山上容疑者


山上容疑者の求刑・判決は「無期懲役」が有力か 「安倍元総理が被害者であることは影響しない」


山上容疑者の求刑・判決は「無期懲役」が有力か 「安倍元総理が被害者であることは影響しない」
親が熱心な信者という「宗教2世」の苦悩を手製の薬きょうに込めた山上徹也容疑者(41)。奈良地検は鑑定留置を行うことを決めた。世間ではその境遇に同情論や“神”扱いする声まであるが、果たして、求刑・判決はどうなるのか。

「逮捕されて3週間、これまで再三にわたって山上宅の家宅捜索が行われています。24日にも所有品の押収がありました」

と、社会部デスク。

「逮捕当初から捜査は本人の供述頼みの面があり、供述を裏付けるためにその都度捜索が行われているのです。24日には家から衣服とレシートを押収。衣服は自宅で火薬を乾かす際に身に着けていたもので、レシートは銃の材料を購入した際のものだと思われます」

25日午前、山上の身柄は勾留されていた奈良西署から大阪拘置所へ移送された。奈良地裁により、鑑定留置が認められ、11月29日まで、精神鑑定が行われることになる。

■「念のため精神鑑定」
「だいぶ調べが進んだ後の精神鑑定なので、検察としても裁判を見据えて、念のため精神鑑定をしておくということでしょう」

と、言うのは元東京地検特捜部副部長の若狭勝氏。

「裁判になって被告人の弁護士から責任能力に問題があると主張されたときへの備えだと思います。見るからに責任能力がない場合は供述が固まる前に鑑定を行うはずですから」

そもそも「責任能力」とは何か。若狭氏によれば、二つの能力があるという。

「一つは物事が善いか悪いかを判断する能力。二つ目は、その判断に基づいて犯罪を行わないよう自分を律することができるか、というもの。神からのお告げや幻覚・幻聴のために自分の行動..

【日時】2022年08月04日 05:56
【ソース】デイリー新潮

【山上容疑者の求刑・判決は「無期懲役」が有力か 「安倍元総理が被害者であることは影響しない」】の続きを読む


代替テキスト
(写真:共同通信

安倍晋三元首相(享年67)の銃撃事件が発生して、間もなく1カ月が経とうとしている。捜査が進められるなか、山上徹也容疑者(41)の“減刑”を求める署名が7月15日ネット上で始動。8月1日時点で4000人を突破し、その動向に注目が集まっている。

この署名活動は、署名サイト「Change.org」上で検察長官宛に開始されたもの。同サイトでは山上容疑者の減刑を求める理由として、《過酷な生育歴》《本人が非常に真面目、努力家であり、更生の余地のある人間である事》を挙げている。

「山上容疑者は幼少期に父親を亡くしています。母親は’90年代に旧統一教会世界平和統一家庭連合)に入信し、多額の献金をした末に’02年に自己破産。山上容疑者は奈良県有数の進学校に通っていましたが、家庭の経済破綻によって大学進学を断念しました。高校卒業後は海上自衛隊に入隊しましたが、わずか3年で退職。それ以降は、派遣社員アルバイトとして職を転々としてきたそうです」(全国紙記者)

同サイトには、こうした生い立ちの山上容疑者を同情する声が寄せられている。

《彼には恨みだけの人生を歩んで欲しくない》
《山上徹也の人生は、かわいそうだったと思う。人生やり直して欲しいと思う。もう一度チャンスをあげたい》

山上容疑者を擁護する動きは署名活動だけにとどまらず、他方面でも“持ち上げる”風潮が生まれているという。

ネット上では一部の人たちの間で、山上容疑者の容姿を“塩顔イケメン”と褒めそやす声も上がっているのです。そして、山上容疑者の生い立ちに思いを馳せ、“家庭環境に問題がなければ今ごろ幸せな生活を送ることができたのかも”と哀れんでしまうそうです」(ITジャーナリスト

さらに国を越えた中国では、山上容疑者が“フィギュア化”されたというのだ。

「犯行当時の山上容疑者を模したもので、半袖シャツに肩からカバンを斜めにかけ、手製銃を持つ姿が再現されました。事件直後に中国のネット上で販売されたそうですが、中国だけでなく日本からも“不謹慎”と炎上する事態に。制作会社はフィギュアを販売中止し、《国際的な問題になってしまい、悪影響を与えたこと深くお詫びを申し上げます》と謝罪文を発表しました。中国ではフィギュア化だけにとどまらず、犯行当時の山上容疑者のコスプレをする人まで出現したそうです」(前出・ITジャーナリスト

山上容疑者の刑事責任能力を調べるための鑑定留置は、7月25日に始まったばかり。報道によると鑑定は11月29日まで続き、奈良地検は鑑定結果を踏まえて起訴するかどうかを判断するという。

「山上容疑者を擁護する人たちのなかには、彼と同じように“近親者が宗教に傾倒したことで苦労した”という声が散見されます。他にも、“山上容疑者が事件を起こしたことで政治家と旧統一教会の癒着が露見した”と肯定する意見もあります。

しかし、山上容疑者が安倍元首相を殺害したことは事実ですし、許されることではありません。奈良地検は慎重に刑事手続きを進めています。ましてや求刑すらされていない段階で、“減刑”を求めるのは性急と言えるでしょう。また、政治家と旧統一教会の問題も、冷静に追及されるべきだと思います」(前出・全国紙記者)

山上容疑者を“持ち上げる”風潮に、ネット上では「待った」と制止する声が上がっている。

《事件の背景には同情する面もあります けど、求刑すらされていない段階での減刑の署名って…。確かに容疑者は被害者だった人物かも知れないけど殺人という事実の刑罰は本人がどう受け取るかであって今、擁護するべきではないと思う》
《「テロ」実行犯を英雄視するのは同意できないな。たとえ“宗教二世”で恵まれない境遇だとしても、罪は罪。模倣犯を出さないためにも情緒に流されてはダメ》



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【山上容疑者 減刑署名が4000人超え、中国ではフィギュア化…行き過ぎた“持ち上げる”風潮に「待った」の声】の続きを読む


安倍元首相を銃殺した山上徹也容疑者(41)のものと思われるツイッターアカウントが、7月17日明らかになった。
一部のツイートテレビ・新聞でも報道されているが、全ツイートを読んでみると、予想しなかった彼の心象風景がうかがえて、とても興味深い(7月19日現在、アカウントは凍結されている)。

もちろん彼の凶行は許されないが、読んでいて胸が痛む投稿も。一部で彼に共感する反応があることに危険も感じる。
いくつかの“特徴”をツイートと共に挙げてみよう。

◆文章が整っている

「オレが憎むのは統一教会だけだ。結果として安倍政権に何があってもオレの知った事ではない」(2019年10月14日)で始まり、2022年6月30日まで続く、1363件のツイート
(現在名称は「世界平和統一家庭連合」だが、ツイートに従って「統一教会」とする)

後述するように、“アンチ自民党”どころかネトウヨ的な発言が多いのだが、文章がまともなことに驚く。一般にツイッターは罵詈雑言や陰謀論、誤字・誤用でメタメタなものも多いが、山上容疑者のツイートには、そういうものがほとんどないのだ。

自民党・安倍元首相への評価がポジティブ

奇妙なことに、山上容疑者のtwitterに安倍元首相に批判や憎悪をぶつける投稿はほとんどない。むしろ「アベガー」=アンチ安倍勢のツイートに、反論するケースが目立つのだ。(以下、「 」内は山上容疑者のツイート

===============
・(他者の<伊藤詩織さんの話知ってて安倍政権を支持できる人は人間じゃない>とするツイートに対して)
「ところが安倍首相辞任に各国首脳から賞賛と惜別の声多数。BBCで放送されて『知らなかった』もないだろう。世の中そんなもん。1イシューで動くのは限られた人間だけ。」(2020年9月23日)

・「自民党が完全無欠とは全く思わないが #自民党に殺される なんて言ってる連中の傲慢さ、不誠実、真摯さの欠如を見ると野党に投票する気が本当に失せる。奴等が本当に破壊したいのは自民党ではなく自民党を支持した国民だという事を嫌でも思い出さざるを得ない。」(2020年11月15日)

・(安倍政権の対ロシア外交を批判する弁護士ツイートに対して)
「下らないねえ。安倍の味方する気もないが、(中略)当のウクライナですら開戦数日前まで「侵攻はない」と言っていた戦争の数年前に行った友好的外交の責任を取れと。安倍憎しの最初にありきが見え見えの愚論」(2022年3月23日)
===============

山上容疑者は、2020年9月2日には、安倍首相(当時)の写真を見て、「写真が統一教会の大会そのもの。どこまで入り込んでいるのか…」とツイートし、両者の“関係”を知っていたはず。また、2021年9月、教会の関連団体「天宙平和連合」に安倍首相が寄せたビデオメッセージで犯行を決意した、と供述しているという(これに関するツイートはない)。
ところが、教会との関係を知った2022年3月時点でも、上のように安倍元首相を擁護しているのだ。

事件当初、「“サヨク”の安倍叩きに影響された犯行」と言う識者がいたが、これは全く的外れだった。山上容疑者はむしろ、“反サヨク”である。

◆家族との葛藤、自分を責める面も

父が自死、母が統一教会に巨額献金、病気だった兄も自死…。だが、一家を自己破産に追い込んだ母を責めるというより、家族を救えなかった自責の念もかいまみえる。

===============
・「三人兄妹の内、兄は生後間もなく頭を開く手術を受けた。10歳ごろには手術で片目を失明した。障碍者かと言えば違うが、常に母の心は兄にあった。妹は父親を知らない。オレは努力した。母の為に。」(2019年12月7日

・「最も救いがないのは、母を殺そうとした祖父が正しい事だ。オレは母を信じたかった。それ故に兄と妹とオレ自身を地獄に落としたと言われても仕方がない。」(2019年12月7日

・「これで自分が札付きの不良でもあったなら自分が悪かったと思いようもあるが、健気にも母親を支えようとするよく言えば優等生的、悪く言えば自我の希薄な子供だった自分からすれば悪夢としか言いようがない。」(2020年12月11日)
===============

◆パッと見、ネトウヨのような発言

山上容疑者のアカウントだと知らなければ、「よくいるネトウヨ」に見えるだろう。反韓やミソジニー(女性嫌悪)のツイートも多い。

===============
・「ネトウヨお前らが嘲る中にオレがいる事を後悔するといい。」(2019年12月7日

・「世はヘイトだ差別だ喧しいが、統一教会というものを知れば知るほど、その異常性の発生源に民族から切っても切り離せないもの、民族性と言うしかない物が通底している事に気付くだろう。」( 2019年10月14日

・「在日差別に反対する場合に最も必要なのは、明確に韓国・北朝鮮と対決する姿勢。もはや友好国ではなく敵国なのだという認識。」(2021年12月28日

・「オレは物言う女が気に食わないのではない。『女に対する侵害だから他の事は捨象する』みたいな風潮が著しくアンフェアだから言ってる。」(2021年4月1日
===============

統一教会を生んだ国だからといって、韓国自体を憎むのはやはり歪んでいる。
また、フェミニズム的な言説にもいちいちカラむ。41歳・独身の山上容疑者は、家庭崩壊で今まで恋愛どころではなかったのかもしれないが、その鬱屈を「女性」全体に向けているように見える。

◆「誰も助けてくれない」という孤立感

統一教会についてかなり調べている山上容疑者は、被害弁護団などの支援活動も知っていたのではないか。2004年には、ある相談機関にメールを送っていたという報道もある。だが、ツイートからは、孤立感を深めていった様子がうかがえる。

==========
・(統一教会2世=信者の子=が辛さを告白したツイートに対して)
2世の苦しみか。 実に下らない。親を殺してニュースになる2世が現れて統一教会の名が出れば許してやろうかとも思うが。」(2021年5月18日

・(友人の自死を嘆くツイートに対して)
「誰にも助けられない問題はある。どこまでも個人が背負うしかない問題。アイデンティティの問題。それこそが尊厳。」(2021年5月1日

・(コロナ禍でうつ状態になった大学生の記事に対して)
「言っちゃ何だがオレの10代後半から20代初期なんかこれ以下だよ。社会問題として支援が呼び掛けられる様は羨ましいとすら思う

「正直に言うと震災の時すらそう思った。肉親を失い生活基盤を失い病むのは同じでもこれだけ報道され共有され多くを語らずとも理解され支援される可能性がある。何て恵まれているのだろう、そう思った」(2021年2月28日
============

コロナ禍や災害に比べて、宗教団体への献金は「自らやっている」と自己責任論でかたづけられやすい。その中で、山上容疑者は「誰も助けてくれない」という思いを募らせていったのかもしれない。

◆『ジョーカー』への共感

山上容疑者は当初、韓鶴子・世界平和統一家庭連合総裁の殺害をくわだてていた。その来日前日に映画『ジョーカー』(2019年10月4日、日米公開)を見たらしく、ツイートでも何度か『ジョーカー』に言及している。

============
・「オレがJOKERを観たのは鶴子がやって来る前日、名古屋でだった」
コロナ渦jokerも隔世の感がある。今年はおそらく鶴子は来ないだろう。それはオレにとって吉か凶か」(2020年8月12日

・「原作やダークナイトの純粋な『悪』というジョーカーから考えるとアーサージョーカーではない、というのはあり得る。彼はジョーカーに扮した後でも、自分ではなく社会を断罪しながら目に浮かぶ涙を抑えられない。悪の権化としては余りにも、余りにも人間的だ」(2019年10月16日
============

韓鶴子総裁は、2019年10月5〜6日に名古屋で行われた教会イベントに参加、山上容疑者は「火炎瓶を持って会場に行ったが入れなかった」と証言しているという。その前日というから、既に犯行を決めて名古屋入りしてから、『ジョーカー』を公開初日か2日目に見たわけだ。
この映画は、親や社会から徹底的に踏み付けにされたアーサーが、悪の権化ジョーカーに変貌するまでを描いた傑作だ。「目に浮かぶ涙を抑えられない」ジョーカーに、山上容疑者が深く共鳴したことがうかがえる。

ちなみに、2019年10月5日の教会イベントでは自民党細田博之現・衆議院議長らが祝賀スピーチを行い、6日には日本の地方議員約200名が出席したという(現代ビジネス、2022年7月14日)。

◆教会は山上家に「哀憐の情」

世界平和統一家庭連合は、献金は自主的なものというスタンスで、「魂の救済を本旨とする宗教団体の立場からは、山上家庭を襲った悲劇に対しては哀憐の情を禁ずることができません」 とホームページに記している(2022年7月17日)

今回は速報的にツイートの紹介をしたが、そこに表れた心理や問題について専門家に話を聞いてみたい。彼のように絶望した人が、凶行に至る前に踏みとどまるためにも…。

<文/日刊SPA!取材班>



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【山上容疑者の全ツイートに衝撃。ネトウヨで“安倍シンパ”、41歳の絶望】の続きを読む


代替テキスト
(写真:共同通信

安倍晋三元首相(享年67)の銃撃事件が発生してから、2週間が経った。

事件の捜査が進められ詳細が徐々に明らかになっていくなか、ネット上では殺人容疑で送検された山上徹也容疑者(41)の「減刑」を求める署名が立ち上げられ物議を醸している。

「山上容疑者は2本の金属パイプを束ねた手製銃で、奈良市内で街頭演説中の安倍元首相を背後から銃撃。安倍元首相は銃撃される前日に岡山で演説を行っており、山上容疑者はそこにも訪れていました。しかし山上容疑者は『岡山では近づけなかった』と供述しており、翌日に奈良市で安倍元首相の演説が行われることを知り犯行に及んだといいます。

現段階で、山上容疑者は勾留期限が延長されたばかり。裁判員裁判が想定される公判では精神状態が争点となる可能性もあるため、奈良地検は刑事責任能力を調べるために精神鑑定を実施する方針だといいます」(全国紙記者)

山上容疑者の「減刑」を求める署名を立ち上げたとされる人物は、15日に立ち上げに際してTwitter上で《山上容疑者の非常に辛かった生育環境、境遇に対しての情状酌量、また、非常に真面目で努力家な人柄であり更生の余地が大きい事を訴える署名です。いかなる理由でも殺人を肯定するものではありません》と呼びかけている。

署名サイト「Change.org」内に立ち上げられた検察庁長官宛ての署名には、すでに賛同者が180人を超えている(21日22時30分時点)。

同サイトでは山上容疑者について、「過酷な生育歴を鑑みての温情」「本人が非常に真面目、努力家であり、更生の余地のある人間である事」の2点を主張。山上容疑者が“精神的、金銭的苦悩を抱きながらも真っ当に生きよう努力していた”として、次のように呼びかけている。

《親の信仰によって、生活も精神も追い詰められる人が非常に多いです。このような状況で物心ついた時から生活していた山上徹也容疑者に、どうか寛大な見解をお願いします》

「山上容疑者は『母親が特定の宗教団体に多額の献金をし、破産したことから団体に恨みを抱いた』と供述。7月11日に『世界平和統一家庭連合』(旧統一教会)が会見を開き、山上容疑者の母親が信者だったことを明かしました。

警察の調べや山上容疑者の親族の証言によると、山上容疑者は幼い頃に父親を亡くしており、そのことを機に山上容疑者の母親は同団体に入会。献金額は総額で約1億円にも上ったといいます。’02年には自己破産したものの、その後も献金を続けていたそうです。

こうした経済破綻によって、山上容疑者は大学進学を断念。母親が自己破産した年に海上自衛隊に入隊しましたが、わずか3年で退職。その後は、アルバイト派遣社員として職を転々としていたと聞いています」(前出・全国紙記者)

不遇の人生を歩んできたことが報じられている山上容疑者だが、自らの手製銃で安倍元首相を殺害したのは事実。加えて、起訴もされていない段階で「減刑」を求める署名に対して、Twitter上では懐疑的な声が上がっている。

《減刑も何もまだ起訴すらされていない。山上容疑者に更生の可能性があることは認めます。しかし被害者である安倍晋三さんは彼が更生したところで生き返る訳ではない。殺人の被害者永遠に被害者のままです》
《減刑が犯罪者の為になるとは限らない。犯罪者が自分の犯した罪と向き合う機会を減らしてしまう可能性も有るから。罪をシッカリと償ってこそ更生することが出来るのでは》
《他の似たような原因で罪を犯した人には何もしないのに、山上容疑者だけ減刑を求めるとか不公平としか言えませんね》
《どんな理由があろうと、犯罪やテロは許されないし、お気持ちで司法を歪めるなど論外です。例外を作れば司法が歪みます》



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【安倍氏を銃撃した山上容疑者の“減刑”求める署名が始動も「まだ起訴前」「お気持ちで司法歪める」と物議】の続きを読む


安倍元首相銃撃 山上容疑者の母「旧統一教会に迷惑かけ申し訳ない」


安倍元首相銃撃 山上容疑者の母「旧統一教会に迷惑かけ申し訳ない」
安倍元総理大臣が奈良市で演説中に銃で撃たれて死亡した事件で、逮捕された容疑者の母親が「世界平和統一家庭連合」、旧統一教会に迷惑をかけて申し訳ないという趣旨の話をしていることが、親族への取材でわかりました。

容疑者は、この宗教団体に恨みを募らせて事件を起こしたとみられ、警察はさらに詳しいいきさつを調べています。

今月(7月)8日、奈良市で演説をしていた安倍元総理大臣が銃で撃たれて死亡した事件で、警察は、奈良市に住む無職、山上徹也容疑者(41)を逮捕して殺人の疑いで捜査しています。

容疑者は「母親が旧統一教会にのめり込み、多額の寄付をするなどして家庭生活がめちゃくちゃになった」と供述していて、恨みを募らせた末に安倍元総理大臣が近しい関係にあると思って事件を起こしたとみられています。

容疑者の母親は検察の聞き取りに対して、今回の事件で旧統一教会を批判にさらして迷惑をかけてしまい申し訳ないという趣旨の話をしていることが、立ち会った親族への取材でわかりました。

親族によりますと、検察の聞き取りはこれまで2回行われていますが、母親は質問を受けて答え始めるまで10分以上かかることもあったということです。

また、事件前、母親は「死んだ夫の霊がさまよっていて、献金するとしかるべき所におさまる」と話していて、息子である容疑者と献金をめぐっていさかいがあったということです。

警察は、母親と宗教団体の関係を含め、さらに詳しいいきさつを調べています。

「世界平和統一家庭連合」、旧統一教会はNHKの取材に対し、「当法人が十分に支えきれ..

【日時】2022年07月22日 16:51
【ソース】NHK

【安倍元首相銃撃 山上容疑者の母「旧統一教会に迷惑かけ申し訳ない」】の続きを読む

このページのトップヘ