小室圭


小室さん夫妻 国民が納得する「帰国のタイミング」と「帰国理由」


小室さん夫妻 国民が納得する「帰国のタイミング」と「帰国理由」のウルトラCを探る宮内庁
7月予定のニューヨーク州の司法試験で「3度目の正直」を期す小室圭さん(30)。2度目は「5点足りず」に不合格となったが、万が一、3度目も不合格となれば、日本への帰国の可能性が高まるのではないかと、宮内庁側はシミュレーションを始めているという。結婚の際に国民から多くの反発があっただけに、それなりの理由なしに帰国となれば、新たな反発が生まれる可能性も小さくない。ウルトラC的な解決案はあるのだろうか。

 いささか不謹慎ではあるが、可能性としては3度目の試験もパスできないこともありえるので、宮内庁側はシミュレーションをせざるを得ないのだろう。その場合に想定されるのは、法律助手として勤務する法律事務所からの解雇通告だ。

「過去2度にわたって不合格でも事務所が小室さんを採用し続けているのは、法曹資格を取得する前提でとされています。その条件が実際にあるとして、どれくらい猶予期間があるのかと言うと、そう長くはないのではないかと見る人が宮内庁の中には多いようです」

 と、担当記者。

 となると、これまで以上に「どうやって生活していくのか」という問題と向き合わざるを得ず、帰国を余儀なくされるのではないかというシナリオがあるのだという。

【日時】2022年07月05日 06:00
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】

【小室さん夫妻 国民が納得する「帰国のタイミング」と「帰国理由」】の続きを読む


小室圭さん司法試験に「3回目が不合格なら2人は帰国の予定」との見方を強める宮内庁


小室圭さん司法試験に「3回目が不合格なら2人は帰国の予定」との見方を強める宮内庁
 アメリカ・ニューヨーク州の司法試験にチャレンジする小室圭さん(30)。昨年5月、今年2月と、2度続けて不合格となり、来月、7月の「3度目の正直」が悲願となっている。その一方で宮内庁は「3度目の不合格」に備えて動き始めているという。

「宮内庁だけではありませんが裏方やロジスティックを担当する部門は最悪の中のさらに最悪を想定してシミュレートするのが常です。今回の圭さんのチャレンジについても、3度目の正直ではなく2度あることは3度ありそうだという前提のもと準備を進めてきたと言います」

 と、担当記者。

「過去2度とも、合格の可能性は高いと見られていた中でああいった結果でしたので、今回はさらに慎重にコトに当たっている様子です」(同)

 具体的にどういったシミュレートを重ねているのだろうか。

「今回うまくいかなかったら一時的なものも含めて帰国するかどうか、という点はとても大事です。宮内庁はある程度、“2人は帰国する可能性があるのではないか”と見込んでいるようです」(同)

【日時】2022年06月21日 06:00
【ソース】デイリー新潮

【小室圭さん司法試験に「3回目が不合格なら2人は帰国の予定」との見方を強める宮内庁】の続きを読む


小室圭さん・眞子さん「ニューヨーク・家賃55万円生活」…東京なら「港区・タワマン暮らし」が実現


小室圭さん・眞子さん「ニューヨーク・家賃55万円生活」…東京なら「港区・タワマン暮らし」が実現
ニューヨークでの家賃55万円の新婚生活が話題になっている、小室圭さん・眞子さん。物価の高いニューヨークであれば、そこまで贅沢ができないとされていますが、日本であれば……みていきましょう。

■東京・青山・30万円の仮住まいから、ニューヨーク・家賃55万円生活へ
結婚から7ヵ月。いまだに一挙手一投足が注目される、小室圭さん・眞子さん夫妻。その結婚生活は、スタート時から波乱でした。

2021年10月26日、ふたりで結婚記者会見を行うと、お祝いムード満点で報じるメディアがあれば、批判的な立場で一貫しているメディアまで、受け止め方はさまざまでした。

そして夫婦がまず仮住まいとして身を寄せたのが、港区・青山、東京メトロ銀座線「外苑前」から5分ほどにある、全72室のサービスアパートメント。1泊でも長期滞在にも利用できる、家具家電付きの宿泊施設でした。

部屋はスタジオタイプから、1ベッドルーム、2ベッドルーム、3ベッドルームで構成されていますが、およそ2週間の滞在で1ベッドルームの部屋に滞在していたとしたら、およそ30万円ほどです。

そして11月14日に羽田からニューヨークへと出発したふたりが新居として選んだのは、マンハッタン・ヘルズ・キッチン地区、総戸数392のアパートメントだとされています。

ヘルズ・キッチンは、クリントンやミッドタウン・ウエストとも呼ばれるエリアで、昔はギャングが多く集まり、アメリカ大陸で最も危険な地域といわれていました。現在では治安は回復し、多くの多国籍レストランが集積する街として人気を集めるように。また多くの高層ビルディングが建ち並ぶミッドタ..

【日時】2022年06月12日 11:16
【ソース】幻冬舎ゴールドオンライン
【関連掲示板】

【小室圭さん・眞子さん「ニューヨーク・家賃55万円生活」…東京なら「港区・タワマン暮らし」が実現】の続きを読む


小室佳代さんが心待ちにする圭さんの「3度目の正直」と「クルーズ船旅行のプレゼント」


小室佳代さんが心待ちにする圭さんの「3度目の正直」と「クルーズ船旅行のプレゼント」
■前代未聞の書籍で蒸し返されて
7月のニューヨーク州の司法試験で「3度目の正直」を期す小室圭さん(30)。母の佳代さんもそれを望む1人であることは間違いないだろう。愛する息子が法曹資格を得ることで、佳代さんが待ちわびる「クルーズ船」旅行が近づくということもあるのか――。

 昨年11月に小室圭さんと眞子さんが渡米して以降、圭さんの母・佳代さんの動向が伝えられることはほとんどなかった。しかし、秋篠宮さまに直接取材したジャーナリストが、その肉声をまとめた『秋篠宮』(小学館)が今年5月に上梓されたことで、また金銭トラブルの頃のことも含めて注目を集めるようになった格好だ。

 同書をめぐっては、佳代さんと元婚約者との金銭トラブルについて秋篠宮さまが「全て、小室家の話だ。秋篠宮家は、まったく関係ない」などと語ったとされるシーンも登場する。ハイライトとも評される場面だ。

「そうですね。この場面は、書籍の中でもかなり強調されていたように感じました。長女が嫁いだ家のことを批判する文言にも受け取ることができ、穏やかではないと見る宮内庁の人間も少なからずいました。確かに“まったく関係ない”のかもしれませんが、すでにトラブルは解決し、2人も結婚した後で、敢えてこの場面に触れる必要があったのか首を傾げる幹部もいました」

 と、担当する記者。

【日時】2022年06月09日 06:00
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】

【小室佳代さんが心待ちにする圭さんの「3度目の正直」と「クルーズ船旅行のプレゼント」】の続きを読む


小室圭さん・眞子さん「元々は血税だから」のネット批判は「日本の皇室」を変えるか


小室圭さん・眞子さん「元々は血税だから」のネット批判は「日本の皇室」を変えるか
なかなか批判が止まることのない小室圭さん・眞子さん。その元凶は「国家予算で運営されている」という皇室の在り方に及んでいます。みていきましょう。

■すべて国家予算で運営される、日本の皇室
米国・ニューヨークに渡ってから半年が過ぎた、小室圭さん・眞子さん夫婦。紆余曲折あり、批判も多かった結婚も、眞子さんが皇室を離れ民間人となり、さらに日本を離れたら忘れ去られる……そう思った人も多かったかもしれませんが、なかなかそうはいかないよう。

批判の中心は、ニューヨークでの生活費。圭さんは現在、法律事務所の事務員として働きながら三度目の弁護士試験を控える身。その年収は600万円ほどといわれています。眞子さんはメトロポリタン美術館に就職したと報じられましたが、ビザの関係で無給だという見方が強いようです。

それに対して、二人が住むアパートメントの家賃は年間660万円と報じられ、それだけで赤字。眞子さんが皇室を離れる際、一時金を辞退されているので、ニューヨーク生活を支えるのは、眞子さんの貯蓄だとみられています。この貯蓄、「元々は国民の税金なのに、それでニューヨーク生活とはけしからん!」と、批判にさらされているわけです。

戦前の皇室は莫大な資産を保有し、GHQの発表では、当時の金額で16億円ほど、現在の価値で3,000億円ほどあったとか。国土交通省が発表する公示地価から算出した皇居の土地価格は時価40兆円程度といわれていますし、さらに赤坂や栃木県・那須、神奈川県・葉山など、いまなお多くの資産を保有しています。ただその資産を活用できるわけではなく、基本的に皇室..

【日時】2022年06月11日 11:16
【ソース】幻冬舎
【関連掲示板】

【小室圭さん・眞子さん「元々は血税だから」のネット批判は「日本の皇室」を変えるか】の続きを読む

このページのトップヘ