帰国


代替テキスト
(写真:時事通信

7月10日投開票の参院選で、NHK党の比例区から初当選した暴露系ユーチューバーガーシー”こと東谷義和氏(50)。滞在中の中東・ドバイからオンラインで挑んだ異例の選挙戦は、世間からの注目を集めた。

今年2月に開設したYouTubeチャンネル東谷義和ガーシーch【芸能界の裏側】」で、数々の芸能人や著名人のスキャンダルを“暴露”してきたことで知られる東谷氏。そのスタンスは、選挙公約にも反映された。

NHK党政見放送を通じて、ガーシーさんが実名を伏せる形で著名人47人のスキャンダルに触れる『ショート暴露』の動画を公開しました。ガーシーさんは当選した暁には実名を晒して暴露すると公約しており、芸能界にさらなる震撼が走るかもしれません」(芸能関係者)

当確が報じられた直後、「国会で寝てるおっさん議員、全員たたき起こす」と息巻いた東谷氏だが、なんと国会に出席しない可能性があるというのだ。

12日に配信された「朝日新聞デジタル」の記事では、東谷氏が「いま帰るのは正直怖い」などと語ったインタビューを掲載。帰国すると逮捕される恐れがあるとして、国会への出席は慎重に考慮すると答えたことが報じられている。

「以前、ガーシーさんは『BTSに会わせてあげる』と謳い、知人女性から多額の金銭を巻き上げた詐欺疑惑が報じられました。被害者とは示談が済んでいるものの、警察が捜査に動いているといいます。

またガーシーさんは出馬表明した際、国会の会期中は逮捕されないという国会議員の不逮捕特権を挙げていました。ですが犯罪行為が明白な現行犯逮捕や、参議院が許諾した場合は逮捕される“例外”もあります。それだけでなく、これまで繰り返してきた暴露に対する“報復”をも恐れているそうで、帰国に二の足を踏んでいるようです」(前出・芸能関係者)

国会法第124条では、議員は召集日から7日以内に召集に応じることが定められている。また、正当な理由なく欠席を続けると、懲罰を受ける可能性も規定されている。

だが選挙によって国会議員に選ばれたにもかかわらず、私的な理由で帰国を躊躇している東谷氏に厳しい声が上がっている。

《なんで出馬したん?》
《ねえなんなの? こういう人が議員になれるシステムがおかしくないですか?》
《何で立候補したの?あまりにも無責任でしょう》
《どうやって国会議員の職責を果たすんだろう? リモート採決もできないわけだし。国会議員リコールはできないらしいね。これでまともに歳費が支給されたら一体…》

現在、Twitterアカウントも凍結され、YouTubeメインチャンネル、サブチャンネルともにアカウントが停止されている東谷氏。果たしてオンラインではなく、実際の姿を国民の前に現すことはあるのだろうか。



(出典 news.nicovideo.jp)

東谷 義和(ひがしたに よしかず、1971年10月6日 - )は、日本のYouTuber、政治家。YouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』を運営する。アパレル会社QALB(カルブ)元社長、元実業家、NHK党所属の参議院議員(1期)。愛称は「ガーシー」。身長180 cm。血液
34キロバイト (4,312 語) - 2022年7月13日 (水) 01:56



<このニュースへのネットの反応>

【“ガーシー”東谷義和氏 当選も報復恐れて帰国に二の足報道…「なんで出馬した?」「無責任」と大ブーイング】の続きを読む


小室さん夫妻 国民が納得する「帰国のタイミング」と「帰国理由」


小室さん夫妻 国民が納得する「帰国のタイミング」と「帰国理由」のウルトラCを探る宮内庁
7月予定のニューヨーク州の司法試験で「3度目の正直」を期す小室圭さん(30)。2度目は「5点足りず」に不合格となったが、万が一、3度目も不合格となれば、日本への帰国の可能性が高まるのではないかと、宮内庁側はシミュレーションを始めているという。結婚の際に国民から多くの反発があっただけに、それなりの理由なしに帰国となれば、新たな反発が生まれる可能性も小さくない。ウルトラC的な解決案はあるのだろうか。

 いささか不謹慎ではあるが、可能性としては3度目の試験もパスできないこともありえるので、宮内庁側はシミュレーションをせざるを得ないのだろう。その場合に想定されるのは、法律助手として勤務する法律事務所からの解雇通告だ。

「過去2度にわたって不合格でも事務所が小室さんを採用し続けているのは、法曹資格を取得する前提でとされています。その条件が実際にあるとして、どれくらい猶予期間があるのかと言うと、そう長くはないのではないかと見る人が宮内庁の中には多いようです」

 と、担当記者。

 となると、これまで以上に「どうやって生活していくのか」という問題と向き合わざるを得ず、帰国を余儀なくされるのではないかというシナリオがあるのだという。

【日時】2022年07月05日 06:00
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】

【小室さん夫妻 国民が納得する「帰国のタイミング」と「帰国理由」】の続きを読む

このページのトップヘ