新卒向け就活情報サイト「就活の教科書」が掲載した「底辺の仕事ランキング」と題した記事にネットで批判が集まった。運営会社は記事を削除したが、サイトには「行く意味ある?Fラン大学まとめ」と題した記事も掲載されている。

記事では「Fランク大学とは定員割れか偏差値35以下の大学のこと」と定義。「Fランク大学の定義や一覧、就活の実態をすべて解説」するとし、編集部が作成したという「世間一般的にみたFランク大学一覧表」や「偏差値35以下の真のFランク大学一覧表」、「女子大のFランク大学」などを公開している。


また、「Fランク大学の実態」として「授業は中学1年生からの復習」「喫煙者が多い」、「Fランク大学の女子あるある」として「高級ブランド好きの人が多い」「水商売をしがち」「年上の男の人と付き合いがち」などを挙げた。

就職活動に関しては、「Fラン大学に通っていても、諦めずに『学歴以上に自分は価値のある人間である』ということをアピールしましょう!」として、部活動サークル活動、アルバイトに従事することを勧めている。

ネットでは、「名指しされた大学は訴えても良いんじゃないか?」「こんな差別的な記事はありえない」などとサイトに対してさらなる批判が集まっている。

Fラン大学」と称することに法的問題はないのだろうか。清水陽平弁護士に聞いた。

●言われた側の社会的評価の低下が発生する余地がある

——弁護士ドットコムの法律相談には、「Fラン大学生だから頭悪いね」などと言われたという相談が寄せられています。個人に対して「Fラン大学」と言うと、どのような法的問題があるのでしょうか。

Fラン大学」という言葉は、ネットスラング的に使われている言葉であり、一般的に言えば、明確な定義があるわけではありません。しかし、頭が悪い、知能が低いといったニュアンスを含めて使われています。

そのため、Fラン大学といった指摘を受ければ、頭が悪い、知能が低いといった指摘を受けているということができます。このような指摘を受ければ、たとえば仕事ができない人であるとか、手際が悪い人であるといった印象まで受けることになるため、言われた側の社会的評価の低下が発生する余地があります。

そのため、名誉毀損の問題が生じることになります。

——今回の記事では、大学(法人)も名指しされています。

Fラン大学」という指摘は、大学を評価したもの、又は意見ないし論評として指摘されているものといえます。

意見・論評によっても民事上の名誉毀損は成立し得ますが、公共性、公益目的、意見・論評の前提とする重要事実の真実性がある場合には、「人身攻撃に及ぶなど意見ないし論評としての域を逸脱したものでない限り」、違法性がないとされています。

記事では「Fラン大学」の定義を置いており、その定義に当てはまるかどうかという枠組みで名指しされている部分については、(偏差値の情報が概ね正しい限り)前提の重要事実に真実性があるといえることになり、違法性がないとされる可能性が高いといえます。

他方で、世間一般的にみたものというリストも挙げられていますが、実際にはそのように見られていないという実態があるとすれば、前提の重要事実に真実性がないといえることになります。もっとも、「人身攻撃に及ぶなど意見ないし論評としての域を逸脱したもの」といえるかという問題があり、違法とまでは評価されない可能性も高いように思います。

そのため、名誉毀損としていくことはできないことはないが、少々難しいケースも多いのではないかと想定されます。

●名誉感情侵害が成立するか

——名誉毀損以外の法的問題はありますか?

また、「Fラン大学」という言葉は侮辱的ニュアンスを持っていることから、民事上、名誉感情侵害を主張する余地があります。もっとも、法人には感情がないので、名誉感情侵害を主張し得るのは、「Fラン大学」などと言われた個人に限られます。

名誉感情侵害が成立するかどうかは、社会通念上許される限度を超える侮辱行為であると認められるかどうかが問題とされます。言葉自体の侮辱性が強い場合には、社会通念上許される限度を超えた侮辱行為に当たると判断される傾向にあります。

また、根拠が示されず単なる意見・感想の範囲と言える場合は、言葉だけでは社会通念上許される限度を超えていないと判断される傾向がありますが、回数や指摘されている経緯などに照らして、社会通念上許される限度を超えていると判断される場合があります。

Fラン大学」については、どちらかといえば根拠が示されず単なる意見・感想として言われているものという分類になるでしょうから、回数や経緯に照らして社会通念上許される限度を超えるかどうかを検討することになります。

以上のように、単に一言「Fラン大学」であるといった指摘をしたとしても、それだけで法的問題が生じる可能性は低いですが、繰り返していたり、言葉を発した経緯によっては法的問題が生じることになります。

そもそも、他人を下げるための言葉となっている以上、安易な使用は避けるべきと考えます。

【取材協力弁護士
清水 陽平(しみず・ようへい弁護士
インターネット上で行われる誹謗中傷の削除、投稿者の特定について注力しており、総務省が主催する「発信者情報開示の在り方に関する研究会」の構成員となった。主要著書として、「サイト別ネット中傷・炎上対応マニュアル第3版(弘文堂)」などがある。
事務所名:法律事務所アルシエン
事務所URLhttp://www.alcien.jp

「行く意味ある?Fラン大学まとめ」記事に批判集まる 名誉毀損にならないのか?


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

パク記事で節操なく乗っかってくるパヨッコムは訴えられないのか?





定員割れも偏差値も【既に出ている客側評価の数字化】であり、それに基づいた区分/呼称はいわば略称。それで名誉を棄損するとは思えない。ただ一応「定員割れと偏差値35以下は別の呼び方が望ましい」とは答える。


F欄に限らず私立に出す補助金カットしてその分も国立に回して国立の学費は下げろとは思う。


授業内容に関してだけは言われても仕方ないかも知らんけど、他はどうなんだろね。


どこの学校だろうと真面目なデキる奴はいるし逆もしかり。それをFランとかいう括りでしか見れない奴こそ、視野が狭く発想が貧困な愚か者なんよ


そもそも大学は職業訓練所じゃなく学問をしに行く所だ。学者と言うのは緑の草原で枯れ草を選んで食っている牛のようなものと言う。意味がどうのというのが程度が知れる。喫煙うんぬんはただのヘイトだ。歴史上偉大な学者先生は大体愛煙家である。・・・まぁ、スクールビジネス目的で留学生ばっかりの大学とかは行く必要ない。


役に立たない大学はどんどん晒して潰すべし、これを指摘するのをやめろと言うのは税金払ってる人間を侮辱してる、それと海外留学を装った不法入国者が犯罪おこしたときは大学名をさらすべき


知らんがな。行った人に意味があったかどうか聞いてみれば?


勉強を苦と思わず楽しいと感じやりまくって、この学力なら東〇大学行けんじゃね?とそんな気持ちだけで合格し、何の志も持たず卒業し、なぜ東〇卒なのに一流企業の内定が取れないんだ!?と挫折してる奴より、Fランク大学だな。


真面目で勉強できる奴がFラン行くわけないだろう。バカでも入れるからバカしかいないのがFランだ。


ググったらすぐ出てきたわ。1 Fラン大だとしても求人数が多い 2 年収が100万円ほど高い 3 仕事が同じくらいできたとしても、大卒の方が早く出世できる なので、行く意味はある。以上。


いやFランってどっかの塾が勝手に大学をA~Eランクにランク付けした際に「大学卒業相当の資格が取れる大学以外の学校」に対して割り当てられたものであって大学の時点でFランにはなり得ないはずなんだが。偏差値とかは関係ないぞ


炎上上等で食いつきやすい見出し。「悪名は無名に勝る」を地で行く感がある


意味があるから生き残ってるんだろ。意味が無ければ需要もなく淘汰されるだけ。


名誉毀損だのFランの価値がどうこう以前に、公然と学校と卒業生を侮辱する表現を発信する、正しくマスゴミどもの報道倫理の問題だろ。マスゴミだから、でスルーされて停波廃刊に至らないことが問題なんだよ。


あるというなら有ることを反論して証明すればいいこと。


日本の大学は就職予備校みたいなもんなんだからFランは行く意味ないよ。いまや進学希望者より大学の定員のほうが多い時代なんだから大学減らしてまともな大学に補助金回してやれよ。


官僚の天下り先として乱立し、それらを維持するために外国人留学生に税金払って囲い入れてる。岸田首相の「国の宝」発言の元凶。多方面から鑑みて、すぐ潰したほうがいい。


士業に結びつかないすべての大学は、リベラルアーツにしてしまうのも良いかも? もちろんAO入試を始めとするすべての推薦入試制度は廃止して『入試選考は共通テストの成績のみで序列化する』とすれば、全ての大学は否が応でも序列化される。


大学のことは行きたい人が行くだけだからどうでも良いけど。修学旅行とかは要らんと思う。苦痛でしかないし金勿体ないじゃん。ほぼ強制だし


これが名誉棄損になるなら、日本国民に対する差別記事も名誉棄損


ぶっちゃけ意味のない大学という名の長すぎる夏休みを与えるくらいならさっさと働かせ始めたほうがいいと思うけどな。勉強もせず4年無駄にさせて大卒名義での給料だけは与えるって損失としか言いようがない


東京一工以外は大学の意味がないので研究機関として運用しよう


Z世代が行くなら全部Zランク大学でいいんじゃない?


提携校で中華の受け入れ先になっているのも。 きっちり補助金使って・・・


Fラン大学を存在させること、Fラン大学にしか行けないような学生をFラン大学に進学させることについて、社会的なメリットがデメリットを上回るとは思わないな。Fラン大学の平均的な彼らが、大学に行ったからこそ社会で活かせる大きな何かを得ることができたとも思えないし、断然デメリットが大きい。これはFランに限ったことではないが、順序としてFランから潰すべき


需要があるから生き残っている? 少子化問題と大学多過ぎ問題もあるのかな...


小学校9年生レベルのアホでも入れる大学システムも問題でしょ…