参院選


【お笑い参院選】有名人が続々立候補で囁かれる「ホントのところ」


【お笑い参院選】有名人が続々立候補で囁かれる「ホントのところ」

政党に利用されている部分も

7月10日に投開票の第26回参議院議員選挙。

知名度がそのまま票につながりやすい『参院選』だけに、新人議員候補へ名乗りをあげた、有名人・著名人がお祭り状態だ。

「今回は、超大物はいないが粒揃い。どの候補者もそれなりに話題になっている。しかし “本気度” が感じられる候補者は少なく『当選しなくても今後の糧になれば良い』という者が多い印象」(政治部記者)

ざっと有名人・著名人の立候補者をあげてみよう。

・元おニャン子クラブでお馴染みの生稲晃子(54:自民党・東京選挙区)

・『必殺』でお馴染み大御所俳優の中条きよし(76:維新・比例)

・元オリンピアンの陸上選手、奇天烈キャラで地方議員も務めた松野明美(54:維新・比例)

・ビートたけしの弟子、元『浅草キッド』でタレントの水道橋博士(59:れいわ・比例)

・『五体不満足』がベストセラーで多重不倫騒動も話題となった作家の乙武洋匡(46:無所属・東京選挙区)

・彗星のごとく現れた暴露系ユーチューバー『ガーシー』こと東谷義和(50:NHK党・比例)

自民党という圧倒的に有利な立場から生稲氏、投票に行く層の過半数を占めるという60代以上の層に圧倒的知名度を持つ中条氏の2名は当選確実と見られているが、やはり台風の目はガーシーとなるか。

既に当選確実という有名人も(YouTube『ガーシーCh』より)

「ガーシーは投票の中心となる年配者の知名度は皆無。国政政党とは思えないほどゲリラ的戦略のNHK党というハンデもあるが、それを逆手にとり支持基盤である弱年齢層の票を根こそぎ奪うため、YouTubeで投票の仕方を一からレクチャーする熱の入れよう。一部では当選確実とも言われているが『見えない圧力で票が操作されて落選に』 という不穏な話もある」(政治ジャーナリスト)

『当選は難しい』という状況でも、続々と立候補する有名人・著名人たち。

その狙いは、やはり “売名行為” なのか。

「上手い具合に政党に利用されている部分も多い。特に比例代表制は、その人気がそのまま議席数に反映されるので、ガーシーなんかはまさにその典型的な例。選挙費用は、ある程度公費で賄えるし、政党によっては裏で全額負担を約束している所も。落選しても、その後タレント復帰した時に箔がつくし、講演会とかに引っ張りだこになり立候補前より稼ぐ人が圧倒的に多い」(同前)

政治も選挙も行きつくところはやはり “カネ目的” ということなのか。

結局、今回も懲りずにTBS選挙特番のメインを張る爆笑問題・太田光(57)の『前回以上の超特大炎上』を期待するだけの、“お笑い参院選” となりそうだ。 (溝田潤之輔)

【日時】2022年07月05日 09:23
【提供】覚醒ナックルズ

【【お笑い参院選】有名人が続々立候補で囁かれる「ホントのところ」】の続きを読む


6月22日公示・7月10日投開票の参院選が熱を帯びている。火をつけているのはクセの強すぎる候補者たち。高支持率の政権で与党優勢が囁かれるなか、なぜ立ち上がったのか?今回は乙武洋匡を直撃取材!

コロナ禍での変化に「弱者置き去り」の社会を痛感

パンドラの箱を開けてしまうようで怖かったのですが……弱い立場にある人たちの声が全然届いていなかったことを痛感して黙っていられなくなったんです」

 参院選出馬の理由をこう話すのは、週刊SPA!連載陣としても活躍した作家で教育者としての顔を持つ乙武洋匡氏。

 その「パンドラの箱」は6年前の苦い経験だ。’16年参院選自民党公認候補として出馬する予定だったが、『週刊新潮』が不倫疑惑を報じたことで白紙に……。以来、政治への思いに蓋をしてきたが、コロナ禍を経て再度チャレンジすることを決意したという。

「多くの人が会社に通勤できなくなったり、学校に通えなくなったり、友達とご飯を食べに行けなくなりましたよね。でも、障害を抱えていたり、マイノリティと呼ばれる人たちにとっては“それ”が日常なんです。車いすで東京の満員電車に乗れますか? 病気で長期入院しているコが学校に通って授業を受けられますか?

 少しずつ社会は変わってきたように感じていましたが、コロナで僕らの声は全然届いてなかったことに気づかされました。マジョリティが困難に直面したら、驚くべきスピードで変わっていくんですから。リモートワークの推進に、料理のデリバリーやコンテンツオンライン配信。その変化は嬉しかったけど、僕らは以前から声をあげてきたよね? って複雑な思いがありました。

 弱い立場にある人たちの選択肢を増やして生きづらさを解消したい。そういう気持ちが日に日に強くなっていったんです」

小学生4人が街頭演説で「いじめのない学校を」

 こうして政治活動を本格化させた乙武氏は着実に手応えを感じているという。取材当日も、頻繁に街ゆく人たちと対話し、写真撮影。特徴的なのは、選挙権を持たない層からも支持を集めている点だ。

一方的に話すのでなく、質問を受け付ける双方向の演説をさせてもらっているのですが、最初の街頭演説のときには日本とフランスハーフの方がマイクを持って日本社会におけるハーフの生きづらさを訴えてくださり、あるときは4人の小学生が『せーの』と声を合わせて『いじめのない学校にしたいです』って話してくれました。あの経験は忘れられません。選挙権のない子供たちも政治について考えてくれることは、この先の日本社会やマイノリティにとってもプラスになるはずです」

 無所属での出馬とあって苦戦は必至だが……最も先を見据えた選挙を戦っているのは、乙武氏かもしれない。

乙武洋匡(46)
無所属/東京選挙区 東京都出身。『五体不満足』が大ベストセラーになり、ライター、教育者として活躍の場を拡大。保育園運営にも参画

<取材・文/週刊SPA!編集部>

街頭で演説し、チラシ配りを続ける乙武氏は、頻繁に若者や子育て主婦から声をかけられ、写真撮影に応じていた


(出典 news.nicovideo.jp)

乙武 洋匡(おとたけ ひろただ、1976年4月6日 - )は日本の作家、タレント、YouTuber。NPO法人グリーンバード元新宿代表、東京都教育委員会元教職員。東京都出身。身長106cm、体重40kg。 東京都新宿区出身。先天性四肢欠損(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり、移動の際には
21キロバイト (2,633 語) - 2022年6月23日 (木) 08:47



<このニュースへのネットの反応>

【乙武洋匡、参院選出馬の理由「弱い立場にある人の声が全然届いていなかった」】の続きを読む


参院選出馬の「ガーシー」をドバイで直撃取材したら記者も仰天…「もし当選したら政党助成金で借金を返すぞ」


【独自】参院選出馬の「ガーシー」をドバイで直撃取材したら記者も仰天…「もし当選したら政党助成金で借金を返すぞ」
 動画共有サイトYouTubeで芸能人のスキャンダルを暴露し続けている「ガーシー」こと東谷義和氏(50歳)が、今日公示の参院選に出馬する。立花孝志氏率いるNHK党からの全国比例候補として、7月10日の投開票日に向けて、いよいよ本格的な選挙戦を開始する。

 だが日本に帰国すれば、自らの起こした詐欺事件などで警察に逮捕されるリスクがあるとし、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイからインターネットを通じて選挙戦を展開する意向だ。どう投開票日を迎えるつもりか、「現代ビジネス」はドバイで東谷氏を直撃取材した。

■街頭演説なんて意味あるの?

 「少なくとも日本にいなくても、立候補して選挙活動できることが実証できる。もし当選できたら、あまり世界的にも例がないと思う。普通、海外にいながら議員になろうなんて人はいないでしょう」(東谷氏)

 828メートルという世界一の高層ビル「ブルジュ・ハリファ」が眼前にそびえるドバイの街中で、「現代ビジネス」記者は東谷氏に対面した。気温40度以上の炎天下で、日焼けした顔はテカリを帯び、白い歯をのぞかせている。日本から届いたばかりの選挙用タスキをかけ、準備万端という風情だ。

 東谷氏は、実際、どんな選挙戦術を練っているのか。本人はこう語る。

 「選挙中に日本で開催される若者のイベントにオンラインで参加したり、大型モニター付きの選挙カーを日本の繁華街で走らせ、ドバイと結んでゲリラライブをしたりする計画もあります。

 日本で直接会えば、人間の温かみはあるんかもしれへんけど、真夏で熱中症の危険もあるのに、誰が街頭演説を聞きに来るのかな?..

【日時】2022年06月22日 08:03
【ソース】現代ビジネス

【参院選出馬の「ガーシー」をドバイで直撃取材したら記者も仰天…「もし当選したら政党助成金で借金を返すぞ」】の続きを読む


6月22日公示・7月10日投開票の参院選が熱を帯びている。火をつけているのはクセの強すぎる候補者たち。高支持率の政権で与党優勢が囁かれるなか、なぜ立ち上がったのか?今回は水道橋博士を直撃取材!

◆「スラップ訴訟に屈しない」芸人が出馬に秘めた思い

「あなたもいつ訴えられるかわかりません」

 こう語るのは、れいわ新選組から出馬するお笑いコンビ浅草キッド」の水道橋博士。自分の身に起こったことは他人事ではないと訴える。

日本維新の会松井一郎代表を批判しているYouTubeサムネツイッターで引用し、『事実でないなら今すぐ訴えるべきだと思いますよ(笑)』と書いたら、僕が訴えられた。僕だけならまだしも、リツイートした4000人も訴えるという。松井さんは公人ですよ。これは明らかに権力者が一般人の声を封じ込めようとするスラップ訴訟。たとえ僕が裁判で勝ったとしても、このままではすぐに新たな犠牲者が出てしまいます」

消費税ゼロ、インボイス制度反対、ピルの購入も薬局で

 そこで供託金600万円を負担してくれたれいわ新選組から出馬を決意した。反維新を掲げるだけでなく、いくつも政策を打ち出している。

「例えば消費税をゼロにし、消費マインドを刺激する。フリーランスを苦しめるインボイス制度には反対。また薬局でピルを買えるようにもしたい。医師会が利権を守るために反対しているが、女性の体を守るのはオヤジたちではなく彼女たち自身ですよ。

 政策を考えるのもネタと同じ。日常のなかの“あるある”や違和感をどうかたちにしていくか。頭のなかで考えたのをツッコミ、ブラッシュアップしていく。ずっとネタ作りをしてきたから、僕は政策を考えるのが得意だとわかった」

◆手ごたえは?

 下馬評では自民党が圧倒的優位のなか、手ごたえはどうか?

「選挙に関心のない層をどれだけ取り込めるか。『吹けよ風、呼べよ嵐』。まさにプロレスラー・ブッチャーのテーマ曲。選挙は何が起こるかわかりませんよ。(立川)談志師匠が参議院選挙に出たときはなかなか当確が出ずに周りはヒヤヒヤ。最後の最後で当選を決めたとき、師匠は『真打ちは最後に上がるものだ』と。そういうのはかっこいいね」

 れいわ旋風が巻き起こるか。

水道橋博士(59)
れいわ新選組公認/全国比例 お笑い芸人。作家。’62年、岡山県生まれ。ビートたけしに弟子入りし、芸人の道に進む。25年間日記を書き続けている

<取材・文/週刊SPA!編集部>

「漫才と違いマイクを持つまで何を話すかは決めていない。一人ひとり聴衆の顔を見て決めます」(水道橋博士)写真/産経新聞社


(出典 news.nicovideo.jp)

^ 「浦和レッズマガジン」2010年10月号 ^ 水道橋博士『藝人春秋』95頁 ^ 水道橋博士『藝人春秋』233頁ほか。同著には、甲本と水道橋の付き合いについて2章が割かれている。 ^ “江頭2:50、オウム真理教と直接対決していた 水道橋博士と元死刑囚の意外な関係”. エキサイトニュース (2018年7月10日)
41キロバイト (4,907 語) - 2022年6月15日 (水) 08:57



<このニュースへのネットの反応>

【水道橋博士、参院選出馬の意気込み「消費税ゼロ、インボイス制度反対、ピルの購入も薬局で」】の続きを読む


東谷 義和(ひがしたに よしかず、1971年10月6日 - )は、日本のYouTuberである。YouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』を運営する。アパレル会社QALB(カルブ)元社長、元実業家。愛称は「ガーシー」。身長は180 cmで、血液型はA型である。
21キロバイト (2,587 語) - 2022年6月6日 (月) 03:17

1 Anonymous ★ :2022/06/06(月) 20:41:40.95

https://npn.co.jp/article/detail/200021882

 今夏の参院選にNHK党から全国比例区での出馬を宣言している、暴露系ユーチューバーのガーシーこと東谷義和氏だが、4日深夜に動画をアップし、5日夜にライブ配信を行った。

 このところの東谷氏の天敵といえば、所属俳優の綾野剛の暴露に端を発したトライストーン・エンタテイメント。

 同社に関係のある大物アーティストの暴露を予告していたが、4日の動画で暴露されたのはロックバンド・MY FIRST STORY(マイファス)のボーカルで、演歌歌手・森進一と離婚した森昌子の三男のHiro。兄は東谷氏がかなり親交が深いことを明かしている人気ロックバンド・ONE OK ROCKのボーカル・Takaだが、ターゲットにされてしまった。

 「マイファスの曲が綾野の主演映画『新宿スワンII』の挿入歌に起用されていたが、それで被弾することに。相手女性と東谷氏の電話での会話やSNSでのやりとりなどの証拠動画も公開されたが、もともと子持ちのシングルマザーだったその女性とHiroが恋愛関係に。結婚を約束し、Hiroは自分の父親を紹介したというが、女性によると、避妊をしないで性行為に及び、さらには二度にわたって中絶をさせられてしまったという。今後のHiroの対応が注目される」(芸能記者)

 5日のライブ゙配信にはNHK党の立花孝志党首も生出演。選挙にも話題が及んだが、そこで仰天の政見放送プランが明かされた。

 47都道府県でそれぞれ別々のバージョンと放送するというが、1都道府県ごとに1人ずつ芸能人の暴露ネタを盛り込むのだとか。つまり、選挙期間中に少なくとも47人の芸能人たちが被弾することになるというのだ。

 「笑えるような暴露ネタならダメージは少ないだろうが、東谷氏によると、薬物や男女関係のネタも盛り込むというから、心あたりのある芸能人たちは戦々恐々では」(同)

 東谷氏の各都道府県の政見放送は、ネットにアップされたら軒並み再生回数を伸ばしそうだ。


【ガーシー、参院選での仰天の政見放送プラン 「1都道府県ごとに1人ずつ芸能人を暴露」】の続きを読む

このページのトップヘ