れいわ新選組


6月22日公示・7月10日投開票の参院選が熱を帯びている。火をつけているのはクセの強すぎる候補者たち。高支持率の政権で与党優勢が囁かれるなか、なぜ立ち上がったのか?今回は水道橋博士を直撃取材!

◆「スラップ訴訟に屈しない」芸人が出馬に秘めた思い

「あなたもいつ訴えられるかわかりません」

 こう語るのは、れいわ新選組から出馬するお笑いコンビ浅草キッド」の水道橋博士。自分の身に起こったことは他人事ではないと訴える。

日本維新の会松井一郎代表を批判しているYouTubeサムネツイッターで引用し、『事実でないなら今すぐ訴えるべきだと思いますよ(笑)』と書いたら、僕が訴えられた。僕だけならまだしも、リツイートした4000人も訴えるという。松井さんは公人ですよ。これは明らかに権力者が一般人の声を封じ込めようとするスラップ訴訟。たとえ僕が裁判で勝ったとしても、このままではすぐに新たな犠牲者が出てしまいます」

消費税ゼロ、インボイス制度反対、ピルの購入も薬局で

 そこで供託金600万円を負担してくれたれいわ新選組から出馬を決意した。反維新を掲げるだけでなく、いくつも政策を打ち出している。

「例えば消費税をゼロにし、消費マインドを刺激する。フリーランスを苦しめるインボイス制度には反対。また薬局でピルを買えるようにもしたい。医師会が利権を守るために反対しているが、女性の体を守るのはオヤジたちではなく彼女たち自身ですよ。

 政策を考えるのもネタと同じ。日常のなかの“あるある”や違和感をどうかたちにしていくか。頭のなかで考えたのをツッコミ、ブラッシュアップしていく。ずっとネタ作りをしてきたから、僕は政策を考えるのが得意だとわかった」

◆手ごたえは?

 下馬評では自民党が圧倒的優位のなか、手ごたえはどうか?

「選挙に関心のない層をどれだけ取り込めるか。『吹けよ風、呼べよ嵐』。まさにプロレスラー・ブッチャーのテーマ曲。選挙は何が起こるかわかりませんよ。(立川)談志師匠が参議院選挙に出たときはなかなか当確が出ずに周りはヒヤヒヤ。最後の最後で当選を決めたとき、師匠は『真打ちは最後に上がるものだ』と。そういうのはかっこいいね」

 れいわ旋風が巻き起こるか。

水道橋博士(59)
れいわ新選組公認/全国比例 お笑い芸人。作家。’62年、岡山県生まれ。ビートたけしに弟子入りし、芸人の道に進む。25年間日記を書き続けている

<取材・文/週刊SPA!編集部>

「漫才と違いマイクを持つまで何を話すかは決めていない。一人ひとり聴衆の顔を見て決めます」(水道橋博士)写真/産経新聞社


(出典 news.nicovideo.jp)

^ 「浦和レッズマガジン」2010年10月号 ^ 水道橋博士『藝人春秋』95頁 ^ 水道橋博士『藝人春秋』233頁ほか。同著には、甲本と水道橋の付き合いについて2章が割かれている。 ^ “江頭2:50、オウム真理教と直接対決していた 水道橋博士と元死刑囚の意外な関係”. エキサイトニュース (2018年7月10日)
41キロバイト (4,907 語) - 2022年6月15日 (水) 08:57



<このニュースへのネットの反応>

【水道橋博士、参院選出馬の意気込み「消費税ゼロ、インボイス制度反対、ピルの購入も薬局で」】の続きを読む


「麻生、安倍、森の飛行機が墜落。助かったのは日本国民」れいわ新選組の応援演説での“不謹慎ジョーク”に批判殺到 | ニコニコニュース


れいわ新選組れいわしんせんぐみ、英: Reiwa Shinsengumi)は、日本の政党。2019年4月1日に当時参議院議員であった山本太郎が設立した政党である。 同年7月の第25回参議院議員選挙比例区で得票率2%を上回り、設立から約3か月半で公職選挙法が規定する政党要件を満たした。
126キロバイト (16,030 語) - 2022年6月6日 (月) 19:23



代替テキスト
れいわ新選組・代表の山本太郎氏(写真:アフロ

「みなさん、僕は政治のことは何かわかりません。本当わかりませんけども。れいわ新選組素晴らしいのは、山本太郎さんは大衆の言葉を使って自分の言葉でしゃべりかけている唯一の政治家です。素晴らしい!」

6月4日マイクを握りしめこう呼びかけたのは芸人のぜんじろう(54)。この日、東京・池袋でれいわ新選組街頭演説イベントが実施された。ぜんじろうは、次期参院選の比例代表に同党から出馬表明をした水道橋博士(59)の応援に駆けつけたのだ。

ぜんじろうがひと通り演説を終えると、水道橋博士が「僕とぜんじろうはほぼ同期くらいの芸人なんですけれども」と切り出した。ぜんじろうや清水宏(56)、ラサール石井(66)らが所属する「日本スタンダップコメディ協会」でも活動している水道橋博士は、とあるイベント山本太郎代表(47)が見に来た際の出来事について話すことに。

その時の様子について、山本氏は次のように回想し始めた。

「僕、ドキドキしてたんですよ。呼ばれて『なにかひと言、冗談を言え』みたいなことを言われたら、雑誌とかに叩かれる恐れがあるじゃないですか、とんでもないこと言って。ずっと隠れていたんですけど、面白すぎて笑い声が響くんですよ、自分の」

その上で、ぜんじろうに「あの時のネタ覚えてます? いいですか? お願いします! むちゃくちゃ面白いから!」と“フリ”を投げかけた。

するとぜんじろうは、自信満々に次のような“ジョーク”を披露したのだ。

「麻生大臣と安倍元首相と森喜朗が乗った飛行機が墜落しました。助かったのはだれか? 日本国民」

このぜんじろうのパフォーマンスに、山本氏は左手の握りこぶしを頭上に掲げながら「フゥー! しびれるぅ~! 最高!!」と絶賛。観覧者たちからも歓声があがり、拍手がおくられた。また、水道橋博士は山本氏を指しながら、「あの時、お客さん50人だけど、1人だけ笑っていました」とコメントを添えた。

■止まらない皮肉…「なんぼ麻生太郎さんでも、死ぬのは1回ですからね」

彼らの一連のやり取りを映した動画は、瞬く間にSNSで拡散された。しかし実在する人物の死を連想させるようなジョークに、「不謹慎」との批判が上がっている。

《言っていい事と悪い事もあるんやで! 失礼過ぎる》
《ちょっともひっかからない。完全に滑ってる。最悪最低。 テロ扇動にしか聞こえないことを街頭で演説したのか》
《どんなに嫌いでも人の生死をネタにして、「ふぅーシビれるぅーサイコー!」って言える人間が政治家? 最低の人間だわ》

このような出来事について、全国紙記者が言う。

「昨年11月にも山本代表が特別国会の前に開いた記者会見で、麻生太郎氏(81)を『万死に値する』と強い言葉で批判しました。山本代表は“麻生氏が不況の原因を作った”と主張したかったようですが、反麻生派からも『言い過ぎ』との声が上がっていました。

ぜんじろうさんは今回の応援演説で、山本代表の『万死に値する』発言にも触れています。加えて、『なんぼ麻生太郎さんでも、死ぬのは1回ですからね』『1回死ぬべき、と。そういうことなんですけど』と揶揄していました」

「政治のことはわからない」としつつも、自らのスタイルであるスタンダップコメディについて「忖度なくマイク1本で自分の思ったことを言っていく芸」と語ったぜんじろう。さらに、「僕は社会風刺をやっている。社会的に強い人に対して何かを言っていく。弱い人は絶対揶揄しない」とも主張していた。果たして、その風刺は“正義”と言えるのだろうか。



(出典 news.nicovideo.jp)

【「麻生、安倍、森の飛行機が墜落。助かったのは日本国民」れいわ新選組の応援演説での“不謹慎ジョーク”に批判殺到】の続きを読む

このページのトップヘ