旧統一教会


旧統一教会の田中富広会長が会見でメディア批判


「異常な宗教迫害とも言える偏向報道」「名称変更に関しても歪んだ憶測や悪意に基づく報道が」旧統一教会の田中富広会長が会見でメディア批判
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の田中富広会長と山田達也法務局長が日本外国特派員教会で記者会見を開き、「異常な宗教迫害とも言える偏向報道がきっかけとなってヘイト感情が誘発され、当法人信者に対して身体的危害が加えられたり、暴力行為による新たな被害が発生することを真剣に危惧する」とメディアの報道姿勢を批判した。

会見を開いた理由について田中会長は、「安倍元首相が凶弾に倒れられた直後から、容疑者の犯行動機が当法人の信者である母親の献金によるものであると、いまだ確定もしない情報から、昨今の当法人に対する過剰なメディア報道によって、当法人の信徒から様々な被害が報告されている。

全国の教会に“殺すぞ”と叫ぶ脅しや脅迫電話、街宣車での大音量による罵声、集会妨害、一般信徒の自宅にまで夜に朝に押しかけてのメディアからの過剰取材、さらには信徒の子どもたちが学校やサークルで受けるいじめによる登校拒否、あるいは信仰を理由に会社を辞めるよう追い詰められたり、家庭内では離婚状を突きつけられた家庭もある。

法人の責任ある者として、喪にに服する期間としてこのまま黙することが良き選択なのか、呻吟する期間を過ごしてきたが、昨今の報道には見過ごすことのできない酷い内容も多々あり、本日の会見を持たせていただくことした」と説明。

【日時】2022年08月10日 15:50
【ソース】ABEMA TIMES
【関連掲示板】

【旧統一教会の田中富広会長が会見でメディア批判】の続きを読む


岸防衛大臣 旧統一教会との関係「しっかり見直す」


【速報】岸防衛大臣 旧統一教会との関係「しっかり見直す」
選挙の際、旧統一教会の関係者から支援を受けていた岸防衛大臣は2日、教団との関係について「しっかり見直す」と述べました。

岸信夫 防衛大臣
「様々な問題が浮上してきている社会的問題ですね。という状況において、これまでのそういう関係について、しっかり見直していかなければいけないと思ってます」

岸防衛大臣は2日、旧統一教会、現在の世界平和統一家庭連合との関係について「組織として何か支援を受けているわけではないと思う」と述べた上で選挙の際、教団の関係者から支援を受けてきたものの「その後、様々な社会的問題が浮上してきている状況で、これまでの関係について、しっかり見直していかなければならない」と述べました。

【日時】2022年08月02日 11:52
【ソース】TBS News

【岸防衛大臣 旧統一教会との関係「しっかり見直す」】の続きを読む


 宗教トラブルに詳しい弁護士・紀藤正樹氏が、12日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に出演。安倍晋三元首相銃撃事件に関して11日に開かれた、宗教法人・世界平和統一家庭連合(旧・統一教会)田中富広会長の発言を疑問視した。

 今回の事件は、山上徹也容疑者が、その母親が多額の献金で破産に追い込まれたとされる入信先・家庭連合と、安倍元首相に接点があると一方的に恨みを募らせたことで至ったとされる。

 これを受けて田中会長は「(容疑者の母が)破綻されたことは分かっているが、事情は分からない。高額献金を要求したかどうかは記録上、一切残っていない」と答弁。献金額については警察が捜査中のため言及できないと語った。安倍元首相との関係については否定したものの、昨年9月に旧統一教会の創始者が設立した友好団体「UPF」のイベントビデオメッセージを送っていることが判明した。

 ​>>水谷隼、安倍元総理銃撃事件に「みんなが平和ボケしてる」警備体制批判で賛否<<​​​

 紀藤氏は会見の感想について「誠実さを欠く」と述べ、「大事なことについてきちんと説明していない」「客観的な調査や具体的な事実に基づいた話をしていない」と断じた。
 
 田中会長は会見で「臆測ですが」という前置きで、「容疑者は旧統一教会UPFの区別がついていなかったのではないか」と推論していたが、これについても紀藤氏は「多くの信者は区別がつかない」とバッサリ。「UPF統一教会はいわば一体の組織であって、友好団体という言い方は極めてミスリード」と述べた。さらに紀藤氏は、1976年にはすでに会長も入信していると語りつつ、「『捜査中だから話せない』ではなくて、そこは誠実に答えるのが本来の姿」と力説。他にも家庭連合の隠語で「『早く現金』の略称は“HG」とも解説した。

 2009年、姓名判断を装って不安を煽り、高額な値段で印鑑を売りつけた事件で当時の会長が辞任に追い込まれている。田中会長は会見で、この一件以来、コンプライアンスを徹底したことで、2009年以降は献金トラブルがないと話していた。

 これについても紀藤氏は、2020年2月28日家庭連合に対して言い渡された判決文の写しを見せながら、「これは平成25年(2013年)とか27年(2015年)とか、その頃の事件の判決です。その頃でもまだ高額献金をやってたわけですので、私から言わせると、彼の言っていることって、何て言うんですかね、100%嘘としか言いようがないんでよね。本当に申し訳ないですけど、こういうことを言われること自体、教会長としての代表者としての資質を欠くと私は思います」と話していた。

 紀藤氏の30分以上にわたる熱弁に、同局局員でレギュラーコメンテーターの玉川徹氏も圧倒され、ほぼ喋ることがなかったが、紀藤氏の姿にネットでは「すごい」「すさまじい」と驚きの声が上がっている。

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)

統一教会は、社会における家族の重要性を強調しており、それを反映して1994年5月に名称が世界平和統一家庭連合に変更された。日本で、2015年6月2日に所管する文化庁に変更申請書を提出し、同年8月26日付で名称変更が認証された。 韓国では統一教、日本では旧称の略称の統一教会、またキリスト教会
308キロバイト (47,213 語) - 2022年7月12日 (火) 14:19



<このニュースへのネットの反応>

【旧統一教会の会見「100%嘘としか言いようがない」モーニングショー紀藤弁護士の断罪に驚きの声】の続きを読む


旧統一教会が会見「安倍元首相は会員ではない。親しみ持っていた」


旧統一教会が会見「安倍元首相は会員ではない。親しみ持っていた」
安倍晋三元首相(67)が奈良市内で参院選の街頭演説中に銃撃されて死亡した事件を受け、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)は11日午後2時ごろから、東京都内で記者会見を開き、同連合と安倍元首相との関係について「友好団体が主催する行事にメッセージが送られてきたことがある。安倍元首相は世界平和運動に関しては賛意を示してくれた」とした。その上で「会員として登録されたことはないし、顧問になったこともない」と明言した。

 一方、同連合の関係者は10日、毎日新聞の取材に安倍元首相について「関係が特に深かったということはないが、親しみを持っていた政治家だった」と話していた。

事件を巡っては、安倍元首相を銃撃したとして逮捕された山上徹也容疑者(41)=殺人容疑で送検=が「母親が宗教団体にのめり込んで破産した。安倍氏が団体を国内で広めたと思い恨んでいた」などと供述したと報道されている。

【日時】2022年07月11日 14:42
【ソース】毎日新聞

【旧統一教会が会見「安倍元首相は会員ではない。親しみ持っていた」】の続きを読む

このページのトップヘ