吉村知事


”大阪ワクチン”開発中止に。2020年3月から開発を進めてきたが効果を確認出来ず、75億円の補助金が無駄


”大阪ワクチン”開発中止に。2020年3月から開発を進めてきたが効果を確認出来ず、75億円の補助金が無駄
大阪大発の製薬ベンチャー、アンジェスがコロナワクチン開発中止

大阪大発の製薬ベンチャー「アンジェス」(大阪府茨木市)は7日、
新型コロナウイルスワクチンの開発を中止したと発表した。
2020年3月から開発を進めてきたが、臨床試験で効果を確認できなかったという。
山田英社長は「安全性に問題はなかったが、
期待した水準に至らなかった」とコメントした。

ウイルスの遺伝情報をDNAによって体内に送り込む「DNAワクチン」の開発を目指し、
国内メーカーとして初めて治験を実施。これまで、厚生労働省などから約75億円の
補助金を受けた。20年4月に吉村洋文・大阪府知事が「(20年)9月にも実用化したい」
と発言したことで注目を集めた。

【日時】2022年09月07日 21:26
【ソース】毎日新聞

【”大阪ワクチン”開発中止に。2020年3月から開発を進めてきたが効果を確認出来ず、75億円の補助金が無駄】の続きを読む


「立憲政権まっぴらごめん」 維新・吉村共同代表が「次の内閣」批判


「立憲政権まっぴらごめん」 維新・吉村共同代表が「次の内閣」批判
立憲民主党が発表した「ネクストキャビネット(次の内閣)」について、日本維新の会の吉村洋文共同代表(大阪府知事)は13日、「立憲民主党による政権はまっぴらごめん。全く信用できない」と批判した。

立憲は13日の両院議員総会で次の内閣を決定した。泉健太代表がネクスト首相を務め、玄葉光一郎元外相がネクスト外務・安全保障相、長妻昭政調会長がネクスト官房長官にそれぞれ就く。また、参院選後の新執行部では幹事長に岡田克也元副総理、国対委員長に安住淳元財務相が就任するなど、旧民主党政権時代への「先祖返り」も指摘されている。

こうした陣容について、吉村氏は「民主党政権で大失敗している。そして古株が幹事長で、実質そうした人がキャスチングボートを握るような政党だ。次の内閣と言っても何の期待もできない」と述べた。

【日時】2022年09月13日 15:45
【ソース】毎日新聞

【「立憲政権まっぴらごめん」 維新・吉村共同代表が「次の内閣」批判】の続きを読む


空飛ぶ車(そらとぶくるま、英: Flying car)は、飛行能力と走行能力の両方を兼ね備えた乗り物、もしくは個人が簡単に利用できる空飛ぶ乗り物。 フランスのイラストレーターアルベール・ロビダは、1882年に発表した『オペラからの帰宅』の中で空飛ぶ車に乗って移動する2000年の人々を描いた。ロビダ
17キロバイト (1,954 語) - 2021年11月17日 (水) 12:47

1 スペル魔 ★ :2022/03/24(木) 12:40:48.62

2025年、大阪・関西万博で運航開始を目指す「空飛ぶクルマ」の実現に向けた「ロードマップ」が公開されました。

 「空飛ぶクルマ」は電気で動いて垂直に離着陸し、自動操縦ができる「新しい移動手段」と言われていて、現在、開発が進んでいます。

 先週、経済産業省などが「夢洲と関空」など9つの路線を候補とし、1時間に20便程度を目標とする運航計画案を示していました。

 23日、大阪府と民間企業がつくる組織が公開した「ロードマップ」では、来年度にも「離着陸場」の設置に取り掛かり、2025年の万博での運航開始を目指すとしています。

 (大阪府・吉村洋文知事)「ここ大阪の地において『空飛ぶクルマ』、これを必ず実現したい。絵空事ではなくて着実に実現させていく、これが重要」。

ロードマップには、2030年ごろ、都市部を中心に「日常的に使えるサービス」に。

 2035年ごろには、地方を含めた広いネットワークでの運航を目指すことも盛り込まれました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/49fe723d428899516de9f1cbf4b1735f193eb905


【維新・吉村はん「空飛ぶクルマ、必ず実現したい。絵空事ではない。着実に実現させていく」【大阪万博】】の続きを読む


【第7波が来たらどないすんねん!!】大阪府医師会会長が吉村知事に物申す


大阪府医師会会長が吉村知事に物申す「コロナ第7波が来たら、どうするねん?」
岸田文雄首相は全国の18都道府県に発出されているまん延防止等重点措置を3月21日で全面解除する方針を発表した。大半の都道府県が解除となっていた中、最後まで解除の判断が難航したのが大阪府だった。

 吉村洋文知事は記者会見で「(新規感染者数が)減っていることは間違いないが、再び増えることも考えられる」としていた。

 大阪府は16日、新型コロナウイルス対策本部会議を開催。専門家らの意見を聞いて、吉村知事は解除の方針を決めた。だが、当日大阪府から配布された専門家の意見表明の資料を見ると、かなり厳しいものもある。

<3月15日現在、重症病床 54%、軽症・中 等症病床 63%と依然として高く、病床のひっ迫状態から脱却したとは言い難い。(中略)4 月上旬までは、マンボウを延長するか、仮にマンボウ解除するにしても、飲食店に関しては、酒類提供の時間制限などの制約は残した方が良いのでないか>

<死亡分析において 7 日以内の死亡割合が多いことは、特に高齢者においてワクチン3回目追加接種が未だ十分に進んでおらず、特に高齢者施設において初期治療が適切に行われていない患者さんが死亡の転帰になっている>

<次なる第7波に向けて直ちに備えないとすぐにまん延防止等重点措置を再度要請する事態になりかねない。その点を十分に理解し、今回解除とするかどうかを慎重にご判断いただきたい>

 このようにまん延防止等重点措置を解除しても大丈夫なのかと、首をかしげるような内容の意見が多々、見られた。専門家会議の委員でもある大阪府医師会の茂松茂人会長がAERAdotの取材にこう話す。

「大阪府では..

【日時】2022年03月18日 15:39
【ソース】AERA dot.

【【第7波が来たらどないすんねん!!】大阪府医師会会長が吉村知事に物申す】の続きを読む

このページのトップヘ