YouTube


【原因は?】へずまりゅうの婚約者、誹謗中傷による適応障害を発症


コレコレが5月4日にYouTubeで生配信を実施し、元迷惑系YouTuber・へずまりゅうの婚約相手が適応障害と診断されたことを緊急報告。へずま本人が登場し、現状を説明した。

ゆゆうたの発言で婚約者が適応障害に?

同日の午後19時、へずまは自身のTwitterで「奥さんがゆゆうたに虐められて精神病になった」と明かしており、「人はナイフが無くても言葉で殺せる」「傷付いた身体は治るけど心は戻らん」と怒りの声を上げていた。

この日はコレコレの配信が予定されていたこともあり、テレビ電話で状況説明をすることになったようで、今回の事態ついてコレコレは、「へずまの奥さんが有名YouTuberにいじめられて精神病になった」と紹介した。

有名YouTuber・とは、ゆゆうたのこと。ゆゆうたがTwitchで行った配信で、へずまの婚約者について「女性の人は病気でしょ、闇を感じた」「あれは幸せになれない」「狂気を感じる」などの発言をし、へずまはその発言がきっかけで婚約相手が適応障害になってしまったと主張している。

「影響力のある人が一般人に対してそういうのはどうかな」と苦言

コレコレは「こういう発言って毎日のようにSNSで投稿されている」というものの、「病気でもない人のこと病気っていうのは実は誹謗中傷の中でも結構やばい」と述べると、さっそくテレビ電話でへずまを呼び出した。

婚約者は体調を悪くしているため、話が出来ない状況であったことから、電話にはへずまがひとりで登場、「影響力のある人が一般人に対してそういうのはどうかな」「捉えかたってのは人によって違うのでほかの人にも注意喚起して知って欲しい」との心境を語る。

ちなみにへずまは婚約者がゆゆうたのファンだったことを明かすと、ちなみにへずまは婚約者がゆゆうたのファンだったことを明かすと、複雑な表情で近況について「1か月くらい仕事を休ませてもらっていて、一緒に部屋にいたり元気がないんで外に連れ出してあげたり」と説明している。

「もう自分のせいです」と割り切ってもいるというへずまだが、「こんな犯罪者しかいないんですけど自分は奥さんが好きなんでなんて言われようが守ります」と今後への決意を明かし、最後に「アンチもいると思うけど今の時代特定されますし誹謗中傷は良くない」との警告を残している。

「コレコレさん本当にありがとうございました」とのコメントで締め括ったへずま、婚約相手と手を取りあって困難を乗り越えて欲しいところだ。


【日時】2022年05月09日 13:30
【提供】らいばーずワールド

【【原因はあのYouTuberか?】へずまりゅうの婚約者、誹謗中傷による適応障害を発症】の続きを読む



1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/08(日) 17:22:31.50

5/8(日) 11:52
東スポWeb

宮迫博之が自身の気持ちの原点語る「一番のモチベーションは『見とけよ』」

 元「雨上がり決死隊」の宮迫博之(52)が7日、唐澤貴洋弁護士(44)と互いのユーチューブチャンネルを相互出演。メンタルの強さについて語った。

 自身のメンタルを「非常にハートは弱い」といい、酒を飲まずには夜も寝られないこともあるという宮迫。唐澤氏から、自分を保つ秘訣について聞かれると「1人では乗り越えられなかった」と家族やスタッフの助けに感謝。誹謗中傷に関しては、お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐から「慣れです」とアドバイスをもらい、「楽になりましたね。正直、慣れてきました」と話した。

 自身の気持ちの原点については「お笑い芸人を始めて若手の頃からいろいろあったので、そこでの一番のモチベーションは『見とけよ』というのがここにありましたね。『負けるわけがない。このまま終わるわけがない』というのはずっと思っています」と胸に拳を当てた。

 一方、過去にも宮迫のユーチューブチャンネルに出演している唐澤氏は今回、「宮迫と牛宮城人気を無断使用した*店の店長に突撃電話しました」と題した動画に登場。*店側に対し「牛宮城の商標権を侵害していると言われてもやむを得ない」と指摘した。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/814762bbe60f01817b4f12013976ff60bdfc36b6


【宮迫博之が自身の気持ちの原点語る「一番のモチベーションは『見とけよ』」】の続きを読む


島田 紳助(しまだ しんすけ、1956年〈昭和31年〉3月24日 - )は、日本の元お笑いタレント・漫才師・司会者・歌手・俳優・作詞家・プロデューサー。本名:長谷川 公彦(はせがわ きみひこ)。京都府京都市南区出身。 1977年に漫才コンビ「島田紳助・松本竜介」を結成。1985年の解散後は芸能界を
93キロバイト (14,555 語) - 2022年5月7日 (土) 08:48

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/08(日) 12:09:34.60

東スポ
2022年05月07日 22時07分

 暴露系ユーチューバーの〝ガーシー〟こと東谷義和氏が7日、ジャーナリストの丸山ゴンザレス氏とコラボしたユーチューブ動画の中で、島田紳助さんから「2代目井上公造」を指名されたことを明かした。


 前日の丸山氏のチャンネルに続き、この日は東谷氏のチャンネルで対談。さまざまな芸能人の裏ネタを暴露し続ける東谷氏の元に、外国人ヒットマンが送り込まれたことや、20か所以上居場所を移していることなど、逃亡生活の裏側についてトークは展開された。

 それでも、東谷氏の軽妙な語り口で暴露される芸能人の裏ネタにネットユーザーは興味津々。すでにチャンネル登録者数は120万人を突破する盛況ぶりだ。

 そんな東谷氏に、かねて親交のある島田紳助さんからメッセージが届いたという。

 東谷氏は「紳助さんからメール来てて、(芸能ジャーナリストの)井上公造さんが引退するこのタイミングで『お前のポジション空いたぞ』って言われますね」と大笑い。

 丸山氏から「それは本当に良いポジション。井上さんと対談してほしい」と懇願されると「めっちゃしたい! でもイニシャルトークなしでガチでいきましょうって言います。もう(芸能界を)辞めるんで忖度する必要ないでしょ」と条件をつけた。


 これには丸山氏も「さすが2代目ですよ。2代目のポジションでしゃべってますよ」と感心しきりだった。

 東谷氏によると、紳助さんとの親交は二十数年に及ぶ。同氏の父親が他界した際も、多忙なスケジュールを縫って通夜に駆け付けたこともあるという。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4176779/


【島田紳助氏がガーシーに〝連絡〟していた! ポスト井上公造に猛プッシュ】の続きを読む


ユーチューバーが視聴者稼ぎで小型機墜落させ大炎上 冬季五輪出場の元スノボ選手



飛行機

現代の子供たちの「将来なりたい職業」として、ランクインしているユーチューバー。成功するのはほんの一握りの人たちだが、そうなるためには危険行為もいとわないといった人も。

このたびアメリカユーチューバーが、視聴者稼ぎのため一歩間違えば大惨事という行為をはたらき、世間を大炎上させた。『The Guardian』や『NEW YORK POST』が報じている。


■五輪にも出場経験

波紋を広げているのは、スノーボード選手として2014年の冬季五輪に出場経験がある、アメリカ人のトレバージェイコブさん(28)。現在はユーチューバーとして活動し、チャンネル登録者数が135,000人を超える人気ぶりだ。

そんなジェイコブさんは去年11月24日、自身が操縦する小型プロペラ機で、カリフォルニア州・ロスパドレスの森林に墜落する事故を起こしていた。


関連記事:フワちゃん、アメリカで起きた緊急事態 「お酒で体調不良になって…」

■動画をアップして事実が発覚

その事故から3週間後、「僕の飛行機が墜落した」というタイトルの動画がアップされ、世間が炎上する事態に。

動画の途中までは「天気も最高、気持ちいいよ!」とご機嫌なジェイコブさんだったが、突然エンジンとプロペラが停止。飛行機のドアから脱出し、パラシュートを開いて着地するという展開だった。

しかし、アメリカ連邦航空局(FAA)は、彼の動画に不自然な点が複数あることを指摘した。

■終始を自撮り撮影

ジェイコブさんは、エンジン停止という命の危機が迫る非常事態でありながら、ドアから脱出してパラシュートで地上に降りるまでを、自撮り棒でずっと撮影し続けるなど、始終冷静だった。

さらに、飛行機にもカメラを取り付け墜落の衝撃の瞬間までを捉えさせ、そのカメラを回収している。緊急事態はまっ先に航空管制に伝える必要があるが、それもしていない。こうしたことから、FAAは「航空法に違反している可能性が」と指摘していた。


■免許取り消しが決定

動画の最後は、夜になり森深く人気のない山をさまよっていると1台の車が通りかかり、助けを求めるシーンで終わっている。世間は、そのシナリオ自体も「完璧すぎる」と炎上した。

FAAにはジェイコブさんを起訴する権限はないものの、「視聴者稼ぎのため、故意に飛行機を墜落させた行為は許しがたい」として彼のパイロット免許取り消しを決定。今後1年間、再申請も禁止だという。

・合わせて読みたい→小型旅客機のドアが上空で突然開く重大事故 手すりが飛びプロペラを破損する事態に

(文/Sirabee 編集部・桜田 ルイ

ユーチューバーが視聴者稼ぎで小型機墜落させ大炎上 冬季五輪出場の元スノボ選手


(出典 news.nicovideo.jp)

【ユーチューバーが視聴者稼ぎで小型機落墜させ大炎上 冬季五輪出場の元スノボ選手】の続きを読む


東谷 義和(ひがしたに よしかず、1971年10月6日 - )は、日本のYouTuber。YouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』を運営。アパレル会社QALB(カルブ)の元社長。元実業家。愛称は「ガーシー」。兵庫県伊丹市出身。身長180cm。血液型はA型。兵庫県立伊丹西高等学校卒業。
18キロバイト (2,193 語) - 2022年5月7日 (土) 10:34

1 jinjin ★ :2022/05/07(土) 23:05:55.10

ついにチャンネル登録者数が120万人に達した「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】」。
破竹の快進撃を続ける同チャンネルの周囲が、ここに来て慌ただしくなっている。

いまや莫大な収益を生む“カネの成る木”へと成長した「ガーシーch」の行く末に“国家権力”が立ちはだかろうとしている、というのだが――。


芸能人の暴露話を次々と投下して再生回数を稼ぎまくる「ガーシーch」に異変が起きたのは5月1日。
同日の生配信で、“ガーシー”こと東谷氏は「やる気というのがだいぶなくなりました。もうこのまま辞めようかなと思っています」と“YouTube引退”を宣言。

しかし、その数時間後には「すべて中途半端に終わらせたまま僕は辞めるわけにいかないし、このまま闘わせてください」と前言を撤回し、翌2日の配信で「ゴールデンウィーク中にも(暴露)動画をアップする」と改めて宣戦布告した。


東谷氏の迷走の理由をスポーツ紙デスクが解説する。

「東谷氏は韓国の男性アイドルグループ“BTSに会わせる”との誘い文句で20人を超える女性からお金を騙し取りましたが、その詐欺事件について警察が自分を強引に逮捕するつもりだと訴えています。その動揺から心が挫け、“YouTube引退”発言に繋がったようです」

BTS詐欺の被害者への弁済金4000万円については4月、動画上で太っ腹な美容外科医と対談し、一時的に立て替えてもらうことで合意。
それを受け、すでに被害者の約7割と返済や示談に向けた交渉が進んでいたという。
その最中に警察が介入してきたというのだ。


警察と政治家と芸能界のトライアングル 

「東谷氏は、警察が被害者たちに直接連絡して“弁済金を受け取らず、被害届を出してほしい”と要請したと暴露。警察の目的は、東谷氏の逮捕、もしくはYouTubeを配信停止に追い込むことだと主張しています。また、これまで晒されてきた芸能人サイドが政治家などを使って警察を動かした可能性も示唆。俄かには信じがたい話ですが、自身に捜査の手が迫っているとする東谷氏の切迫度は本物で、今後の事態の成り行きに注目が集まっています」(同)

東谷氏の言葉を信じれば、今後、逮捕のリスクが常に付きまとうため、YouTubeを継続したところで、いつ休止に追い込まれてもおかしくない。


これまで暴露の対象となってきた新田真剣佑や綾野剛などの芸能人にとっては朗報かと思いきや、話はそう単純でないという。

「仮に『ガーシーch』が閉じても、すでに数々のスキャンダルを暴露された芸能人らの悪化したイメージの回復は容易ではありません。さらにBTS詐欺の被害者などへの弁済原資もYouTubeの収益で賄う予定だったため、休止すると各方面にマイナスの影響が出ることになる」(全国紙社会部記者)


東谷氏は「違法賭博などでスッた借金が3億円ある」とも公言しており、それら債務の解消にもYouTubeの収益が充てられる計画だった。実際、このまま順調に行けば、遠くない将来に3億円の借金完済も夢でないほどの収益を「ガーシーch」は上げていたのだ。
 

月収2500万円!?

YouTube番組の配信・運営会社の代表が話す。
「YouTubeの現在の収益単価は1再生につき約0・4円。『ガーシーch』はサブチャンネル分も含めて、4月の総再生回数が優に3000万回を超えている。広告収入分も含めると、4月の収益は1500万円以上にのぼると見られます。また同チャンネルの切り抜き動画も複数存在していて、一般的に利益は折半なので、そちらの収入も月に数百万円単位になる見込みです」

他にも、5万人に迫る有料のメンバーシップからの会費や生配信でのスパチャ(投げ銭)収入なども加えると、月の収入は“2500万円”前後に達する計算だという。


YouTubeで収益を得る条件は、「チャンネル登録者数が1000人以上」、「総視聴時間が4000時間以上」となるが、「ガーシーch」は開始早々にこれをクリア。
しかし、収益化の申請をして審査が通るまでには相応の時間がかかるため、最初の収益金の受け取りは「5月20日」になると東谷氏は語っている。


つまり、大成功を収めた「ガーシーch」だが、その果実を東谷氏はいまだ受け取っていないのだ。
もし本当に警察の捜査によって東谷氏が逮捕されれば、BAN(配信の停止・削除)される可能性は高く、そうなると今後、毎月手にするはずだった巨額の収入が絵に描いた餅に終わることになりかねない。


YouTubeで荒稼ぎしてこのまま過去の悪行を清算できるか、再び借金に追われる生活に舞い戻ることになるか。
“稀代の暴露王”に最大の試練が訪れている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/cf35116866728fcd2ba2e68907f0d8fd1fb75fb5?page=1


【ガーシー・東谷義和氏に急浮上する逮捕リスク 荒稼ぎ「YouTube」収益の気になる中身… 月収2500万円】の続きを読む

このページのトップヘ