現地時間2022年3月27日アメリカロサンゼルスで行われた、第94回アカデミー賞の授賞式。

式典の最中、俳優のウィル・スミスが突然壇上に上がり、司会者を務めるコメディアンクリスロックに平手打ちをする騒動が勃発しました。

スミスの妻であるジェイダ・ピンケット・スミスについて、髪を刈り上げた女性将校が登場する映画『G.I.ジェーン』に絡めた発言をしていた、ロック

ジェイダは脱毛症を公表しており、スミスは後に「ジェイダの病状についてのジョークは耐えがたいものであり、感情的に反応してしまった」と謝罪を行っています。

アカデミー賞授賞式で、司会者を平手打ちしたウィル・スミス 理由に「かっこいい」「正しいと思う」

ウィル・スミス、『平手打ち騒動』を受けアカデミー退会を表明

同年4月2日スミスが映画芸術科学アカデミーから退会する意向を明らかにしたことが、報じられました。

サンケイスポーツによると、今回の騒動についてスミスは「衝撃的で苦痛を与え、許されない行為だった」「アカデミーの信頼を裏切った」とコメント

また、「自身の行いに伴う、いかなる結果も全面的に受け入れる」と思いを明らかにしています。

アカデミー側はすでに懲戒手続きに着手しており、辞任を受け入れた上で、スミスに処分を下す可能性が出ているとのこと。

世界各国に中継が行われるビッグイベントでのトラブルであったことに加え、言葉の暴力と肉体的な暴力が含まれるため、いろいろな意見が上がっている今回の騒動。

日本国内でも議論が展開され、「大切な人を公衆の傷付けられたら、怒るのは仕方がない」という擁護の声や、「どんな理由があっても暴力はいけない」と批判する声が上がっています。

きっと、今回の騒動に対する考えに、正解はないのでしょう。しかし、スミスの妻への想いは、多くの人に伝わっているはずです。


[文・構成/grape編集部]

出典
サンケイスポーツ


(出典 news.nicovideo.jp)

ウィラード・キャロル・スミス・ジュニア(Willard Carroll Smith Jr., 1968年9月25日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、映画プロデューサー、ラッパー。ラッパーとしては「ザ・フレッシュ・プリンス(The Fresh Prince)」を名乗っていた。ジャンルを問わず出演作が
41キロバイト (3,598 語) - 2022年4月2日 (土) 07:57



<このニュースへのネットの反応>

ハリウッドがすべてではない





アメリカでは言葉の暴力は全く考慮されないのかあれだけMeetoo運動とかあったりするのに、なんだか意外


「どんな理由があっても暴力はいけない」:これを主張する人で言葉の暴力使わない人って見たこと無い


「どんな理由があっても暴力はいけない」殴られないのをいいことに学校のイジメと同じでドンドンエスカレートしてく奴だぜこれ


ウィルが公の場でやっちゃたことは事実だからその件の処罰自体はそれはそれでいい。が、そも『アカデミー賞の信頼と格に泥を塗った』ことが批判の判断基準として持ち出されるなら司会者の言葉の暴力も同様に処罰して両成敗の方が格は保たれると思うんだけど、そうならない辺りが「所詮ポリコレ的配慮なんて上辺だけでまともに付き合う必要がない」というのを再確認させてくれたな。


人への侮辱も、暴力も変わらないと思うんだけど。ウェルスミスの方ばかり叩かれているのがおかしいよ。


要するにアカデミー様の儀式をぶち壊しにしたのが許せんってことだろ。ポリコレだのなんだのと騒いでいるが根元の所は人権なんてどうでもよくて受けがいいから気を使っていますというスタンスをとってるだけなんだ。ウィル・スミスに問題がないとは口が裂けても言えないが、クリス・ロックとそれを認めたアカデミーに問題がないとは魂が裂かれても言いたくない


せっかくドライブ・マイ・カーで「久々にいいニュース、よくやった!」って気分になったのにさぁ… 今回の件でアカデミーの*っぷりが明らかになって今は「こんな賞に価値あんの?」って気分だわ。 ウィル・スミスに「日本や欧州の皆はあなたの味方です」って伝えたい・・・


好き放題善良な人を侮辱することは許すんだ、へぇ~。


当のアメリカではウィルへの批判の方が多いって話を聞いてまぁ予想通りだなって思ったね。欧米人なんて所詮はその場のノリとテンションと芯の無い正義感で生きてるだけの蛮族にし*ぎないなってのがわかるわ。


言葉の暴力を発する同じ口で他国にやれ人種への配慮だ性別への配慮だと上から目線で押し付けがましく言ってくるのマジで何のギャグなんだろうな?その臭い口を縫い合わせて黙らせたくなるわ


「ポリコレに価値はない」ってアカデミー賞側が主張してるんでなければ司会者にも相応の罰が必要なんだけどなぁ


直接暴力を振るわなきゃどんな侮辱の言葉を吐いてもいいってか。こんな組織が芸術やら何やら語るとかそれこそジョークだよ。それもとびきり悪趣味で笑えないやつ


罪深さランキング、クリス・ロック>>>*寒ジョークで笑った周囲の人間>>>>>平手打ちしたウィル・スミス


正直、あのジョークで笑ってた会場に萎えたわ。権威に品性は付随しないのかな?


「ジョーク」と言って他人を侮辱することはアカデミーの品位を貶めることにならんの?


アメリカのコメディアンってポンニチ芸人のいじりよりキツイよね。へーきで身体的特徴ネタにするし、多分永遠に差別とかなくならないと思うよ。つかアカデミー賞とノーベル平和賞はもういらんやろ。拝金賞とかに変えたらいい。


この件、素直に謎なのは「奥さんの容姿に関する事柄をジョークにされたけど、殴るほどではない」ってことは「黒人とか黄色人種の容姿に関する事柄をジョークにするくらいどうってことない」に通じるはずなんだが、アカデミー賞はこれを許容してるのか。


>tq氏 差別が当たり前の人達なので付随するような品性なんて最初から持ち合わせていないってのが正しいかと


ウィルは暴力に出た時点でダメ、でもそのダメなのは本人が一番わかってるのはあの言葉の通りだし 最適解とすればあそこは我慢して、そのあと裏でクリスに伝えればOKだった しかしだからといって女性が丸坊主にしているのをネタにする、かつそれが病気という事情を抱えていた人に対するジョークを行ったクリス側にもかなりの責任がある アメリカは相変わらずバランス取れてない