ゆっくり茶番劇



ゆっくり茶番劇」という商標が第三者によって登録された件について、動画投稿者である「柚葉」さんが所属するライバーコミュニティー「Coyu.Live」が20日に声明を出しました。それによると「ゆっくり茶番劇」という商標を放棄するように指示していたということです。その結果が今朝発表されました。

商標権が放棄されるとの報告

https://platform.twitter.com/widgets.js

「柚葉」さんが所属するライバーコミュニティー「Coyu.Live」によると、今朝「柚葉」さんより、商標権の放棄手続きを行うとの報告があったということです。

これにより、今まで「ゆっくり茶番劇」という言葉を使うことには許可が必要だった状態だったが、放棄され誰でも使えるようになる。

ネットでは「柚葉」さんに対する批判が殺到しており、爆破予告まで飛び出していた。法的には何ら問題はないにしろ、ネット上での怒りは収まらなかった。

Coyu.Live」のスタンスとしては以下の通り

多くのみなさまに愛されるフレーズを独占し、不当に利益を得ようとした当該会員の行為は、コンテンツを愛するわたしたちCoyu.Liveとしても受け入れられるものではなく、当該会員に対して再三にわたり是正を求める警告と指導を続けてまいりました

引用:Coyu.Live

また、察するに「Coyu.Live」にも多くのクレームが寄せられており、業務どころではなかったのかもしれない。

ドワンゴの見解(5月20日時点)

https://platform.twitter.com/widgets.js

また「ゆっくり系」動画が多数投稿されている、ニコニコ動画を運営する「ドワンゴ」の見解も昨日発表されました。

それによると

<OK>
「【ゆっくり茶番劇】+動画タイトル」や「【ゆっくり劇場】+動画タイトル」のような動画をニコニコ動画に投稿いただくことは、当該商標登録にかかる商標権を侵害することはなく、問題はないと考えている。

<NG>
ゆっくり茶番劇 Part1」「ゆっくり茶番劇 Part2」や、「ゆっくり茶番劇 ①」「ゆっくり茶番劇 ②」等、「ゆっくり茶番劇」と同一または類似のタイトルの下に定期的に異なる内容の動画が投稿されている場合 「ゆっくり茶番劇」と同一または類似の文字列を、投稿者名やチャンネル名など動画の投稿元や提供元の表示として使用する場合

引用:ドワンゴ

※ただし「商標権が放棄」されれば、上記の限りではないと考えられます。(タイムラグがあり)

とりあえず、無事に商標が放棄されれば「ゆっくり茶番劇」騒動は、一件落着ということになりそうです。一方で「ゆっくり茶番劇」というワードが、再度第三者によって商標登録可能な状況はかわりません。

「ギコネコ」「のまネコ」騒動に続き、ネットの創造物に対する商標問題は、毎度のごとく大きな騒動となります。

今回の「ゆっくり茶番劇」騒動は決して「茶番劇」とは言えない、怒涛の結末を迎えることとなりそうです。

Source:Coyu.Live



画像が見られない場合はこちら
「ゆっくり茶番劇」、ついに商標権放棄、茶番劇とは言えない散々たる結末へ


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【「ゆっくり茶番劇」、ついに商標権放棄、茶番劇とは言えない散々たる結末へ】の続きを読む


 動画サービスニコニコ動画」などで親しまれてきた「ゆっくり茶番劇」が第三者に文字商標として登録された問題で、商標権者とみられるYouTuber「柚葉」さんが5月24日、自身の公式Twitterアカウントで、ゆっくり茶番劇の商標登録を抹消する申請を出したと発表した。柚葉さんは申請の理由について「関係者などに対する誹謗中傷および名誉棄損・虚偽・捏造された情報の流布により本来の目的を全うすることが困難となったため」と説明している。ただ、申請をしただけで、商標権の抹消はまだ確定していない。

【その他の画像】

 柚葉さんは5月15日ゆっくり茶番劇を商標登録した上で、年間10万円の使用料を請求すると自身の公式Twitterアカウントで発表した。だが、その後、動画投稿者らが培ってきた“文化”を独占し、“商標ビジネス”として私物化する動きに、多方面から反発の声が挙がっていた。

 柚葉さんの発表を受け、動画サービスニコニコ動画」を運営するドワンゴは同月23日に記者会見を開き、商標権の放棄交渉や、商標登録の無効化を目指し、無効審判を請求する方針を示していた。

「ゆっくり茶番劇」(出典:ドワンゴ配布資料)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【YouTuber「柚葉」さん、「ゆっくり茶番劇」の商標登録を抹消申請 「誹謗中傷で本来の目的を全うすることが困難」】の続きを読む


 「ゆっくり魔理沙」や「ゆっくり霊夢」で人気の「ゆっくり茶番劇」が第三者に商標登録された件について、取得の代理を請け負った海特許事務所がおわびのコメントを発表しました。多くの人に愛されている商標であることを把握していなかったことを謝罪するとともに、見解や爆破予告があったことを記しています。

【画像】商標取得者の柚葉さん

 この発表では、初めに「皆様に愛されている商標であることを存じておらず、ご迷惑をおかけ致したこと申し分けございませんでした」と謝罪。続いて、爆破予告があったこと「『ゆっくり茶番劇』を愛しているからこその行為かもしれませんが」と前置きをした上で「冗談ではすまされませんので」と通報したことを報告しています。

 また、一連の件についての見解も発表。まず出願については、商標取得者が「自身のYouTubeチャンネルで使用する」ことを希望していたため、調査を行った上で出願の代理を行ったそうです。しかし、当時の調査ではネットの検索でもヒット数は数万件程度であり、周知と呼べるレベルではないと判断したとのこと。また、出願の段階で不正の目的があったのであれば、弁理士の責任としてストップをかけていたとしています。

 次に、商標が取得できてしまったことで審査官に批判の声があがっていますが、この件についても言及。商標は出願の公開から審査着手までの期間があり、問題がある場合はこの間に情報提供を行えるようになっています。しかし今回は公開から登録まで情報提供がなかったため、審査官の判断にも現状では誤りがなかったと説明しています。

 さらに、登録後には異議申立期間がありますが、ここでも何の異議もない状況だったため商標取得社が権利行使をしたのではないかとのこと。ただし、もし単に周知商標を独占することで利益を得ようとしているのであれば不正の目的(商標法第4条第1項第19号)に該当する可能性があることを指摘しています。

 今後については、商標権者と「ゆっくり茶番劇」が自身の商標であるはずと思われる人との間で話し合いなどが行われ、場合によっては無効審査がなされるかもしれないとしています。

画像は海特許事務所から


(出典 news.nicovideo.jp)

東京特許許可局という早口言葉があるが、そのような官庁や部局は実在しない。 5月1日に柚葉氏の影響でゆっくり茶番劇に商標登録がされる、youtubeやニコニコなどにゆっくり茶番劇の内容を投稿すると、それで収益を得てる場合で年間10万円の使用料を払わなければならないということが登録された、
25キロバイト (3,432 語) - 2022年5月16日 (月) 09:20



<このニュースへのネットの反応>

【「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 】の続きを読む

このページのトップヘ