川口春奈 ついに「弱すぎ格闘家カレシ」と完全破局のカウントダウンか


川口春奈 ついに「弱すぎ格闘家カレシ」と
完全破局のカウントダウンか

SNSでファンに逆ギレ

今年冒頭にも当サイトで報じた『爆売れ&爆稼ぎ女優』川口春奈(27)と『弱すぎる総合格闘家』矢地祐介(31)の超格差カップルの破局間近情報。

「昨年の大晦日は、川口がNHK紅白歌合戦で見事な司会ぶりを見せた裏で、RIZINの大晦日大会に出場した矢地。何も出来ずに惨敗し、マットに横たわる醜態をフジテレビ全国放送で晒していた。このあまりの格差と、もともとの周囲の反対もあり、川口が年明けにも別れを切り出すというネタが業界を駆け巡っていた」(週刊誌芸能記者)

その後、続報が改めて出ることはなく『何とか破局せずに持ちこたえたか』という雰囲気だった最中、先日、矢地がまたRIZIN(4月16日開催)に出場したのだが……。

過去に負けた相手へのリベンジマッチだったが、またも惨敗KO負け。

もはや矢地が負けるのは通常運転なのだが、 “SNS好き” としても知られる矢地とファンのやりとりが大炎上して、騒動になっているという。

「試合の2日後に矢地がツイッターでファンに励まされつつやりとりしているなか、一人のファンが 『川口春奈と別れて格闘技に集中して』 という趣旨のリプを送ったところ、それに矢地がガチギレして猛反論していた」(同前)

『誰と付き合おうが周りの環境が変わろうがお金を稼ぐようになろうが常に格闘技だけに集中してるわ!!それが俺の仕事だ!!舐めんな!!(※原文ママ)』と敵意むき出しで、自分を否定するリプライを引用リツイートする矢地。

もはや、川口春奈の株が上がる(インスタグラムより)

そんな矢地を擁護するファンもいたが、大半は『いちいち反応するのは大人げない』『結果が出てないから何言われても仕方ない』『弱い選手には川口春奈は勿体無い』など批判の声ばかり。

「弱いくせにいちいち逆切れして反論するのは、完全な負け犬の遠吠え。その騒動は川口の耳にも当然入っており、2人共通の関係者も『連敗しているんだから勝つまで黙っていれば良いのに』と呆れ顔だった。川口も周囲の雰囲気に押され、矢地をかばう気にもなれず、今度こそ完全破局を決意したのでは」(川口に近い芸能関係者)

まもなく32歳になる矢地は、総合格闘家としてのフィジカル面はピークを迎える年齢だが、キャリアや戦績、そして肝心の実力を見るに、もう上がり目が無いのは素人目にも明らか。

一方の川口は、今後も上がり目しかない国民的人気女優。

完全破局へのカウントダウンは、すでに始まっているようで……近いうちに確定情報が流れるのは間違いないか。 (狩野玖太)

【日時】2022年05月16日 09:22
【提供】覚醒ナックルズ

【川口春奈 ついに「弱すぎ格闘家カレシ」と完全破局のカウントダウンか】の続きを読む


秋篠宮さまが前代未聞の書『秋篠宮』で国民に伝えたかったこととは?


秋篠宮さまが前代未聞の書『秋篠宮』で国民に伝えたかったこととは?
■小室さんとの婚約報道から結婚まで
 秋篠宮さまに直接取材したジャーナリストが、その肉声をまとめた本が発売された。退位問題から小室さん夫妻の案件まで、国民の一大関心事について当事者の胸のうちが語られた画期的な内容と言えるだろう。もちろん公的に許諾するかどうかは別として、秋篠宮さまに無断で発表するはずもない。それでは秋篠宮さまがこれを通じて国民に伝えたかったこととは何だったのか? 

 問題の1冊は11日に刊行された『秋篠宮』(小学館)。著者は元毎日新聞特別編集委員でジャーナリストの江森敬治氏だ。江森氏は、2017年6月から22年1月までの間に合計37回、宮邸などで秋篠宮さまから直接話を聞いてきたという。

 江森氏が秋篠宮さまと向かい合った4年半は、秋篠宮さまが眞子さんの結婚問題と向き合った時期と一部重なっているようだ。この期間のことを駆け足で振り返っておくと、「秋篠宮家の長女・眞子さんがICUの同級生である小室圭さんと婚約の準備を進めている」とNHKがスクープしたのが17年5月。同年9月に婚約が内定し、2人は会見を行い、翌18年3月に納采の儀(一般家庭で言う婚約)を、そして11月に結婚式を執り行う予定だった。

■苛立ちを募らせて
 しかし、17年12月に圭さんの母・佳代さんと元婚約者との間の金銭トラブルが報じられ、その後に、納采の儀など結婚関連の儀式を2020年に延期することが発表された。

 圭さんは18年8月に米フォーダム大のロースクールに入学し、国際弁護士を目指すこととなった。

 秋篠宮さまはその年11月の誕生日会見で、「多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなけ..

【日時】2022年05月16日 06:00
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】

【秋篠宮さまが前代未聞の書『秋篠宮』で国民に伝えたかったこととは?】の続きを読む


上島 竜兵 (うえしま りゅうへい、1961年〈昭和36年〉1月20日 - 2022年〈令和4年〉5月11日)は、日本のお笑いタレント、俳優。ダチョウ倶楽部の大ボケ担当。本名は、上島 龍平(読み方同じ)。通称、ちゃん(先輩芸人が使用する)または、さん(若手芸人などが使用することがある)。
40キロバイト (5,693 語) - 2022年5月16日 (月) 14:46

1 muffin ★ :2022/05/16(月) 20:18:18.76

https://www.oricon.co.jp/news/2234937/
2022-05-16 14:49

11日に死去したダチョウ倶楽部・上島竜兵さん(享年61)の妻でタレントの広川ひかる(51)が16日、所属事務所の公式サイトにコメントを発表した。 所属事務所として「故・上島竜兵の葬儀も無事終えることが出来、皆様には心より深く感謝申し上げます。本日、夫人より追悼文が届きましたので掲載させていただきます」とし、掲載した。広川は上島と同じ太田プロダクションに所属し、ものまねタレントとして活躍。94年に上島さんと結婚した。

■広川ひかる コメント全文

ファンの皆様 関係各位

応援してくださっているファンの皆様、関係各位の皆様にはご心配おかけしましたこと深くお詫び申し上げます。

生前は仲間とお酒を飲むのが好きで 先輩や後輩、仕事でお世話になりました皆様にはご厚情を賜りたくさんの思い出を作らせていただいたと思います。
また、最近ではドラマやCMに出演させていただく機会も増えて本当に喜んでおりました。
故人に代わって厚く御礼申し上げます。
私達家族も、皆様からの温かい言葉に励まされ葬儀もとどこおりなく相営むことが出来ました。

これからもずっと竜ちゃんを忘れないでください。
「芸人上島竜兵」は皆様に愛され大変幸せな人生でした。
皆様の中に思い出がありましたら、どうぞたくさん笑って たくさん思い出話をしてほしいです。

上島光(広川ひかる)


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)


★1:2022/05/16(月) 15:14:31.38
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652681671/


【上島竜兵さん妻・広川ひかる、追悼文を発表】の続きを読む


河村 (かわむら りょう、1967年6月26日 - 2022年5月14日)は、日本テレビのエグゼクティブアナウンサー。同社 編成局アナウンス部・専門部長(スポーツ担当)。 神奈川県茅ヶ崎市に生まれ、その後父の転勤で新潟県新潟市に転居。新潟大学教育学部附属新潟中学校、新潟県立新潟高等学校では松井みど
18キロバイト (2,386 語) - 2022年5月16日 (月) 22:50

1 muffin ★ :2022/05/16(月) 18:24:45.05

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202205160000766.html
2022年5月16日17時16分

日本テレビの河村亮アナウンサーが脳出血のため14日に死去した。54歳。同局が16日、公表した。通夜、葬儀は近親者のみで執り行う予定。

同局によると最後の仕事は3月19日に出演したラジオ日本の「日テレアナ・ザワールド!」(土曜午後10時半)で、テレビでも3月3日にBS日テレで放送したプロ野球巨人×西武戦の巨人リポーターを務めるなどしていた。その後、体調不良を訴え、入院していたという。

河村アナは早大政経学部から91年に日本テレビに入社。プロ野球や箱根駅伝、オリンピック、ゴルフなど同局のスポーツ中継の中心的存在として活躍した。「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」など、バラエティーのナレーションなども務めた。

94年に初めてプロ野球実況を務めた際は巨人元木、岡崎、大久保の3連続ホームランも伝えた。12年にはイチローが来日したMLBNの日本開幕戦マリナーズ-アスレチックスも実況した。


(出典 www.nikkansports.com)


【【訃報】日本テレビ河村亮アナ死去 54歳脳出血 】の続きを読む


加藤浩次 4630万円誤送金問題 “雲隠れ”24歳男性に「責められるべき」「あなたのお金じゃない」


加藤浩次 4630万円誤送金問題 “雲隠れ”24歳男性に「責められるべき」「あなたのお金じゃない」
 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(53)が16日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。山口県阿武町で起きた誤送金問題についてコメントした。

 阿武町は463世帯に10万円ずつ給付するはずのコロナ新型コロナ給付金4630万円を、誤って同町に住む男性(24)に全額振り込んだ。振り込まれた男性は返還を拒否し、現在は所在がつかめなくなっている。

 加藤は行政の振り込みミスが指摘されていることについて「ミスについては、今後なくしていかないといけないですが、ミスを責めたところでと僕は思ってしまう」とかばい、返還を拒否している男性について「こいつですよ。なんで持ってどこかにいなくなってるの、おかしいでしょ。そこはしっかり責められるべきと僕は思います」と持論を展開。

 続けて「あなたのお金じゃないからねということ。今雲隠れして、今お金ないですよっておかしいでしょ」と怒りをあらわにした。

【日時】2022年05月16日 09:09
【ソース】スポーツニッポン

【加藤浩次 4630万円誤送金問題 “雲隠れ”24歳男性に「責められるべき」「あなたのお金じゃない」】の続きを読む

このページのトップヘ