正企画に挑戦「誤送金がなければ人生狂ってなかった」


ヒカルが8月1日、『4630万円誤送金問題の田口翔を保釈直後に独占インタビューしました』を投稿。山口県阿武町から誤って振り込まれた4630万円を使い込み、逮捕された田口翔容疑者の出所に立ち合い、今後の展望を話し合ったようだ。

ヒカル、更正は「ビジネスに繋げられる」

田口翔容疑者と言えば今年4月、山口県阿武町が謝って振り込んだ4630万円を誤送金と知りながら別の口座に振り替え、ネットカジノに全額を費やしたことから、電子計算機使用詐欺罪で逮捕された24歳の青年だ。

2か月半の拘留期間を経て、保釈の身として出所することになった田口。すでに田口が阿武町に返金を行うさい、田口の担当弁護士からの依頼で資金援助をしていたヒカルは、出所後の田口と“更正企画”を行うことを明言した。

というのもヒカルには、田口に対する「若干巻き込まれた側で可哀そうだと思った」「誤送金がなければ人生狂ってなかった」との思い、そして「ビジネスに繋げられるんじゃないか」というYouTuberとしての狙いがあるのだ。

ヒカルは田口の更正、社会復帰を目指す企画の幕開けとして「独占取材というかたちで言いたいことを全部言ってもらう」と本動画の主旨を明かすと、さっそく警察署から姿を現して取材陣に謝罪をする田口を出迎えた。

社会復帰はネット仕事とTwitterの日記から

田口に会ったヒカルの感想は「想像とぜんぜん違う、好青年すぎてビビった」というもの。緊張しながらもヒカルに感謝を告げた田口は、今回の事件について「反省しています、こんなこと2度としない」と切り出した。

ちなみに田口は平凡な生い立ちで、中学卒業と同時に現場仕事をしながら通信制の高校に通い、ホームセンターの社員として働いていた。記念硬貨の収集は好きなようだが、悪事を働いたことはなくお金への執着も強くないらしい。

事件当初、振り込まれた大金に「騙されてると思いました」と話す田口、錯乱状態で思わず使い込んだと明かしたものの、あたかも逃亡したかのような報道については「メディアが指名手配って勝手につけた」「警察署にも任意で出頭してます」と弁解した。

また、ヒカルに声を掛けられたことで「やりなおせる、頑張ろう」と生きる希望を見出せたという田口を、ヒカルは「これを踏み台にして人生を良くして」と激励。田口は「借りた恩は返したいと思います」と意気込んだ。

田口の今後については、社会復帰として『究極のブロッコリーと鶏胸肉』で働くと同時に、ヒカルの“更正企画”のためにTwitterで活動日記を公開していくという。最後にヒカルは、「10年後には誤送金問題が持ちネタのひとつになるぐらいの人生歩んで」と語った。


【日時】2022年08月06日 12:00
【提供】らいばーずワールド

【ヒカルが4630万円誤送金事件の田口翔と更正企画に挑戦「誤送金がなければ人生狂ってなかった」】の続きを読む


ヒカル、田口翔被告の独占インタビューに批判殺到「不快感しかない」


ヒカル、田口翔被告の独占インタビューに批判殺到「不快感しかない」
ユーチューバーのヒカル(30)が、自身のYouTubeチャンネルやツイッターを更新。山口県阿武町の給付金4630万円の誤送金を巡る詐欺事件で同日に保釈された田口翔被告(24)との独占インタビューの映像をYouTubeチャンネルにアップし物議を呼んでいる。

ヒカルといえば以前、「ディズニーでデートしました」というタイトルの動画のさりげない会話の中で自身の納税額が1億円を超えていることを明かしたところ、「いちいち億こえてるとか言わなくてもいい」と冷ややかな声が寄せられていたことも。

そんなヒカルはこの日、午後15時36分に自身のツイッターにて「4630万円誤送金問題の田口翔くんを保釈直後に独占インタビューしました。その様子は本日19時半からヒカルチャンネルでプレミア公開します。」と告知。実際アップされた動画では、勾留先の山口南署までカメラを回し、「お迎え」に行った様子や、ヒカルが阿武町が回収できずに残っていた田口被告の返済分、約340万円を立て替えたことなども説明した。

今後は自身の会社で働いてもらい、更生の手助けをしたいなどと話したヒカルだが、この投稿に対しネット上からは「なんでもありかよ」「不快感しかないです」「投稿のネタのためになんでもあり、田口被告を助けたいわけじゃないだろうな」「ヒカル、ネタ切れなんだな…かわいそうに」などの批判の声が殺到している。

お互いウィンウィンということで本人達にとっては良いのかもしれないが、一部世間からは冷やかな視線が向けられているようだ。

【日時】2022年08月03日 18:00
【提供】デイリーニュースオンライン

【ヒカル、田口翔被告の独占インタビューに批判殺到「不快感しかない」】の続きを読む


「Youtuberヒカルさんの関係会社で働く」山口・阿武4630万円誤振り込みで保釈の田口翔被告(24)の弁護人が会見


「Youtuberヒカルさんの関係会社で働く」山口・阿武4630万円誤振り込みで保釈の田口翔被告(24)の弁護人が会見
山口県阿武町の誤振り込みで、電子計算機使用詐欺の罪で起訴された田口翔被告(24)が1日正午ごろ、山口南署から保釈されました。田口被告の弁護人は、資金提供を申し出ていた“ホワイトナイト”が、Youtuberのヒカルさんだったことを明らかにし、ヒカルさんの関係する会社で雇用され、山口県内でリモートで働けるように手続きをしていると明らかにしました。

田口被告は文書でコメントを出しました。
「このたびは、私の行動で多くの方にご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。保釈後は仕事をして、借り入れたお金を少しずつ返済していこうと思います。田口翔」

報道関係者が待ち構える中、田口被告は正面玄関から出て深々と一礼し、弁護人が準備した車に乗り込みました。

田口被告は5月18日に逮捕されて以来、2か月半勾留されていました。

田口被告の弁護人・山田大介弁護士は保釈後、山口市内で会見を開きました。

山田弁護士は「田口被告はカメラに囲まれ驚いているが、一方で事態を重く受け止め、仕事をしていきたいという決意を表明していた。田口被告は、自分の行動は100%自分に非があり、常に反省の言葉を述べていた。刑事裁判について、公判請求が出そろった時点で主張を明らかにしたい。民事裁判では、元本の4630万円は認諾した。残りの弁護士費用の請求については法律論上争いがある部分だと思う」と話しました。
髪の毛が伸びていたことについては「勾留が拘置所ならば散髪できると聞いているが、警察署なので散髪ができなかった。2か月も勾留が続くことを想定していなかったのだと思う」と話しました。

田口被告..


【日時】2022年08月01日 11:41
【ソース】tys テレビ山口

【「Youtuberヒカルさんの関係会社で働く」山口・阿武4630万円誤振り込みで保釈の田口翔被告(24)の弁護人が会見】の続きを読む


スーツ姿で一礼し車に乗り込む 阿武町4630万円問題 田口翔(24)被告保釈


【速報】スーツ姿で一礼し車に乗り込む 阿武町4630万円問題 田口翔(24)被告保釈
阿武町の誤振り込み問題をめぐり電子計算機使用詐欺の罪で、これまで3度逮捕・起訴されている田口翔被告(24)が1日、保釈された。

田口被告は1日正午ごろ、勾留されていた山口南警察署から保釈された。田口被告はスーツ姿で、警察署の玄関から出ると一礼し、用意された車に乗り込んだ。強風のため、長髪が顔にかかり表情をうかがい知ることは出来なかった。

この問題は、新型コロナ関連の臨時給付金をめぐり阿武町が誤って振り込んだ4630万円について、田口被告が誤って振り込まれたものと知りながら、このうち約4290万円を決済代行業者の口座に振り替え不法の利益を得たとして3度逮捕、起訴されているもの。
 
田口被告の弁護人は、「証拠隠滅の恐れがなく身柄の拘束が長期化していること」などを理由に7月26日保釈を請求。山口地裁がこれを認める決定をしていた。そして1日午前10時頃、田口被告の弁護人が保釈金250万円を納付し、正午ごろ、田口被告は保釈された。


【日時】2022年08月01日 12:17
【ソース】山口放送

【スーツ姿で一礼し車に乗り込む 阿武町4630万円問題 田口翔(24)被告保釈】の続きを読む


決済代行業者3社、4290万円全額を阿武町に返還も…口座の残金は計600万円


決済代行業者3社、4290万円全額を阿武町に返還も…口座の残金は計600万円
山口・阿武町の4630万円の振り込みミス問題で、町はおよそ4300万円を法的に確保しましたが、振込先の田口翔容疑者が利用した決済代行業者3社の口座に残っていたのは合わせて600万円だったことがわかりました。

この問題は、阿武町が新型コロナウイルス関連の臨時給付金を誤って1世帯に4630万円振り込んでいたもので、このうち400万円を決済代行業者の口座に振り替え、不法の利益を得た疑いで、田口翔容疑者(24)が逮捕送検されています。

阿武町の代理人・中山修身弁護士は25日、副町長と取材に応じ、およそ9割の4300万円を確保した経緯を改めて説明しました。

町は、田口容疑者の税金の滞納から、国税徴収法などにより決済代行業者や銀行に対する差し押さえや取り立て処分を行いましたが、この過程で、決済代行業者から町に「お金を払いたい」と電話があったということです。

最終的に、決済代行業者3社は今月20日に田口容疑者が振り込んだおよそ4290万円全額を阿武町に返還しています。

しかし、中山弁護士が決済代行業者の口座がある銀行から得た情報によると、3つの口座に残っていたのは、あわせておよそ600万円だったということです。

田口容疑者は、「振り込まれた全額をネットカジノで使った」と話していました。

中山弁護士は、残っていた600万円すべてが田口容疑者のものかはわからない、他の客の金が入っていた可能性もあるとしています。

【日時】2022年05月26日 12:53
【ソース】日テレNEWS24

【決済代行業者3社、4290万円全額を阿武町に返還も…口座の残金は計600万円】の続きを読む

このページのトップヘ