司法試験


小室圭さん司法試験に「3回目が不合格なら2人は帰国の予定」との見方を強める宮内庁


小室圭さん司法試験に「3回目が不合格なら2人は帰国の予定」との見方を強める宮内庁
 アメリカ・ニューヨーク州の司法試験にチャレンジする小室圭さん(30)。昨年5月、今年2月と、2度続けて不合格となり、来月、7月の「3度目の正直」が悲願となっている。その一方で宮内庁は「3度目の不合格」に備えて動き始めているという。

「宮内庁だけではありませんが裏方やロジスティックを担当する部門は最悪の中のさらに最悪を想定してシミュレートするのが常です。今回の圭さんのチャレンジについても、3度目の正直ではなく2度あることは3度ありそうだという前提のもと準備を進めてきたと言います」

 と、担当記者。

「過去2度とも、合格の可能性は高いと見られていた中でああいった結果でしたので、今回はさらに慎重にコトに当たっている様子です」(同)

 具体的にどういったシミュレートを重ねているのだろうか。

「今回うまくいかなかったら一時的なものも含めて帰国するかどうか、という点はとても大事です。宮内庁はある程度、“2人は帰国する可能性があるのではないか”と見込んでいるようです」(同)

【日時】2022年06月21日 06:00
【ソース】デイリー新潮

【小室圭さん司法試験に「3回目が不合格なら2人は帰国の予定」との見方を強める宮内庁】の続きを読む


司法試験不合格の小室圭さん、ビザは結局「眞子さん」頼り? 就労せずに在宅浪人の可能性が


司法試験不合格の小室圭さん、ビザは結局「眞子さん」頼り? 就労せずに在宅浪人の可能性が
ビザの当選率は26%
 ニューヨーク州司法試験に再挑戦した眞子さんの夫・小室圭さんが、またしても不合格となった。引き続き国際弁護士を目指すというが、そこに立ちはだかるのが「滞在ビザ」という壁だ。現在1年限定の就労許可を得ていると見られる小室さんは、遅くとも7月にはその期限が切れてしまう。今後は別の資格を取得する必要が生じるというが――。

小室さんのビザについては、勤務先の法律事務所「ローウェンスタイン・サンドラー」が高度な知識が必要な職業が対象となる「H-1Bビザ」を申請するのではと見られてきた。しかし、当選率は26%と狭き門。抽選に漏れた場合には、先ごろ、メトロポリタン美術館(MET)で、無給ながら仕事に携わり始めたと報じられた眞子さんに頼ることになりそうだという。

眞子さんは就労が認められない「配偶者ビザ」を取得しているとされるが、

「小室さんがビザを取得できない場合、反対に眞子さんがMETに就職してビザを取るケースも考えられます。その場合は『O-1ビザ』という、ある分野で卓越した上位数%の能力を持つ人が取得できるビザが想定されます」(ニューヨーク州弁護士のリッキー徳永氏)

「ロイヤルファミリーであることは有利に働く」

抽選枠がない「O-1ビザ」は、申請して能力や実績が水準に達していれば許可され、例えばイチローや大谷翔平クラスがこれに該当するとされている。「ロイヤルファミリーであったことは有利に働くでしょう」と徳永氏は言う。

もっとも眞子さんがO-1ビザを取得し、小室さんがその配偶者ビザを得た場合、就労は不可となり在宅の司法浪人になって..

【日時】2022年04月20日
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】

【司法試験不合格の小室圭さん、ビザは結局「眞子さん」頼り? 就労せずに在宅浪人の可能性が】の続きを読む


小室 (こむろ けい、1991年〈平成3年〉10月5日 - )は、秋篠宮文仁親王第1女子小室眞子(旧名:眞子内親王)の配偶者。法務助手(英語版)として、ニューヨークの法律事務所に所属する。フォーダム大学ロースクールによる学位は法務博士。 1991年10月5日、神奈川県横浜市に生まれる。小学校は東
50キロバイト (7,183 語) - 2022年4月17日 (日) 01:51

1 冬月記者 ★ :2022/04/19(火) 00:11:01.10

https://social-fill.com/archives/10948

小室圭また大嘘「5点足りず不合格」自己採点難しいNY弁護士試験と今後のカネ


 秋篠宮家の長女眞子さんと結婚した小室圭さんが、NY司法試験再受験を不合格になったと15日に報じられた。

 小室さんは昨年の試験に落ち、今回が2度目の受験。下馬評では「今回も苦しい」という声が多かったが、その通りになってしまった。

 小室さんの留学などを支援してきた弁護士の奧野善彦氏によれば、小室さんから連絡があったとし「合格点に5点足りず、とても無念」「次は7月に挑戦します。しっかり頑張ります」と、不合格の状況と今後も挑戦することを明かしている。

「5点足りなかった」発言も怪しい
 一部では「そもそも受験資格がないのでは」「皇室の援助があるから弁護士ならなくてもいいだろう」などと呆れた声もあったが、どうやら受験資格はあり、弁護士になることは諦めないようだ。

 これまで何年間も騒動の渦中にある小室さんだが、この騒動は不合格によってまだ続くようだ。

 NYで生活するためには弁護士になって「年収2000万円」とも言われる収入が必要になってくる。眞子さんが美術館で働く、というウワサも出ているが……。

「7月に試験を受け、合格発表が10月程度だと考えると弁護士になって収入を得るのはどんなに早くても来年以降となるでしょう。その間の生活はどうなるのか気になるところです。NYの物価を考えても今生活していることすら疑問が出る部分ですからね。


その辺の内情がわからない限り、仮に合格しても祝福はされないでしょう」(メディア記者)

 また「試験後に模範解答が配られることはなく、論述形式の問題が合否を分けるため、完璧な自己採点はできない」という話もある。「5点足りなかった」発言も怪しい?


【小室圭また大嘘? 「5点足りず不合格」 模範解答が配られず、自己採点難しいNY弁護士試験】の続きを読む


小室圭さん弁護士試験に落ちた言い訳がこちら・・・。


「スカイプに夢中で」「5点足りなくて」「遅くまで働いている」 言い訳タラタラの小室圭さん次回の言い訳は…?
今年2月に受けた2回目のニューヨーク州司法試験が、このたびも残念な結果に終わった小室圭さん。誰かが「敗因を教えなさい」と聞いたわけでもなかろうに、報道を見ていると本当に言い訳タラタラだ。この調子だと3回目にダメなら何と言い訳するのだろう、ちょっと邪推してみることにした。

圭さんはそう落ち込んでいるような雰囲気もなく、『デイリー新潮』さんのYahoo!ニュース記事によれば、7月の再挑戦で「3回目の正直」を狙うのだという。つまり日本の国民が収めた税金をジャブジャブと使いながら、月の家賃が50万円の高級アパートメント暮らしがまだ続くということ。今さらだが彼の鋼のメンタル、図太い神経には驚くばかりだ。

そして、なんという往生際の悪い男だろう。圭さんは今回もまた、不合格についての釈明をしたというではないか。私たちは、これで3つの言い訳を聞いたことになる。

■1回目の不合格の理由「眞子さんとのスカイプに夢中だった」
(眞子さんのせいにしていいの?)

■2回目の不合格の理由その1「5点足りなかった」
(実力はあったが、運が味方してくれなかったとでも?)

■2回目の不合格の理由その2「夜遅くまで働いている」
(時間さえ確保できていれば合格していた?)

こんな言い訳を並べる圭さんは、おそらくどこのオフィスにもいる、妙に口達者で嫌われるタイプ。上司や先輩から「うぜぇんだよ、お前のそういうところ!」とピシャリと言われて口をとんがらせる、そんなタイプかもしれない。

だから圭さんは3回目の司法試験に落ちたときにも、きっと言い訳をするだろう。筆者が予想するのはこの5つだ。

「書類に不備があった」「妻の眞子が体調不良で勉強不足だった」「母のことでバタバタだった」「腹をこわして試験に集中できなかった」「3点足りなかった」

…いずれもレベルの低い言い訳だが、本人は何としても「僕は本気を出せばスゴイんです。なので今後もチャンスをください」と訴えることに必死だろう。そんな圭さんをどれほど信頼し、期待し、応援したいと感じているのか、奥野総合法律事務所の奧野善彦氏の本音を伺ってみたいものだ。

それはそれで腹が立つ方もいるだろうが、小室さんについては、最初からしれっと国連本部あたりで仕事に就いていればよかったのにと思うことがしばしばだ。弁護士より給料は少ないだろうが、「眞子さんの旦那さま超逆玉婚ね」くらいの悪口しか言われずに済んだだろう。

眞子さんの「銀行員じゃなくて、医者とか国際弁護士とかの奥さんがいい」などという野心に振り回され、それに従うもことごとく失敗し、日本の国民からは総スカンだ。「私は眞子さんを愛しております」宣言の責任はやはり重い。いばらの道をグングンと進む覚悟で頑張っていただきたいものだ。

画像および参考:『デイリー新潮』小室圭さん、司法試験不合格の背景に「眞子さんとの長時間スカイプ」か

『Yahoo!ニュース』小室圭さん 再受験の弁護士試験、合格点に5点足りず 7月に再々挑戦へ

『Yahoo!ニュース』小室圭さんニューヨーク司法試験「不合格」 周囲に「夜遅くまで働いている」

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)
【日時】2022年04月15日
【提供】エトセトラ・ジャパン
【関連掲示板】

【小室圭さん司法試験に落ちた言い訳がこちらから・・・。】の続きを読む


小室 (こむろ けい、1991年〈平成3年〉10月5日 - )は、秋篠宮文仁親王第1女子小室眞子(旧名:眞子内親王)の配偶者。法務助手(英語版)として、ニューヨークの法律事務所に所属する。フォーダム大学ロースクールによる学位は法務博士。 1991年10月5日、神奈川県横浜市に生まれる。小学校は東
49キロバイト (7,042 語) - 2022年4月15日 (金) 06:44

1 Anonymous ★ :2022/04/15(金) 16:46:21.70

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220415/k10013583491000.html
秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さんと結婚した小室圭さんが、アメリカ・ニューヨーク州の司法試験の結果について、留学などを支援してきた弁護士に不合格だったと明かしたうえで「次は7月に挑戦します。しっかり頑張ります」と伝えたことがわかりました。

小室さんが日本で勤務していた弁護士事務所の所長で、留学なども支援してきた弁護士の奧野善彦さんによりますと、15日午前、小室さんから電話があり、司法試験の結果について「残念ながら落ちました。合格点に5点足りず、とても無念です」と伝えられたということです。

奧野さんが今後どうするのかと尋ねると「次は7月に挑戦します。しっかり頑張ります」と答えたということです。

小室さんは、眞子さんとニューヨーク州の賃貸マンションで暮らしながら、州内の法律事務所で弁護士の助手として働いていて、今の生活について「夜遅くまで働いています」と話していたということです。

ニューヨーク州の司法試験の結果は、日本時間の15日午前0時すぎ、州の司法試験委員会のホームページで発表されましたが、小室さんの名前はありませんでした。

★1:2022/04/15(金) 01:01:44.36
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1650005292/


【【3度目の正直になるか?】小室圭さん、弁護士試験「次は7月に挑戦します。しっかり頑張ります」】の続きを読む

このページのトップヘ