川口春奈 ついに「弱すぎ格闘家カレシ」と完全破局のカウントダウンか


川口春奈 ついに「弱すぎ格闘家カレシ」と
完全破局のカウントダウンか

SNSでファンに逆ギレ

今年冒頭にも当サイトで報じた『爆売れ&爆稼ぎ女優』川口春奈(27)と『弱すぎる総合格闘家』矢地祐介(31)の超格差カップルの破局間近情報。

「昨年の大晦日は、川口がNHK紅白歌合戦で見事な司会ぶりを見せた裏で、RIZINの大晦日大会に出場した矢地。何も出来ずに惨敗し、マットに横たわる醜態をフジテレビ全国放送で晒していた。このあまりの格差と、もともとの周囲の反対もあり、川口が年明けにも別れを切り出すというネタが業界を駆け巡っていた」(週刊誌芸能記者)

その後、続報が改めて出ることはなく『何とか破局せずに持ちこたえたか』という雰囲気だった最中、先日、矢地がまたRIZIN(4月16日開催)に出場したのだが……。

過去に負けた相手へのリベンジマッチだったが、またも惨敗KO負け。

もはや矢地が負けるのは通常運転なのだが、 “SNS好き” としても知られる矢地とファンのやりとりが大炎上して、騒動になっているという。

「試合の2日後に矢地がツイッターでファンに励まされつつやりとりしているなか、一人のファンが 『川口春奈と別れて格闘技に集中して』 という趣旨のリプを送ったところ、それに矢地がガチギレして猛反論していた」(同前)

『誰と付き合おうが周りの環境が変わろうがお金を稼ぐようになろうが常に格闘技だけに集中してるわ!!それが俺の仕事だ!!舐めんな!!(※原文ママ)』と敵意むき出しで、自分を否定するリプライを引用リツイートする矢地。

もはや、川口春奈の株が上がる(インスタグラムより)

そんな矢地を擁護するファンもいたが、大半は『いちいち反応するのは大人げない』『結果が出てないから何言われても仕方ない』『弱い選手には川口春奈は勿体無い』など批判の声ばかり。

「弱いくせにいちいち逆切れして反論するのは、完全な負け犬の遠吠え。その騒動は川口の耳にも当然入っており、2人共通の関係者も『連敗しているんだから勝つまで黙っていれば良いのに』と呆れ顔だった。川口も周囲の雰囲気に押され、矢地をかばう気にもなれず、今度こそ完全破局を決意したのでは」(川口に近い芸能関係者)

まもなく32歳になる矢地は、総合格闘家としてのフィジカル面はピークを迎える年齢だが、キャリアや戦績、そして肝心の実力を見るに、もう上がり目が無いのは素人目にも明らか。

一方の川口は、今後も上がり目しかない国民的人気女優。

完全破局へのカウントダウンは、すでに始まっているようで……近いうちに確定情報が流れるのは間違いないか。 (狩野玖太)

【日時】2022年05月16日 09:22
【提供】覚醒ナックルズ

【川口春奈 ついに「弱すぎ格闘家カレシ」と完全破局のカウントダウンか】の続きを読む


秋篠宮さまが前代未聞の書『秋篠宮』で国民に伝えたかったこととは?


秋篠宮さまが前代未聞の書『秋篠宮』で国民に伝えたかったこととは?
■小室さんとの婚約報道から結婚まで
 秋篠宮さまに直接取材したジャーナリストが、その肉声をまとめた本が発売された。退位問題から小室さん夫妻の案件まで、国民の一大関心事について当事者の胸のうちが語られた画期的な内容と言えるだろう。もちろん公的に許諾するかどうかは別として、秋篠宮さまに無断で発表するはずもない。それでは秋篠宮さまがこれを通じて国民に伝えたかったこととは何だったのか? 

 問題の1冊は11日に刊行された『秋篠宮』(小学館)。著者は元毎日新聞特別編集委員でジャーナリストの江森敬治氏だ。江森氏は、2017年6月から22年1月までの間に合計37回、宮邸などで秋篠宮さまから直接話を聞いてきたという。

 江森氏が秋篠宮さまと向かい合った4年半は、秋篠宮さまが眞子さんの結婚問題と向き合った時期と一部重なっているようだ。この期間のことを駆け足で振り返っておくと、「秋篠宮家の長女・眞子さんがICUの同級生である小室圭さんと婚約の準備を進めている」とNHKがスクープしたのが17年5月。同年9月に婚約が内定し、2人は会見を行い、翌18年3月に納采の儀(一般家庭で言う婚約)を、そして11月に結婚式を執り行う予定だった。

■苛立ちを募らせて
 しかし、17年12月に圭さんの母・佳代さんと元婚約者との間の金銭トラブルが報じられ、その後に、納采の儀など結婚関連の儀式を2020年に延期することが発表された。

 圭さんは18年8月に米フォーダム大のロースクールに入学し、国際弁護士を目指すこととなった。

 秋篠宮さまはその年11月の誕生日会見で、「多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなけ..

【日時】2022年05月16日 06:00
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】

【秋篠宮さまが前代未聞の書『秋篠宮』で国民に伝えたかったこととは?】の続きを読む


上島 竜兵 (うえしま りゅうへい、1961年〈昭和36年〉1月20日 - 2022年〈令和4年〉5月11日)は、日本のお笑いタレント、俳優。ダチョウ倶楽部の大ボケ担当。本名は、上島 龍平(読み方同じ)。通称、ちゃん(先輩芸人が使用する)または、さん(若手芸人などが使用することがある)。
40キロバイト (5,693 語) - 2022年5月16日 (月) 14:46

1 muffin ★ :2022/05/16(月) 20:18:18.76

https://www.oricon.co.jp/news/2234937/
2022-05-16 14:49

11日に死去したダチョウ倶楽部・上島竜兵さん(享年61)の妻でタレントの広川ひかる(51)が16日、所属事務所の公式サイトにコメントを発表した。 所属事務所として「故・上島竜兵の葬儀も無事終えることが出来、皆様には心より深く感謝申し上げます。本日、夫人より追悼文が届きましたので掲載させていただきます」とし、掲載した。広川は上島と同じ太田プロダクションに所属し、ものまねタレントとして活躍。94年に上島さんと結婚した。

■広川ひかる コメント全文

ファンの皆様 関係各位

応援してくださっているファンの皆様、関係各位の皆様にはご心配おかけしましたこと深くお詫び申し上げます。

生前は仲間とお酒を飲むのが好きで 先輩や後輩、仕事でお世話になりました皆様にはご厚情を賜りたくさんの思い出を作らせていただいたと思います。
また、最近ではドラマやCMに出演させていただく機会も増えて本当に喜んでおりました。
故人に代わって厚く御礼申し上げます。
私達家族も、皆様からの温かい言葉に励まされ葬儀もとどこおりなく相営むことが出来ました。

これからもずっと竜ちゃんを忘れないでください。
「芸人上島竜兵」は皆様に愛され大変幸せな人生でした。
皆様の中に思い出がありましたら、どうぞたくさん笑って たくさん思い出話をしてほしいです。

上島光(広川ひかる)


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)


★1:2022/05/16(月) 15:14:31.38
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652681671/


【上島竜兵さん妻・広川ひかる、追悼文を発表】の続きを読む


河村 (かわむら りょう、1967年6月26日 - 2022年5月14日)は、日本テレビのエグゼクティブアナウンサー。同社 編成局アナウンス部・専門部長(スポーツ担当)。 神奈川県茅ヶ崎市に生まれ、その後父の転勤で新潟県新潟市に転居。新潟大学教育学部附属新潟中学校、新潟県立新潟高等学校では松井みど
18キロバイト (2,386 語) - 2022年5月16日 (月) 22:50

1 muffin ★ :2022/05/16(月) 18:24:45.05

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202205160000766.html
2022年5月16日17時16分

日本テレビの河村亮アナウンサーが脳出血のため14日に死去した。54歳。同局が16日、公表した。通夜、葬儀は近親者のみで執り行う予定。

同局によると最後の仕事は3月19日に出演したラジオ日本の「日テレアナ・ザワールド!」(土曜午後10時半)で、テレビでも3月3日にBS日テレで放送したプロ野球巨人×西武戦の巨人リポーターを務めるなどしていた。その後、体調不良を訴え、入院していたという。

河村アナは早大政経学部から91年に日本テレビに入社。プロ野球や箱根駅伝、オリンピック、ゴルフなど同局のスポーツ中継の中心的存在として活躍した。「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」など、バラエティーのナレーションなども務めた。

94年に初めてプロ野球実況を務めた際は巨人元木、岡崎、大久保の3連続ホームランも伝えた。12年にはイチローが来日したMLBNの日本開幕戦マリナーズ-アスレチックスも実況した。


(出典 www.nikkansports.com)


【【訃報】日本テレビ河村亮アナ死去 54歳脳出血 】の続きを読む


加藤浩次 4630万円誤送金問題 “雲隠れ”24歳男性に「責められるべき」「あなたのお金じゃない」


加藤浩次 4630万円誤送金問題 “雲隠れ”24歳男性に「責められるべき」「あなたのお金じゃない」
 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(53)が16日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。山口県阿武町で起きた誤送金問題についてコメントした。

 阿武町は463世帯に10万円ずつ給付するはずのコロナ新型コロナ給付金4630万円を、誤って同町に住む男性(24)に全額振り込んだ。振り込まれた男性は返還を拒否し、現在は所在がつかめなくなっている。

 加藤は行政の振り込みミスが指摘されていることについて「ミスについては、今後なくしていかないといけないですが、ミスを責めたところでと僕は思ってしまう」とかばい、返還を拒否している男性について「こいつですよ。なんで持ってどこかにいなくなってるの、おかしいでしょ。そこはしっかり責められるべきと僕は思います」と持論を展開。

 続けて「あなたのお金じゃないからねということ。今雲隠れして、今お金ないですよっておかしいでしょ」と怒りをあらわにした。

【日時】2022年05月16日 09:09
【ソース】スポーツニッポン

【加藤浩次 4630万円誤送金問題 “雲隠れ”24歳男性に「責められるべき」「あなたのお金じゃない」】の続きを読む


4630万円誤送付「返還は難しい」「手元に残っていない」 24歳男性の弁護人が会見


4630万円誤送付「返還は難しい」「手元に残っていない」 24歳男性の弁護人が会見 山口・阿武町
山口県阿武町が町民の24歳の男性にコロナ関連の給付金4630万円を誤って振り込み、男性が返還を拒んでいる問題で、16日、男性の弁護人が会見を開き「給付金の返還は難しい」と説明しました。

この問題は、阿武町が4月8日、職員の手続きミスで町民1世帯あたり10万円のコロナ関連の給付金を、1人暮らしの24歳の男性に4630万円振り込んでいたものです。

阿武町は5月12日に給付金の全額と弁護士費用などをあわせた5100万円余りの支払いを求めて男性を提訴し、これを受けて16日午後、男性の弁護人が山口市内で会見を開きました。

会見で弁護人は、これまで男性が警察からの任意の事情聴取に応じていることを明らかにした上で、給付金返還の意思については「男性本人は給付金を所持していないので、返還は難しい」と答えました。

報道陣から「お金を使ってしまって返せないということか?」と聞かれた弁護人は「概ねその理解で正しい。何か財産的価値のあるものが本人の手元に残っている状態ではないと聞いている」とコメントしました。

また“男性の行方が分からない”と報道されていることについて、弁護人は「男性のスマートフォンが現在も警察から返還されていないので、阿武町側が連絡が取れないために誤解したのだろう。私は男性と連絡が取れているので所在不明というのは正確ではない」と答えました。

今後については「男性は警察の事情聴取には応じる考えだ。民事訴訟については訴状を確認して検討する」としています。

【日時】2022年05月16日 18:19
【ソース】テレビ西日本

【4630万円誤送付「返還は難しい」「手元に残っていない」 24歳男性の弁護人が会見】の続きを読む


勝俣州和・ダチョウ倶楽部・上島竜兵

15日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、ダチョウ倶楽部上島竜兵さんの訃報について大きく扱われた。番組準レギュラー勝俣州和エピソードが、注目を集めている。


■スタッフがあらぬミス

11日未明、61歳の若さで急死した上島さん。番組がまとめた、ダチョウ倶楽部の『アッコにおまかせ!』出演時のVTRなどが流されると、スタジオではそれぞれが思い出話を語っていく流れに。

若手時代に共演する機会が多かったという勝俣は、あるとき“熱湯風呂”の舞台裏を目撃したという。

通常、人が入れる温度か、ダチョウ倶楽部メンバーが確かめるらしいのだが、その日は、スタッフが間違えて「人が入れないほどの、沸騰するような本当の熱湯」を入れてしまっていたそう。


関連記事:上島竜兵さんが担った「お笑い史上のすごさ」の秘密 ベタ芸・復興の旗手

■「俺たちプロなんだ」

さらにこの日は、他のゲストも熱湯に入る流れもあったため、ダチョウ倶楽部が「お湯を変えてくれ」とスタッフに伝えたのだが、回答は「熱湯って言われたから熱湯を入れたんですよ」というもの。

そのとき、上島さんが「バカ野郎」と声を荒らげ、「このお湯がぬるかろうが、熱湯に見せるのが、俺たちプロなんだ」と語ったのだそう。


■「この人カッコいいな」

それを見たとき、「この人カッコいいな」と思ったという勝俣。話を聞いていた和田アキ子も「おお…」と感動した様子を見せる。

視聴者からも「上島さん、さすがのプロ根性ですね」「もうあの熱湯風呂が見られないと思うと悲しい…」「上島さんのそういうエピソードもっと聞きたい」と多くの反応が寄せられていた。


■和田も「つらいよね」

多くのメンバーが上島さんを偲んでいく中、和田もコメント。一言「つらいよね」とため息を漏らし、「お亡くなりになってから、ずっとこの報道が各局で取り上げられていて。本当にみんなに愛されてたんだなあ」とつぶやく。

そのうえで、「コメントできないんですね」「何を言っていいのか」と困惑。やりきれない表情で「こんなことになって、相手とかみんながこんな風に悲しむって、あんた分かってたの?」と問いかけた。


■主な相談窓口

・いのちの電話

ナビダイヤル0570-783-556(10時22時

フリーダイヤル=0120-783-556(16時21時。毎月10日は8時~11日8時)

日本いのちの電話連盟https://www.inochinodenwa.org)

・合わせて読みたい→松本人志、上島竜兵さん偲び言葉詰まる 「あの芸が有害なんて思わない」

(文/Sirabee 編集部・東水 壮太

勝俣州和が見た上島竜兵さんの怒った姿 本当の“熱湯”を入れたスタッフに…


(出典 news.nicovideo.jp)

上島 竜兵 (うえしま りゅうへい、1961年〈昭和36年〉1月20日 - 2022年〈令和4年〉5月11日)は、日本のお笑いタレント、俳優。ダチョウ倶楽部の大ボケ担当。本名は、上島 龍平(読み方同じ)。通称、竜ちゃん(先輩芸人が使用する)または、竜さん(若手芸人などが使用することがある)。
40キロバイト (5,686 語) - 2022年5月16日 (月) 10:56



<このニュースへのネットの反応>

【勝俣州和が見た上島竜兵さんの怒った姿 本当の“熱湯”を入れたスタッフに…】の続きを読む


 「ゆっくり魔理沙」や「ゆっくり霊夢」で人気の「ゆっくり茶番劇」が第三者に商標登録された件について、取得の代理を請け負った海特許事務所がおわびのコメントを発表しました。多くの人に愛されている商標であることを把握していなかったことを謝罪するとともに、見解や爆破予告があったことを記しています。

【画像】商標取得者の柚葉さん

 この発表では、初めに「皆様に愛されている商標であることを存じておらず、ご迷惑をおかけ致したこと申し分けございませんでした」と謝罪。続いて、爆破予告があったこと「『ゆっくり茶番劇』を愛しているからこその行為かもしれませんが」と前置きをした上で「冗談ではすまされませんので」と通報したことを報告しています。

 また、一連の件についての見解も発表。まず出願については、商標取得者が「自身のYouTubeチャンネルで使用する」ことを希望していたため、調査を行った上で出願の代理を行ったそうです。しかし、当時の調査ではネットの検索でもヒット数は数万件程度であり、周知と呼べるレベルではないと判断したとのこと。また、出願の段階で不正の目的があったのであれば、弁理士の責任としてストップをかけていたとしています。

 次に、商標が取得できてしまったことで審査官に批判の声があがっていますが、この件についても言及。商標は出願の公開から審査着手までの期間があり、問題がある場合はこの間に情報提供を行えるようになっています。しかし今回は公開から登録まで情報提供がなかったため、審査官の判断にも現状では誤りがなかったと説明しています。

 さらに、登録後には異議申立期間がありますが、ここでも何の異議もない状況だったため商標取得社が権利行使をしたのではないかとのこと。ただし、もし単に周知商標を独占することで利益を得ようとしているのであれば不正の目的(商標法第4条第1項第19号)に該当する可能性があることを指摘しています。

 今後については、商標権者と「ゆっくり茶番劇」が自身の商標であるはずと思われる人との間で話し合いなどが行われ、場合によっては無効審査がなされるかもしれないとしています。

画像は海特許事務所から


(出典 news.nicovideo.jp)

東京特許許可局という早口言葉があるが、そのような官庁や部局は実在しない。 5月1日に柚葉氏の影響でゆっくり茶番劇に商標登録がされる、youtubeやニコニコなどにゆっくり茶番劇の内容を投稿すると、それで収益を得てる場合で年間10万円の使用料を払わなければならないということが登録された、
25キロバイト (3,432 語) - 2022年5月16日 (月) 09:20



<このニュースへのネットの反応>

【「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 】の続きを読む


🎤【関係者直撃】トラブル続出 市川海老蔵の「本当の素顔」 - 芸能ニュース掲示板|70レス|爆サイ.com南関東版


【関係者直撃】トラブル続出
市川海老蔵の「本当の素顔」

昔からぶれない俺様キャラ

相も変わらず騒々しい、偽りの国民的歌舞伎俳優・市川海老蔵(44)と義姉の元フリーアナ小林麻耶(42)の大騒動。

どこよりも早く、当サイトでは海老蔵が小林に謝罪を行った件を報じたが、その後、海老蔵は週刊文春での独占インタビューに応じた。

「海老蔵も騒動以来どこかで釈明するチャンスを狙っていて、一番影響力のある媒体での独占告白を企んでいた。記事は大反響となったが、ワイドショーなどでは海老蔵の再婚ネタなどは取り上げたものの、小林ネタはNGが出ているのかどこもスルーだった」(情報番組プロデューサー)

その後の小林は、以前ほどの過激さは無いものの、海老蔵や実母への攻撃を再開。海老蔵の謝罪の意味は無かったのだろうか。

「海老蔵も小林も共にスピリチュアルに傾倒しているが、海老蔵は強固な我があったうえでの趣味のようなもの。一方、小林の場合は完全な依存状態で自分をコントロール出来ていない。洗脳がずっと続いているような状態なので、あの夫と完全に縁を切らない限り元に戻ることはないでしょう」(心理カウンセラー)

海老蔵も “完全にイっちゃってる” 状態の小林とは、今後は距離を取りつつ『基本的にスルー』というスタンスのようだ。

しかしながら、やはり海老蔵自身にも大いに問題があり、“稀代のトラブルメーカー” であることも事実であろう。

SNSはの更新はかなりマメ(インスタグラムより)

世間に『半グレ』や『関東連合』などのワードを広めるきっかけとなったといわれる、あの西麻布暴行事件当時は、海老蔵の問題点も大いに指摘されて、連日猛バッシングを受けていたが。

「その後、麻央さんが亡くなってから “悲劇のシングルファザー路線” でうまい具合にキャラ変換に大成功。それがここに来て、また化けの皮が剥がれてきている。もともと海老蔵の素は、10代の頃から一切ぶれないほど、傍若無人の俺様キャラで “女も道具” くらいにしか思っていない外道気質」(海老蔵を知る歌舞伎関係者)

市川新之助時代の2003年時点で、NHK大河ドラマ『武蔵』の主演を張ったという輝かしい実績も手伝い、その俺様キャラは加速の一途。

「海老蔵を襲名してから民放ドラマに進出したが『こんな無茶苦茶な要求する俳優は見たこと無い』と各局のプロデューサーがさじを投げた。現代劇のオファーが最近一切無いのも『もう二度と仕事したくない』というスタッフばかりなので当然でしょう」(同前)

歌舞伎という伝統芸能のトップを張るという自負が、強烈な自己肯定感を生み、常に威圧的な態度として表れるのか……そんな海老蔵でさえも “正真正銘のヤバい奴” には、完全にお手上げなのが現実だ。(狩野玖太)

【日時】2022年05月11日 08:52
【提供】覚醒ナックルズ

【トラブル続出 市川海老蔵の「本当の素顔」】の続きを読む


🎤華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」 - 芸能ニュース掲示板|44レス|爆サイ.com南関東版


華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
 歌手の華原朋美さんが5月14日にYouTubeチャンネル「華原朋美」を更新。所属している芸能事務所「株式会社伝元」の社長で夫の大野友洋氏について報じられた過去の婚姻歴や3人の“隠し子”について、自身には知らされていなかったと明かしました。

「文春オンライン」は10日、大野氏の婚姻歴などに加え、元妻へのDV疑惑や養育費の未払いを報道。ニュースを知った華原さんは14日にYouTubeを更新し、プロポーズを受けた際に戸籍謄本を見せられ初婚だと伝えられたとし、「私はだまされて結婚してしまったんです」と強い口調でコメントしながら、子どもの存在を知っていたら結婚していなかったと明言しています。

 華原さんによると文春の報道直前となる7日、夫から煉炭を積んだ車で茨城の山奥にいるという連絡があったとのこと。当該記事の内容が真実だと知ったものの、その時点ではまだ夫を守りたいという思いがあり、10日に親子3人で焼肉に出掛けたというエントリをブログに投稿したそうです。

 しかし、話し合ううちに次々と夫のウソが露呈し、結婚後に元妻と連絡を取り合っていたことも判明。夫にたびたび振り回され、スタッフを交えて話し合いの場をもうけたこともあるほどで、「彼のウソを見抜けなかったことにすごく後悔しています」と悔しそうにコメント。元妻の苦労にも言及し、大野氏の養育費不払いについて謝罪していました。

 2歳の息子については大野氏に懐いていましたが、事情を知ってしまった今では「もうパパとはいわなくなりました」と報告。なお、大野氏は動画撮影の直前、久しぶりに帰宅したものの、騒動に対するフ..


【日時】2022年05月15日 12:05
【ソース】ねとらぼ

【【悲報】華原朋美の夫に実は、3人の隠し子が・・・。】の続きを読む


上島 竜兵 (うえしま りゅうへい、1961年1月20日 - 2022年5月11日)は、日本のお笑いタレント、俳優。ダチョウ倶楽部の大ボケ担当。本名は、上島 龍平(読み方同じ)。通称、ちゃん(先輩芸人が使用する)または、さん(若手芸人などが使用することがある)。
39キロバイト (5,528 語) - 2022年5月15日 (日) 17:11

1 jinjin ★ :2022/05/16(月) 07:16:41.79

上島竜兵さん“過剰コンプラ”が居場所を奪った?「絶対責任ある」


去る5月11日、お笑いトリオ『ダチョウ倶楽部』上島竜兵さんの訃報が飛び込んできた。

生前の上島さんといえば〝イジられる〟芸風であり、暴力的な仕打ちやイジメに近いぞんざいな扱い、後輩から小*にされる扱いを受けることもしばしば。


現状、亡くなった原因は定かではないが、ネット上では

《日本人って、「こいつはこういうキャラだから」って認定すると何でもやっていいと思ってる奴多いよな》
《表向きはキツいイジリに平気な顔してても内心でネガティブな感情の蓄積がゼロだったとは断言できない》
《イジリイジリってイジられ日本一の男が亡くなってるんだから世話ねえわ…》
《これに嫌悪感抱かないとか日本人って本当に感情が無いんじゃねーか》
《心弱っていたら、この扱いを「俺はもう芸能界ですでに*でしまった存在」「周りから*でも良いと思われている存在」と受け止めるからなあ》
《「おいしいと思ってるに違いない!」と言われても本人じゃないんだからわかるわけない》

など、こうした扱いが精神的に堪えていたのでは?との指摘が相次いでいる。


一方で全く逆の意見も…

しかし一方で、全く逆の意見も散見されている。
その論調は〝上島さんはこうした芸風に誇りを持っていたが、コンプライアンスが厳しくなり、披露できる場が減っていき、自身の存在意義を失ってしまった〟という逆説的なもの。


特に「痛みを伴うことを笑いの対象にするバラエティー番組」を取り締まる動きを見せているBPOには風当たりが強く、

《BPOにも絶対責任ある。 規制規制でやれることすらできなくなった》
《BPOとBPOにチクってるやつらが竜ちゃんの居場所をなくしたんじゃないか》
《上島竜兵ショックが広がっているが、BPOなどの規制で、もうリアクション芸人がテレビで見られなくなるかも》
《コンプラだーBPOだーでテレビに出づらくなっていた芸人が亡くなる日本》
《全部、BPOとコンプライアンスのせい》

といった意見が見られており、全く逆の主張で対立している形だ。


双方とも一理ある主張だが、本人が亡くなってしまった今となっては、どちらが正しいという検証もできない。
ともかく、今はご冥福を祈るばかりだ。


https://myjitsu.jp/archives/351387


前スレ
【芸能】上島竜兵さん“過剰コンプラ”が居場所を奪った? 「絶対責任ある」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652419979/


【上島竜兵さん“過剰コンプラ”が居場所を奪った?】の続きを読む


山梨・道志村 発見の骨とDNA型が一致 小倉美咲さん 不明後まもなく死亡か


山梨・道志村 発見の骨とDNA型が一致 小倉美咲さん 不明後まもなく死亡か
山梨県道志村で見つかった骨とDNA型が一致した、千葉県の小倉美咲さんは行方不明になってからまもない内に死亡したとみられることが捜査関係者への取材でわかりました。
道志村の山の中で見つかった肩甲骨について警察は、3年前に近くで行方不明になった千葉県の小倉美咲さんとDNA型が一致したと明らかにし、美咲さんは死亡したと判断しました。
捜査関係者によりますと、骨の状態などから行方不明になってからまもない内に死亡したとみられるということです。死因や行方不明後の足取りは明らかになっておらず、警察は事故と事件の両面で捜索を続けています。
また15日は、現地に捜索のボランティアが相次いで訪れ、遺留品が見つかった沢の方角を向いて手をあわせ祈りを捧げました。

【日時】2022年05月15日 17:59
【ソース】TBS News

【山梨・道志村 発見の骨とDNA型が一致 小倉美咲さん 不明後まもなく死亡か】の続きを読む


有吉 弘行(ありよし ひろいき、1974年〈昭和49年〉5月31日 - )は、太田プロダクションに所属する日本のお笑いタレント・司会者。妻は夏目三久。 コンビ『猿岩石』の元ボケ・ネタ作りを担当。広島県安芸郡熊野町中溝出身。身長172cm・体重62kg、血液型A型。広島県観光大使、東京銀座の広島県アン
77キロバイト (11,547 語) - 2022年5月14日 (土) 10:31

1 征夷大将軍 ★ :2022/05/15(日) 20:24:56.37

スポニチ2022年5月15日 20:02
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/05/15/kiji/20220515s00041000603000c.html

お笑いタレントの有吉弘行(47)が15日放送のJFN「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(日曜後8・00)に出演し、11日に急逝したお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さん(享年61)を悼んだ。

冒頭に「まいったね、しかし。驚いたよ」と上島さんの訃報に対して気丈に切り出した。それでも「なんか、悲しいな」と言葉に詰まった。

また、14日に行われた密葬では「みんな気を使ってもらって、上島さんと2人っきりにしてもらったけど。はぁ。放送事故になっちゃう。お通夜も葬式も最後は火葬場まで。家族扱いしてもらって、参加してもらって、お通夜の時もお葬式の時もちょっと笑っちゃうときもあって。なんか上島さんのお葬式らしいなって」と声を震わせながら振り返った。

有吉は土田晃之や劇団ひとりら、上島さんを囲んで酒を飲んだ「竜兵会」のメンバー。96年に同局の「進め!電波少年」で人気者になったものの、その後、仕事が激減し、再ブレークを果たすまでの不遇の時代を支えてもらったのが上島さんだった。有吉にとって13年に「涙をこぼすのは上島さんの葬式だけ」とツイートするほどの恩人だ。

上島さんの密葬は14日に都内で営まれ、妻でタレント・広川ひかるや肥後克広、寺門ジモンのほか、上島さんを慕う後輩芸人による「竜兵会」の有吉、土田晃之、劇団ひとりらが参列していた。


【有吉弘行 ラジオで上島竜兵さんを追悼 声を震わせて「なんか上島さんのお葬式らしいなって」】の続きを読む


📊「給料月100万円しか」発言で細田議長「あちこちから怒られ反省」と陳謝 - 政治・経済ニュース掲示板|484レス|爆サイ.com南関東版


「給料月100万円しか」発言で細田議長「あちこちから怒られ反省」と陳謝
細田衆議院議長は12日夜、各党の代表者らと懇談し、「議長になっても、毎月もらう歳費は100万円しかない」などと発言し批判を受けていることについて、「あちこちから怒られて反省している」と述べた。

細田議長を巡っては、自民党議員のパーティーでの挨拶で、「議長になっても、毎月もらう歳費は100万円しかない」と述べた他、「月給で手取り100万円未満であるような議員を多少増やしたって罰は当たらない」などと国会議員の定数増を主張し、野党側からは「議長の質も含めて大きな問題」などと批判の声が相次いでいる。

こうした中、細田議長は12日夜、議長公邸で各党の代表者らと懇談した。出席者によると「あちこちから怒られて反省している」と陳謝した上で、「これまでは議員として好きなことを言ってきたが、議長として発言するとお叱りを受けることになったので、今後は立場を自覚して発言を控えることにする」と述べた。

【日時】2022年05月13日 09:36
【ソース】FNNプライムオンライン

【「給料月100万円しか」発言で細田議長「あちこちから怒られ反省」と陳謝】の続きを読む


【給付金誤振込み事件】阿武町が行なった受取人の氏名公表はマズイ選択だった


【給付金誤振込み事件】阿武町が行なった受取人の氏名公表はマズイ選択だった
■はじめに

 先日、阿武町が、四千数百万円あまりを引出して返還を拒否し、行方不明になっている24歳男性(以下では、「A氏」とする)に対して、不当利得返還請求の訴えを起こし、公金の回収に動き出しました。

 その後、町はこれまでの経過を説明した文章を町の広報誌「あぶ」に掲載し、ホームページで公開しました(現時点では、アクセスが集中しているためか、つながらない)。この一連の措置は説明責任のある町としては当然のことですが、気になったのは町がA氏の住所と氏名をネットで一般公開したことです。それは、次の二つの点で問題だと思われます。

■A氏の生命身体を危険にさらしたことにはならないか

 A氏はすでに振り込まれた口座から誤振込みになった金額をほぼ全額引き出し、一部は他の口座に移したことが判明しているものの、その他の金銭についてはどのような形になっているのかが現時点では不明です。したがって、現在行方の分からないA氏は、可能性としては何千万円という大金を持ちながら移動している可能性があります。そのような状況にあるA氏について、その氏名を公表することは妥当なのでしょうか。

 すでにA氏の実名はSNSで拡散されており、彼の写真や身体的特徴などが判明するのも時間の問題かと思われます。つまり、何千万円もの不当な大金を彼が持ち歩いているかもしれないということを、阿武町は社会に公表したことになります。回収に焦る町としては、A氏の氏名等を公表することによって所在等が判明し、返還を促し、回収が進むことを期待したことは理解できますが、そのことでA氏の生命身..

【日時】2022年05月14日 03:00
【ソース】Yahoo!ニュース

【【給付金誤振込み事件】阿武町が行なった受取人の氏名公表はマズイ選択だった】の続きを読む

このページのトップヘ