山本太郎


【参院選】NHK党・立花孝志党首が党首討論でまた爆弾「10億円で議席買収」 れいわ・山本太郎代表は否定


【参院選】NHK党・立花孝志党首が党首討論でまた爆弾「10億円で議席買収」 れいわ・山本太郎代表は否定
参院選(22日公示、7月10日投開票)へ向けたニコニコ主催のネット党首討論が18日行われ、国政政党9党の党首が勢ぞろい。「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、発言規制に抗議し、途中退席していたNHK党の立花孝志党首が「またやらかすのではないか?」とネット上では、言動が注目されたが…。
 
「ネットVSテレビの対決」と表明している立花氏は16日の「報ステ」で事前に局側から「テーマに逸脱した発言があった場合はしかるべき対応を取る」と圧力を受けていたことを暴露。「news23」(TBS系)ではガーシーこと東谷義和氏の暴露を受ける形で、「ある俳優の未成年淫行疑惑」に触れたが、放送ではカットされていた。

 立花氏は17日の会見で「これからの党首討論はテレビ局のテーマに沿った話をする」とスタンドプレーはもう取らないとしていたが、ニコニコの放送直前には「岸田首相にあの件質問してみたいと思います!」と意味深投稿し、再びガーシー砲を炸裂させるのではないかとネット上では盛り上がっていた。

 冒頭、立花氏は「テレビ朝日を追い出された立花を呼んでいただき、ありがとうございます。明るくいけないといけない。年金生活者のNHK受信料の無料化をしていく」とあいさつ。物価高対策では公明党の山口那津男代表を指名し、受信料無料化の是非を問うなど、脱線はしなかった。

 しかし、そのままおとなしく終わるハズはなかった。終盤、安全保障問題で立花氏は「(参院選の特定枠を)お金で国会議員の議席を買いたいという方が来たが、お断りした。10億円で話を持ち掛けら..

【日時】2022年06月18日 21:34
【ソース】東スポWeb
【関連掲示板】

【NHK党・立花孝志党首が党首討論でまた爆弾「10億円で議席買収」 れいわ・山本太郎代表は否定】の続きを読む


「麻生、安倍、森の飛行機が墜落。助かったのは日本国民」れいわ新選組の応援演説での“不謹慎ジョーク”に批判殺到 | ニコニコニュース


れいわ新選組れいわしんせんぐみ、英: Reiwa Shinsengumi)は、日本の政党。2019年4月1日に当時参議院議員であった山本太郎が設立した政党である。 同年7月の第25回参議院議員選挙比例区で得票率2%を上回り、設立から約3か月半で公職選挙法が規定する政党要件を満たした。
126キロバイト (16,030 語) - 2022年6月6日 (月) 19:23



代替テキスト
れいわ新選組・代表の山本太郎氏(写真:アフロ

「みなさん、僕は政治のことは何かわかりません。本当わかりませんけども。れいわ新選組素晴らしいのは、山本太郎さんは大衆の言葉を使って自分の言葉でしゃべりかけている唯一の政治家です。素晴らしい!」

6月4日マイクを握りしめこう呼びかけたのは芸人のぜんじろう(54)。この日、東京・池袋でれいわ新選組街頭演説イベントが実施された。ぜんじろうは、次期参院選の比例代表に同党から出馬表明をした水道橋博士(59)の応援に駆けつけたのだ。

ぜんじろうがひと通り演説を終えると、水道橋博士が「僕とぜんじろうはほぼ同期くらいの芸人なんですけれども」と切り出した。ぜんじろうや清水宏(56)、ラサール石井(66)らが所属する「日本スタンダップコメディ協会」でも活動している水道橋博士は、とあるイベント山本太郎代表(47)が見に来た際の出来事について話すことに。

その時の様子について、山本氏は次のように回想し始めた。

「僕、ドキドキしてたんですよ。呼ばれて『なにかひと言、冗談を言え』みたいなことを言われたら、雑誌とかに叩かれる恐れがあるじゃないですか、とんでもないこと言って。ずっと隠れていたんですけど、面白すぎて笑い声が響くんですよ、自分の」

その上で、ぜんじろうに「あの時のネタ覚えてます? いいですか? お願いします! むちゃくちゃ面白いから!」と“フリ”を投げかけた。

するとぜんじろうは、自信満々に次のような“ジョーク”を披露したのだ。

「麻生大臣と安倍元首相と森喜朗が乗った飛行機が墜落しました。助かったのはだれか? 日本国民」

このぜんじろうのパフォーマンスに、山本氏は左手の握りこぶしを頭上に掲げながら「フゥー! しびれるぅ~! 最高!!」と絶賛。観覧者たちからも歓声があがり、拍手がおくられた。また、水道橋博士は山本氏を指しながら、「あの時、お客さん50人だけど、1人だけ笑っていました」とコメントを添えた。

■止まらない皮肉…「なんぼ麻生太郎さんでも、死ぬのは1回ですからね」

彼らの一連のやり取りを映した動画は、瞬く間にSNSで拡散された。しかし実在する人物の死を連想させるようなジョークに、「不謹慎」との批判が上がっている。

《言っていい事と悪い事もあるんやで! 失礼過ぎる》
《ちょっともひっかからない。完全に滑ってる。最悪最低。 テロ扇動にしか聞こえないことを街頭で演説したのか》
《どんなに嫌いでも人の生死をネタにして、「ふぅーシビれるぅーサイコー!」って言える人間が政治家? 最低の人間だわ》

このような出来事について、全国紙記者が言う。

「昨年11月にも山本代表が特別国会の前に開いた記者会見で、麻生太郎氏(81)を『万死に値する』と強い言葉で批判しました。山本代表は“麻生氏が不況の原因を作った”と主張したかったようですが、反麻生派からも『言い過ぎ』との声が上がっていました。

ぜんじろうさんは今回の応援演説で、山本代表の『万死に値する』発言にも触れています。加えて、『なんぼ麻生太郎さんでも、死ぬのは1回ですからね』『1回死ぬべき、と。そういうことなんですけど』と揶揄していました」

「政治のことはわからない」としつつも、自らのスタイルであるスタンダップコメディについて「忖度なくマイク1本で自分の思ったことを言っていく芸」と語ったぜんじろう。さらに、「僕は社会風刺をやっている。社会的に強い人に対して何かを言っていく。弱い人は絶対揶揄しない」とも主張していた。果たして、その風刺は“正義”と言えるのだろうか。



(出典 news.nicovideo.jp)

【「麻生、安倍、森の飛行機が墜落。助かったのは日本国民」れいわ新選組の応援演説での“不謹慎ジョーク”に批判殺到】の続きを読む


れいわ山本太郎代表 参院選東京選挙区から出馬表明


【速報】れいわ山本太郎代表 参院選東京選挙区から出馬表明
れいわ新選組の山本太郎代表はさきほど、夏に行われる参院選で東京選挙区から出馬すると表明しました。

れいわ新選組 山本太郎代表
「選挙区から出ると事前にお伝えしていました。その選挙区はどこになるのか。東京です。東京から出ます」

東京選挙区を選んだ理由について山本氏は「これまでも東京で選挙に挑み続けてきた。ほかの選挙区についても様々なリサーチをしたが、すべて鑑みた上で東京だろうという結果に落ち着いた」と説明しました。

山本氏は2013年にも参院選・東京選挙区から出馬して初当選し、1期務めました。その後、去年の衆院選で当選しましたが、今回の参院選にくら替え出馬するとして衆院議員を辞職していました。


そのほか、東京選挙区には▽自民党から、朝日健太郎氏、生稲晃子氏、▽立憲民主党から、蓮舫氏、松尾明弘氏▽日本維新の会から、海老沢由紀氏、▽公明党から、竹谷とし子氏、▽共産党から、山添拓氏、▽社民党から服部良一氏、▽NHK党から松田美樹氏、小川ゆうき氏、猪野恵司氏、説田健二氏、田中健氏長谷川洋平氏、▽ファーストの会から、荒木千陽氏が立候補を予定してします。

【日時】2022年05月20日 13:06
【ソース】TBS News

【れいわ山本太郎代表 参院選東京選挙区から出馬表明】の続きを読む


山本 太郎(やまもと たろう、1974年〈昭和49年〉11月24日 - )は、日本の政治家、活動家、元俳優、元タレント。れいわ新選組所属の衆議院議員(1期)、同党代表。 参議院議員(1期)、自由党共同代表兼政策審議会長を歴任した。 1974年、兵庫県宝塚市に生まれる。1990年、高校1年生の時に「天才・たけしの元気が出るテレビ
136キロバイト (17,742 語) - 2022年4月15日 (金) 08:41

1 デデンネ ★ :2022/04/15(金) 20:45:29.71

 NHK受信料を支払わない国民を守る党(N党)の立花孝志代表は15日、自身の公式ツイッターを更新。次期参院選に「山本太郎」氏を擁立することを明らかにした。

 立花氏はツイッターで「本日NHK党は次期参議院選挙比例代表選挙に【山本太郎(47歳)】を公認候補者として、立候補させる事を決定致しました。近日中に記者会見を行います!」と公表。「なお、本日衆議院議員を辞職された、れいわ新選組代表の山本太郎さんとは別人です」と、この日会見で議員辞職と参院選鞍替え出馬を表明したれいわ新選組・山本太郎代表とは別人であるとした。

 立花氏はよろず~ニュースの取材に対し、擁立する「山本太郎」氏は、本名であることを明言。沖縄県出身で、政治経験はないが、2016年に現・れいわ新選組代表の山本氏らから支援を受けて参院選に立候補して落選した活動家・三宅洋平氏とは旧知の仲だという。

 立花氏は、この日会見したれいわ新選組の山本氏について「なぜ全国比例に出ないのか、さっぱり分からない」と疑問を口に。「選挙区も明言していませんし、この間も衆院選も最初は選挙区で出ると言っていたけど、最終的には比例で出馬した。今回も比例に変更する可能性があるかもしれない」と分析し、「その時に『案分が…』などと言われるのもあれなので、先に表明しておこうと思いまして」と発表の意図を明かした。

 れいわ新選組の山本太郎代表はこの日、都内で会見を実施。私、山本太郎は衆議院議員を辞職いたします」と明言。その理由を「参議院選挙に出馬いたします」とした。国会議員を務める国政政党の代表による〝鞍替え出馬〟は、2019年7月の参院選に比例で当選し、同10月に埼玉県知事選挙に出馬した立花氏以来となる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a687e34aba69a9798973cd339b6f4f8ee3f72f4d


【N党・立花孝志、次期参院選で「山本太郎」の擁立を発表】の続きを読む

このページのトップヘ