台風14号 大分県で最大瞬間風速50メートル超え


台風14号 大分県で最大瞬間風速50メートル超え
18日(日)午後9時現在、大型で非常に強い台風14号は鹿児島県伊佐市付近を1時間におよそ20キロの速さで北に進んでいます。九州のほぼ全域と四国の一部が風速25メートル以上の台風の暴風域に入っていて、大分県佐伯市蒲江では最大瞬間風速50.4メートルを観測しました。

■台風14号 大分県で最大瞬間風速50メートル超え
大型で非常に強い台風14号は、18日(日)午後9時現在、鹿児島県伊佐市付近を1時間におよそ20キロの速さで北に進んでいます。中心の気圧は940hPa、中心付近の最大風速は45メートルで、中心の北東側260キロ、南西側185キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。現在、九州のほぼ全域と四国の一部が風速25メートル以上の台風の暴風域に入っていて、大分県佐伯市蒲江では午後9時14分に最大瞬間風速50.4メートル(南南東)を観測しました。
瞬間風速50メートルは、平均風速では30メートル以上の猛烈な風で、走行中のトラックが横転したり、多くの樹木が倒れる、電柱や街灯、ブロック塀が倒壊するなどの被害が発生するおそれがあり、屋外での行動は極めて危険です。
台風の接近・通過に伴って、九州では各地で風が強っているうえ、夜で見通しも悪くなっています。身の安全を第一に考え、屋外に出ないようにしてください。

【日時】2022年09月18日 22:32
【ソース】tenki.jp
【関連掲示板】

【台風14号 大分県で最大瞬間風速50メートル超え】の続きを読む