出前館(でまえかん、Demae-can)は、日本の宅配ポータルサイト。LINE株式会社の持分法適用会社である株式会社出前館が運営する。 ピザ・弁当・中華・寿司・洋食・酒・ネットスーパーなど60,000店舗以上の出前サービス店舗、 配達網をもたない店舗から、メニューや“現時点でのお届けまでの待ち時間
16キロバイト (1,729 語) - 2022年1月27日 (木) 08:43



1 ひよこ ★ [ニダ] :2022/01/28(金) 19:03:11.92

2022年01月28日 15時00分 公開
[井上輝一,ITmedia]

 コロナ禍のステイホームで需要が増えているフードデリバリーサービス。Uber Eats、出前館、menu、Woltなど複数のサービスがしのぎを削る中、今、出前館で異変が起きている。「今月のペースだけでいえば年収1000万もいける」──ある配達員は取材にこう打ち明けた。

「時給6800円」
 フードデリバリーサービスの配達員は、多くの場合企業との雇用関係はなく、業務委託契約を結んでいる。このため、複数のサービスを掛け持ちする配達員も中にはいる。

 記事冒頭の配達員Aさんも、本業とは別に、Uber Eatsと出前館を掛け持ちして空き時間に配達業務をしているが「この1月に出前館以外で配達するメリットはない」と言い切る。

 配達員の報酬はサービスによって計算が異なるが、出前館は1件当たり550円~715円。Uber Eatsは「配送料+プロモーション-サービス手数料+チップ」という計算式で出されるものの、2022年1月現在は1件当たり300円が基本という。


(出典 image.itmedia.co.jp)

出前館の配達員募集情報(出前館より)


(出典 image.itmedia.co.jp)

Uber Eats配達員の報酬計算方法(Uber Eatsより)

 1件当たりの単価でも出前館が上回る状況だが、1時間に3件こなすとしても時給は高くて2100円程度。8時間続けても1万7000円と“年収1000万”のペースには程遠い。ところが、出前館の配達業務をやっていると思わしきTwitterアカウントを見ると「30[缶の絵文字]4万」という書き込みが。

「30[缶]4万」はどういう意味? 高報酬の裏には配達員不足や新規事業への布石も
次のページへ
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2201/28/news121_2.html





2 名無しさん@お腹いっぱい。 [DE] :2022/01/28(金) 19:05:08.57

プロボクサーみたいな選手生命