《独占公開》ガーシーを誕生させた「ロンブー田村淳」と「関東連合」の強烈な事件とは


《独占公開》ガーシーを誕生させた「ロンブー田村淳」と「関東連合」の強烈な事件とは
■ロンブー田村淳とのファーストコンタクト
「芸能人のアテンダー」として裏社会でデビューする前のガーシーは、ミナミ(大阪の繁華街)でヤンチャをしながらブイブイ言わせていた。今から30年近く前、ロンドンブーツ1号2号の田村淳とバーで偶然出会ったことをきっかけに、ガーシーは東京へ進出することになる。

〈ロンドンブーツ1号2号の田村淳と初めて会ったのは、1994年やったと記憶している。あのころ俺は、中古車販売業、板金工場、イベント企画の仕事をこなしていた。さっき話した景気の良かった時代や。

ミナミ(大阪)に、芸能人がよく来るバーがあった。友だちと一緒にその店にいたら、ロンブーの田村淳と田村亮が俺の知り合いの女の子と飲んでいた。俺と一緒にいた友だちが「なんやあいつら。ヒガシ(注・ガーシーの本名・東谷義和)の女に手を出しよって。からみに行くわ」と怒り出した。

いきり立ってからみ酒をしに行きかけたら、店のオーナーが血相を変えて「芸能人やからやめてほしい。勘弁したってください」と必死に止める。淳は未だによく「あのときはヒガシさんたちに殺されそうになった」と苦笑いする。ミナミでの一触即発が、淳とのファーストコンタクトや。

淳と再会する機会はじきに訪れた。ガンバ大阪の廣長優志というサッカー選手がいる。のちにU-23日本代表として、アトランタオリンピックで活躍したスターや。廣長が俺に連絡してきて「芸能人の友だちが東京から大阪へ来るから、一緒に飲まないか」と言う。

大阪市福島区にある「HIMAWARI」というイタリアンバルに呼び出されて出かけたら、そこに淳がいた..

【日時】2022年07月30日
【ソース】現代ビジネス

田村 (たむら あつし、1973年〈昭和48年〉12月4日 - )は、日本のお笑いタレント(吉本興業所属、ロンドンブーツ1号2号)、司会者、作家、ラジオパーソナリティ、YouTuber、会社経営者(株式会社LONDONBOOTS代表取締役、株式会社がちキャラ取締役会長、株式会社itakotoCEO
58キロバイト (8,467 語) - 2022年7月22日 (金) 11:20








#1 [匿名さん] :2022/08/01 23:23

>>0
はい🤑🤑


#4 [匿名さん] :2022/08/01 23:33

友だちと一緒にその店にいたら、ロンブーの田村淳と田村亮が俺の知り合いの女の子と飲んでいた。俺と一緒にいた友だちが「なんやあいつら。ヒガシ(注・ガーシーの本名・東谷義和)の女に手を出しよって。からみに行くわ」と怒り出した。

「知り合いの女の子」=「自分の女」って発想が笑えてしょうがないわ🤣


#5 [匿名さん] :2022/08/01 23:37

>>4
作り話だから違和感が出るんだよ、そのマスターに聞いたらわかるよ。


#8 [匿名さん] :2022/08/02 00:05

淳がよく政治家に転身するって話あるけど
昔の素行の悪い話いっぱいあるから無理だと思われ。
写真も沢山あるだろうし。


#11 [匿名さん] :2022/08/02 00:58

>>8
そもそも頭が悪い。学歴コンプレックス。町議会議員でやっとついていけるか問われるレベル


#9 [匿名さん] :2022/08/02 00:33

記事の気持ち悪い関西弁やめろや


#10 [匿名さん] :2022/08/02 00:38

>>9
ホンマやなぁ!!


#12 [匿名さん] :2022/08/02 01:05

国会議員になる為には
知名度が1番大事
自民で知名度あれば
どんなバカでも当選する


#14 [匿名さん] :2022/08/02 01:29

>>12
その通り。現に仕事ができるふうに見せて何の能力もない奴等ばかりだよ学歴なんて関係ない。学なんてなくても政治家なんてなってしまえば持て囃されるだけではじめから立場が上だから何のストレスもなく金は思い通り運転手つき遊び放題。淳に政治はやろうと思えばやれるよ。ただ具体的になにをどうしたいのかないとよくやれないとおもう。結局は官僚の操り人形だから。