上島竜兵


上島 竜兵 (うえしま りゅうへい、1961年〈昭和36年〉1月20日 - 2022年〈令和4年〉5月11日)は、日本のお笑いタレント、俳優。ダチョウ倶楽部の大ボケ担当。本名は、上島 龍平(読み方同じ)。通称、ちゃん(先輩芸人が使用する)または、さん(若手芸人などが使用することがある)。
40キロバイト (5,693 語) - 2022年5月16日 (月) 14:46

1 muffin ★ :2022/05/16(月) 20:18:18.76

https://www.oricon.co.jp/news/2234937/
2022-05-16 14:49

11日に死去したダチョウ倶楽部・上島竜兵さん(享年61)の妻でタレントの広川ひかる(51)が16日、所属事務所の公式サイトにコメントを発表した。 所属事務所として「故・上島竜兵の葬儀も無事終えることが出来、皆様には心より深く感謝申し上げます。本日、夫人より追悼文が届きましたので掲載させていただきます」とし、掲載した。広川は上島と同じ太田プロダクションに所属し、ものまねタレントとして活躍。94年に上島さんと結婚した。

■広川ひかる コメント全文

ファンの皆様 関係各位

応援してくださっているファンの皆様、関係各位の皆様にはご心配おかけしましたこと深くお詫び申し上げます。

生前は仲間とお酒を飲むのが好きで 先輩や後輩、仕事でお世話になりました皆様にはご厚情を賜りたくさんの思い出を作らせていただいたと思います。
また、最近ではドラマやCMに出演させていただく機会も増えて本当に喜んでおりました。
故人に代わって厚く御礼申し上げます。
私達家族も、皆様からの温かい言葉に励まされ葬儀もとどこおりなく相営むことが出来ました。

これからもずっと竜ちゃんを忘れないでください。
「芸人上島竜兵」は皆様に愛され大変幸せな人生でした。
皆様の中に思い出がありましたら、どうぞたくさん笑って たくさん思い出話をしてほしいです。

上島光(広川ひかる)


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)


★1:2022/05/16(月) 15:14:31.38
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652681671/


【上島竜兵さん妻・広川ひかる、追悼文を発表】の続きを読む


勝俣州和・ダチョウ倶楽部・上島竜兵

15日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、ダチョウ倶楽部上島竜兵さんの訃報について大きく扱われた。番組準レギュラー勝俣州和エピソードが、注目を集めている。


■スタッフがあらぬミス

11日未明、61歳の若さで急死した上島さん。番組がまとめた、ダチョウ倶楽部の『アッコにおまかせ!』出演時のVTRなどが流されると、スタジオではそれぞれが思い出話を語っていく流れに。

若手時代に共演する機会が多かったという勝俣は、あるとき“熱湯風呂”の舞台裏を目撃したという。

通常、人が入れる温度か、ダチョウ倶楽部メンバーが確かめるらしいのだが、その日は、スタッフが間違えて「人が入れないほどの、沸騰するような本当の熱湯」を入れてしまっていたそう。


関連記事:上島竜兵さんが担った「お笑い史上のすごさ」の秘密 ベタ芸・復興の旗手

■「俺たちプロなんだ」

さらにこの日は、他のゲストも熱湯に入る流れもあったため、ダチョウ倶楽部が「お湯を変えてくれ」とスタッフに伝えたのだが、回答は「熱湯って言われたから熱湯を入れたんですよ」というもの。

そのとき、上島さんが「バカ野郎」と声を荒らげ、「このお湯がぬるかろうが、熱湯に見せるのが、俺たちプロなんだ」と語ったのだそう。


■「この人カッコいいな」

それを見たとき、「この人カッコいいな」と思ったという勝俣。話を聞いていた和田アキ子も「おお…」と感動した様子を見せる。

視聴者からも「上島さん、さすがのプロ根性ですね」「もうあの熱湯風呂が見られないと思うと悲しい…」「上島さんのそういうエピソードもっと聞きたい」と多くの反応が寄せられていた。


■和田も「つらいよね」

多くのメンバーが上島さんを偲んでいく中、和田もコメント。一言「つらいよね」とため息を漏らし、「お亡くなりになってから、ずっとこの報道が各局で取り上げられていて。本当にみんなに愛されてたんだなあ」とつぶやく。

そのうえで、「コメントできないんですね」「何を言っていいのか」と困惑。やりきれない表情で「こんなことになって、相手とかみんながこんな風に悲しむって、あんた分かってたの?」と問いかけた。


■主な相談窓口

・いのちの電話

ナビダイヤル0570-783-556(10時22時

フリーダイヤル=0120-783-556(16時21時。毎月10日は8時~11日8時)

日本いのちの電話連盟https://www.inochinodenwa.org)

・合わせて読みたい→松本人志、上島竜兵さん偲び言葉詰まる 「あの芸が有害なんて思わない」

(文/Sirabee 編集部・東水 壮太

勝俣州和が見た上島竜兵さんの怒った姿 本当の“熱湯”を入れたスタッフに…


(出典 news.nicovideo.jp)

上島 竜兵 (うえしま りゅうへい、1961年〈昭和36年〉1月20日 - 2022年〈令和4年〉5月11日)は、日本のお笑いタレント、俳優。ダチョウ倶楽部の大ボケ担当。本名は、上島 龍平(読み方同じ)。通称、竜ちゃん(先輩芸人が使用する)または、竜さん(若手芸人などが使用することがある)。
40キロバイト (5,686 語) - 2022年5月16日 (月) 10:56



<このニュースへのネットの反応>

【勝俣州和が見た上島竜兵さんの怒った姿 本当の“熱湯”を入れたスタッフに…】の続きを読む


上島 竜兵 (うえしま りゅうへい、1961年1月20日 - 2022年5月11日)は、日本のお笑いタレント、俳優。ダチョウ倶楽部の大ボケ担当。本名は、上島 龍平(読み方同じ)。通称、ちゃん(先輩芸人が使用する)または、さん(若手芸人などが使用することがある)。
39キロバイト (5,528 語) - 2022年5月15日 (日) 17:11

1 jinjin ★ :2022/05/16(月) 07:16:41.79

上島竜兵さん“過剰コンプラ”が居場所を奪った?「絶対責任ある」


去る5月11日、お笑いトリオ『ダチョウ倶楽部』上島竜兵さんの訃報が飛び込んできた。

生前の上島さんといえば〝イジられる〟芸風であり、暴力的な仕打ちやイジメに近いぞんざいな扱い、後輩から小*にされる扱いを受けることもしばしば。


現状、亡くなった原因は定かではないが、ネット上では

《日本人って、「こいつはこういうキャラだから」って認定すると何でもやっていいと思ってる奴多いよな》
《表向きはキツいイジリに平気な顔してても内心でネガティブな感情の蓄積がゼロだったとは断言できない》
《イジリイジリってイジられ日本一の男が亡くなってるんだから世話ねえわ…》
《これに嫌悪感抱かないとか日本人って本当に感情が無いんじゃねーか》
《心弱っていたら、この扱いを「俺はもう芸能界ですでに*でしまった存在」「周りから*でも良いと思われている存在」と受け止めるからなあ》
《「おいしいと思ってるに違いない!」と言われても本人じゃないんだからわかるわけない》

など、こうした扱いが精神的に堪えていたのでは?との指摘が相次いでいる。


一方で全く逆の意見も…

しかし一方で、全く逆の意見も散見されている。
その論調は〝上島さんはこうした芸風に誇りを持っていたが、コンプライアンスが厳しくなり、披露できる場が減っていき、自身の存在意義を失ってしまった〟という逆説的なもの。


特に「痛みを伴うことを笑いの対象にするバラエティー番組」を取り締まる動きを見せているBPOには風当たりが強く、

《BPOにも絶対責任ある。 規制規制でやれることすらできなくなった》
《BPOとBPOにチクってるやつらが竜ちゃんの居場所をなくしたんじゃないか》
《上島竜兵ショックが広がっているが、BPOなどの規制で、もうリアクション芸人がテレビで見られなくなるかも》
《コンプラだーBPOだーでテレビに出づらくなっていた芸人が亡くなる日本》
《全部、BPOとコンプライアンスのせい》

といった意見が見られており、全く逆の主張で対立している形だ。


双方とも一理ある主張だが、本人が亡くなってしまった今となっては、どちらが正しいという検証もできない。
ともかく、今はご冥福を祈るばかりだ。


https://myjitsu.jp/archives/351387


前スレ
【芸能】上島竜兵さん“過剰コンプラ”が居場所を奪った? 「絶対責任ある」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652419979/


【上島竜兵さん“過剰コンプラ”が居場所を奪った?】の続きを読む


有吉 弘行(ありよし ひろいき、1974年〈昭和49年〉5月31日 - )は、太田プロダクションに所属する日本のお笑いタレント・司会者。妻は夏目三久。 コンビ『猿岩石』の元ボケ・ネタ作りを担当。広島県安芸郡熊野町中溝出身。身長172cm・体重62kg、血液型A型。広島県観光大使、東京銀座の広島県アン
77キロバイト (11,547 語) - 2022年5月14日 (土) 10:31

1 征夷大将軍 ★ :2022/05/15(日) 20:24:56.37

スポニチ2022年5月15日 20:02
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/05/15/kiji/20220515s00041000603000c.html

お笑いタレントの有吉弘行(47)が15日放送のJFN「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(日曜後8・00)に出演し、11日に急逝したお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さん(享年61)を悼んだ。

冒頭に「まいったね、しかし。驚いたよ」と上島さんの訃報に対して気丈に切り出した。それでも「なんか、悲しいな」と言葉に詰まった。

また、14日に行われた密葬では「みんな気を使ってもらって、上島さんと2人っきりにしてもらったけど。はぁ。放送事故になっちゃう。お通夜も葬式も最後は火葬場まで。家族扱いしてもらって、参加してもらって、お通夜の時もお葬式の時もちょっと笑っちゃうときもあって。なんか上島さんのお葬式らしいなって」と声を震わせながら振り返った。

有吉は土田晃之や劇団ひとりら、上島さんを囲んで酒を飲んだ「竜兵会」のメンバー。96年に同局の「進め!電波少年」で人気者になったものの、その後、仕事が激減し、再ブレークを果たすまでの不遇の時代を支えてもらったのが上島さんだった。有吉にとって13年に「涙をこぼすのは上島さんの葬式だけ」とツイートするほどの恩人だ。

上島さんの密葬は14日に都内で営まれ、妻でタレント・広川ひかるや肥後克広、寺門ジモンのほか、上島さんを慕う後輩芸人による「竜兵会」の有吉、土田晃之、劇団ひとりらが参列していた。


【有吉弘行 ラジオで上島竜兵さんを追悼 声を震わせて「なんか上島さんのお葬式らしいなって」】の続きを読む


上島 竜兵 (うえしま りゅうへい、1961年1月20日 - 2022年5月11日)は、日本のお笑いタレント、俳優。ダチョウ倶楽部の大ボケ担当。本名は、上島 龍平(読み方同じ)。通称、竜ちゃん(先輩芸人が使用する)または、竜さん(若手芸人などが使用することがある)。
38キロバイト (5,314 語) - 2022年5月14日 (土) 10:50

1 ひかり ★ :2022/05/14(土) 22:47:25.22

 明石家さんま(66)が14日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。11日に急死したお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さん(享年61)を、厳しくも愛情を込めた言葉で悼んだ。

 さんまは上島さんの訃報に「今週は我々お笑いの人間はね、受け止められないことが起こってしまったんで。ただまあ、受け止めてあげなきゃ竜兵がかわいそうやからな。受け止めてあげなしゃあないんやけれども」とポツリ。

 ダチョウ倶楽部との仕事現場での恒例のあいさつや、ゲストに来てくれた上島さんのエピソードを笑いを交え振り返ったさんま。一番の思い出は、六本木の街で酔っ払った上島さんが、客引きの外国人と「OK?」「NO?」「OK?」「NO?」といったやりとりするところを後ろでずっと聞いていて、その後、思いっきり頭をはたき「うわっ!師匠~」と驚く上島さんに「はよ、帰れ!」とツッコんだことだと語った。

 「ずっと竜兵の話をするわけにもいかんし」と早めにオープニングを始めたと語ったさんまは最後に「ただ本当に好きな芸人、後輩でね。好きな芸人の男が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立っているというのが事実です」と本音を吐露。無念の思いをにじませ、通常の番組コールを行った。

スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/d6e5e0f2be114361b549cf52d4532dff2477d30e


【さんま 上島竜兵さん急死に「一番嫌いな死に方をしたからね、ちょっとね、腹立っている」】の続きを読む

このページのトップヘ